インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

松井えり菜

アーティスト

桂 由美

ブライダルファッションデザイナー

今回でカンバセーションズには2回目の登場となるアーティストの松井えり菜さん。前回は世界的なバービーコレクターとして知られる関口泰宏さんにインタビューをした松井さんが、今回インタビュー相手として挙げてくれたのはブライダルファッションデザイナー、桂由美さん。日本におけるブライダルファッションデザイナーの草分けとして世界的に活躍する桂さんに、いま公私共にドレスに対して強い興味を示している松井さんが迫ります。

1. ドレス作りの醍醐味は何ですか?

桂 由美 

ブライダルには、結婚する人それぞれのストーリーやドラマがある。ドレスを作る時の醍醐味は、そのストーリーを考えていくことなんです。

Q.結婚式には、お花や演出などさまざまな要素がありますが、やっぱり式を最も華やかなものにする存在はウェディングドレスだと思うんです。そのなかでもあるブライダルイベントで初めて見た桂さんの作品は本当に輝いていたんです。例えば、私は現代アーティストなので、自分の描いた絵がどんなところに展示されるかを考えながら制作しているのですが、桂さんも自分のドレスが着られるロケーションなどは意識されますか?

桂:そうですね。私の場合は、結婚する人を最高に美しく見せたいという観点でドレスを作っています。やはり、ドレスを着る時には、どういうロケーションの下だと最も美しく見えるのかということを考えるべきだと思うので、まずはドレスを決めて、それから式場を選んだ方が良いと常々言っているんですね。この頃は早くから予約をしないと式場が取れないこともあって、場所を先に決めることが多くなっていますが、ドレスがはみ出してしまいそうなくらいバージンロードが狭くて短かったり、天井が低かったりするのは残念ですよね。だから、ドレスデザイナー何人かと一緒に、結婚式はまずはドレスありきということを伝えていく運動をしているんです。

Q.桂さんは空間を感じながらドレスを制作されているということを以前に何かで読んで、とても共感できました。

桂:私はもともと演劇畑の出身で、中学から大学までの10年間、ドラマ作りに一生懸命取り組んでいたんですね。当時はまだテレビがない時代ですから、ドラマ好きの女の子がファッションをやろうと思った時に、すぐに繋がったのがブライダルだったんです。ブライダルには、結婚する人それぞれのストーリーやドラマがありますからね。私がドレスを作る時に一番はりきるのも、そういうストーリーを考えていくことなんです。

Q.では、桂さんのドレスを着る方というのは、桂さんの劇場に出演させて頂くようなものなんですね!

桂:むしろ逆かもしれませんよ。私は、何よりもまず着る人のことを考えて作っているのですが、デザインをする段階では、誰が私のドレスを着るかはわからないので、こういう人に着てほしいということを想像するしかないんです。このドレスは大聖堂のようなところで着てほしいとか、海のほとりのチャペルならこんなドレスがいいとか、そういうことを思い描きながらデザインをしていて、それを現実の人たちが着てくれているということなんだと思います。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 松井えり菜 

    松井えり菜

    アーティスト

    岡山県出身。2004年に自画像『えびちり大好き』でGEISAI#6の金賞を受賞。同作品はカルティエ現代美術館のコレクションとして収蔵される。多摩美術大学油絵科卒業の後、東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻を修了。現在はスペインのジョアン・ミロ美術館での個展をはじめとして海外での展示も多く、またNTTドコモやモレスキン主催の展覧会に参加するなど活動の幅は広い。

  • 桂 由美 

    桂 由美

    ブライダルファッションデザイナー

    東京生まれ。共立女子大学卒業後、フランスへ留学。1964年日本初のブライダルファッションデザイナーとして活動開始。日本のブライダルファッション界の第一人者であり、草分け的存在。パリオートクチュールコレクションをはじめ、世界22か国でブライダルショーを開催し、ブライダルの伝道師とも呼ばれている。また、多くの著名人のウエディングドレスをデザインすることでも知られ、最近ではNHKドラマ「あまちゃん」での最終回の挙式シーンで婚礼衣装を手がけるなど多岐にわたり活躍中。10月14日に発足するアジアオートクチュール協会ではコシノジュンコ氏とともに創立メンバーに選ばれた。