インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

伊藤直樹

クリエイティブ・ディレクター
PARTY

為末 大

爲末大学

今回カンバセーションズにインタビュアーとして参加してくれるのは、デジタルメディアを中心にさまざまなプロジェクトを手がけ、日本を代表するクリエイティブ・ディレクターのひとりとして、国内外から注目を集めている伊藤直樹さん。「身体性」をクリエーションの重要なテーマとして掲げてきた伊藤さんが、今回インタビュー相手に選んだのは、400mハードルで3度のオリンピック出場経験を持ち、今年6月に惜しまれつつも現役を引退した為末大さん。引退後もさまざまな場での講演やイベント、ツイッターでの発言などで話題を集めている為末さんに、伊藤さんが聞きたいこととは?

3. これからも身体の観察は続けるのですか?

為末 大 

何かしら身体に関わることはやっていくと思います。これからは体感をベースにしながら、そちらの世界に行こうとしているのかなという気はします。

Q.為末さんは引退をされたことで、トップレベルで自分の身体と対話していくことは終えられたと思いますが、これからも身体と向き合うことは続けていくのですか?

為末:何かしら身体に関わることはやっていくと思います。引退してひとつ気づいたことがあるんです。陸上をしていた時の「疲労」というのは、食べて寝れば回復する類のもので、それを僕はずっと繰り返してきました。でも、仕事を始めてみて、体力とはまた違う「疲労」のメーターがあるんじゃないかと感じたんです。そのメーターは、むしろジョギングなどの運動して体を疲れさせることで回復するようなもので、いわば精神の体力みたいなものなんじゃないかと。現役時代は自分の体力を回復させるために色んなことを試してきたのですが、また違うメーターがあるんだということに気づきました。これまでの人生は走ることしかなかったからわからなかったのですが、道理でみんな走るわけだと(笑)。

伊藤さんが開発に携わった固定式室内バイクを使った新しいタイプのエンターテイメント・エクササイズ「COG」。 伊藤さんが開発に携わった固定式室内バイクを使った新しいタイプのエンターテイメント・エクササイズ「COG」。 伊藤さんが開発に携わった固定式室内バイクを使った新しいタイプのエンターテイメント・エクササイズ「COG」。

Q.僕は、もの作りにフィードバックするために走ったり泳いだりしているところがあるんですね。為末さんの場合は逆で、これまでは身体を観察することが軸にあって、その周りに本を読んだり文章を書いたりするということがあったのかなと。それがいまは我々の比率に近づいてきていているような気がします。

為末:そうですね。僕は、身体を観察するセンスみたいなものが少しはあるんじゃないかなと思っているんですね。例えば、「このふくらはぎの感じだと明日はアキレス腱が痛くなるな」とか、そういうことばかり観察していましたからね。最近は、仕事で疲れると首から上が風船のようなものにギュっと詰められたような感覚になることがあるんですが、走ることでそれが治るということをこないだ発見したんです(笑)。現役時代から、自分の身体を観察しながらそういう原因を探っていくということを続けてきたので、これからは伊藤さんがおっしゃる通り、体感をベースにしながら、そちらの世界に行こうとしているのかなという気はします。

Q.僕は表現の世界に生きていて、周りを見渡してみた時にスポーツをやっている人はまだまだ少なくて、表現における身体の話を深くできる人はあまりいないんです。為末さんの場合は、自分の言語で本気で語り合える人はスポーツ界にはどのくらいいますか?

為末:なかなか難しいですよね。こちらから投げかけたことが相手に響いているなと感じることはよくありますが、そこで返ってくる言葉はフンワリしたものだったりすることが多いです(笑)。そのなかで水泳の北島(康介)くんなんかはやはり鋭い感覚がありますね。勘がスゴく鋭い。言葉で表現しようとする僕とは違って、彼の場合はもっとトガッていて、肌で理解している感じがありますね。あと、陸上の末續(慎吾)くんとかも調子が良い時は「膝が顔に当たりそう」という表現をしたりするんですね。大げさな表現ではあるのですが、その感覚はよく分かります。ただ、そういう感覚を共有できるアスリートは全体の数パーセントしかなくて、例えば心理状態の話などになると、なかなか共有できる選手は少なかったかもしれないですね。<続く>

インフォメーション

為末さんによる引退後2冊目となる書籍『走りながら考える』が11月26日にダイヤモンド社より出版される。伊藤直樹さんが所属するPARTYによる3Dスキャナーと3Dプリンターを使い、10年代の家族の肖像をフィギュアという形で残す展覧会「OMOTE 3D SHASHIN KAN」が、11月24日から2013年1月14日まで表参道GYREで開催される。

もっと知りたい人は…

  • 伊藤直樹 

    伊藤直樹

    クリエイティブ・ディレクター
    PARTY

    静岡県生まれ。ADK、GT、ワイデン+ケネディトウキョウ代表を経て、2011年クリエイティブラボ「PARTY」を設立。チーフクリエイティブオフィサーを務める。京都造形芸術大学教授。これまでにナイキ、グーグル、ソニーなど企業のクリエイティブディレクションを手がける。「経験の記憶」をよりどころにした「身体性」や「体験」を伴うコミュニケーションのデザインは大きな話題を呼び、国際的にも高い評価を得ている。経産省「クールジャパン」(2011)クリエイティブディレクター。「クールジャパン官民有識者会議」メンバー(2011,2012)。

  • 為末 大 

    為末 大

    爲末大学

    「侍ハードラー」の異名で知られ、未だに破られていない男子400mハードルの日本記録保持者(2001年エドモントン世界選手権 47秒89)。2001年エドモントン世界選手権で、男子400mハードル日本人初となる銅メダルを獲得。さらに、2005年ヘルシンキ世界選手権で初めて日本人が世界大会トラック種目で2度メダルを獲得するという快挙を達成。2012年6月の日本選手権を最後に25年間の現役生活に終止符を打つ。引退後は、為末大学の開校、執筆、コメンテーターなど多岐にわたり活動を展開。