インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

1048

ゲームプレイヤー

梅沢和木

美術作家

今回お届けする記事は、「カンバセーションズ」初の試みとなる「聞く側」「聞かれる側」の立場を入れ替えた”リバース”インタビュー。前回話題を集めたアーティスト・梅沢和木さんから、カリスマゲーマー・1048さんへのインタビューから一転、今回は「ゲーム」という観点を軸に、1048さんが梅沢さんの創作活動の秘密に迫ります。

3. ゲームとアートの関係をどう考えますか?

梅沢和木 

コアなゲーマーがプレイを楽しむように鑑賞できるアート作品をいかに鑑賞者に自然に誘導させるか、そういった誘導ができるのはどういう作品なのか。これからの自分の課題でもあります。

Q.「ビートマニア」では、譜面を攻略することを「解けた」と表現する人が結構いるんですね。「解けた」と言っても「ビーマニ」は難しすぎて満点は出ないので、つまり自分なりの文脈を打ち立てることで「読み取っている」ということだと思うんです。この感覚も梅ラボの作品と共通していて、結局個々の感性に基づいた文脈でしか解釈ができなくて、すべてを包括することが限りなく難しいというか。

梅沢:例えば絵画には、アートの文脈に沿って配置されたいくつかのコマを、鑑賞者が読み解いていくというところがあるんですね。一方で、例えば最近色んな種類が出てきている「音ゲー」の世界にも、新しいゲームを説明書を見ずにやり始めて、自分なりのスタイルで読み解いていく快楽がある。そういう意味では共通しているところがあるんですが、例えば「ビーマニ」だと、ひとつの画面の中にゲージやノーツ(落下してくるオブジェ)、グラフ、数字、イメージ映像、アバターなどが同時に表示されていて、プレイヤーはその五次元くらいの映像世界をすべて認識しているわけですよね。これは凄い情報処理能力だし、アートに置き換えた時に、こんなハイコンテクストな読み取りができるのは、ごく一部の人でしかないと思うんです。

梅ラボ「とある人類の超風景Ⅱ」 「破滅*ラウンジ」at Nanzuka Underground

Q.梅ラボの作品にしても、「カオス*ラウンジ」全体にしても、アートという文脈を持っていなくても、何かしら共通点が見つけられれば、身構えることがなくコミュニケーションが取れたり、プレイングを始められるという構造がある。これはまさにインターネットやゲーム的な感覚ですね。

梅沢:日本でも欧米でもアニメ文化はアートシーンに影響を与えているけど、ゲームの文化というのはなかなかそこに入ってこれない。絵画とアニメというのは視覚体験という強い共通項があるけど、ゲームの場合はむしろプレイング、つまり絵画に置き換えると、描く側ではなく、見る側をどう設定するかが大切なんですよね。まるでコアなゲーマーがプレイを楽しむように鑑賞できるアート作品をいかに鑑賞者に自然に誘導させるか、そういった誘導ができるのはどういう作品なのか。これからの自分の課題でもあります。

Q.基本的に梅ラボが制作しているものは平面ですが、ゲームを作りたいという気持ちはあるんですか?

梅沢:たしかにそれだけゲームが好きなら自分で作ればいいのにという話もあるけど、やっぱり自分ができることは絵画であって、ゲーム自体を作るのは難しい。だから自分は、絵を描くという行為によってゲームを追体験しているところがあるんです。仮にゲームを作れる才能と技術があったらやってみたいとは思いますが、いま僕がゲームを作ったとしても、下手の横好きというか、あまり面白いものはできない気がします(笑)。<続く>

インフォメーション

梅沢さんも参加する六本木ヒルズ・森美術館10周年記念展「LOVE展」が4月26日〜9月1日まで森美術館で開催中。

もっと知りたい人は…

  • 1048 

    1048

    ゲームプレイヤー

    1985年生まれ。埼玉出身。早稲田大学第一文学部美術史学科卒業。原宿のファッションビル管理を3年間勤めた後、起業。 WAKKA Inc.取締役。主なゲームタイトルや実績に、Beatmania IIDX 第1回トップランカー決定戦準優勝、SOUND VOLTEX KONAMI Arcade Championship 2012 関東2位、 Power Smash 3 世界ランク1位、GROOVE COASTER 世界ランク2位などがある。

  • 梅沢和木 

    梅沢和木

    美術作家

    1985年生まれ。美術家。ネット上の画像を集め再構築し、アナログとデジタル、現実と虚構の境目を探る作品を制作し発表している。2013年に『LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで』(森美術館)などの展示に参加。2013年に個展『エクストリームAR画像コア』(DIESEL ART GALLERY)を開催。CASHIおよびカオス*ラウンジに所属。beatmania IIDX tricoroSP段位皆伝(1467-5211)。