インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

大和田良

写真家

平野啓一郎

小説家

大和田良さんは、雑誌、広告媒体などで活動する傍ら、写真集や展覧会などでコンセプチュアルな作品を発表し、写真界の次世代を担う存在として期待されている、いま注目の写真家です。そんな彼が、「いま話を聞きたい人」として名前を挙げてくれたのは、京都大学在学中に『日蝕』で芥川賞を受賞し、その後も数々の注目作を世に送り出してきた小説家・平野啓一郎さん。実はこの平野さん、東川町国際写真フェスティバルで選考委員を務めるなど、写真への造詣が深いことでも知られているんです。そんな平野さんに、写真のことから小説のことまで、大和田さんが独自の視点でインタビューを行いました。

1. 写真を見る愉しみって何ですか?

平野啓一郎 

写真を見ていて面白いのは、現実にはないような何かがそこで作られていることで、その写真を見る体験は、撮影された場所に行く体験とはまったく違うものなんですよね。

Q.平野さんが写真に興味を持つようになったきっかけを教えて下さい。

平野:もともとアートや音楽など表現活動全般に興味があるんですね。そのひとつとして写真も好きで、最初はモード写真などを見ていたのですが、モード写真を撮っている知人などから色んな写真家の話を聞くうちに、自分でも写真集を買ったりするようになりました。その後、色々お世話になっていた筑紫哲也さんが選考委員を務めていた東川町国際写真フェスティバルに、筑紫さんが体調を崩された後、代わりに選考委員をやらないかと声をかけてもらい、そこから写真の本を読んだりもするようになりました。

Q.選考委員として写真を見る時などに、平野さんが良い写真の基準としているものは何かありますか?

平野: 東川に関しては写真集の選考なので、抽象的な言い方ですが、その本に「見ごたえ」があるかというのを基準しているところがあります。本を閉じた後に、どこに見ごたえがあったのか感覚的にわかるものとわからないないものがあるんですね。面白いことをしていても、見ごたえがつかめないものは僕はあまり評価できない。自分が何かを書いている時も、結局最後は「読みごたえ」だと思っているところがあります。それがたとえ変なものであろうと、作品を見た時の体験がひとつの足場のようになって、その先、生きていく上でも何かにつけて、その体験に戻ってきてしまうような重みがあるかどうかというのは、重要なことだと思います。

Q.最近、家で写真集をパラパラ見ていた時に、娘に「何が面白いの?」と聞かれたんです。その時は自分なりに色々説明したのですが、僕は自分が撮る立場でもあるから、見るということの魅力を語る時に何かしらフィルターがかかってしまう気がするんです。平野さんにとって、写真を見る楽しさというのはどんなところにありますか?

平野:写真というのは、シャッターを押せば誰でも撮れてしまうし、現実をそのままトリミングしたものだと思われがちですよね。例えば、一枚の写真を見た時に、「現実はこの写真よりもっとスゴイんだろうな」としか感じられなかったら、所詮写真は現実のアイコンみたいなものでしかないということになるけど、写真を見ていて面白いのは、現実にはないような何かがそこで作られていることで、その写真を見る体験は、撮影された場所に行く体験とはまったく違うものなんですよね。写真を見るという体験の方が現実よりも強度があると思えた時に、先ほど話した「見ごたえ」というものを感じるんだと思います。<続く>

インフォメーション

平野啓一郎さんが現在『モーニング』で連載中の長篇小説『空白を満たしなさい』の単行本は講談社より11月刊行予定。 大和田良さんは現在、11月刊行を目指し、写真雑誌『ShINC.MAGAZINE』を編集中。

もっと知りたい人は…

  • 大和田良 

    大和田良

    写真家

    1978年仙台市生まれ。東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻修了。主な著書に『prism』(青幻舎)、『ノーツ オン フォトグラフィー』(リブロアルテ)、『FORM』(深水社)、『伝わる、写真。」(マイナビ)等。2011年、日本写真協会賞新人賞受賞。

  • 平野啓一郎 

    平野啓一郎

    小説家

    1975年愛知県生れ。京都大学法学部卒。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。以後、2002年発表の大長編『葬送』をはじめ、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。著書は『滴り落ちる時計たちの波紋』、『決壊』、『ド-ン』、『かたちだけの愛』『モノローグ(エッセイ集)』、『ディアローグ(対談集)』など。