インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

青山裕企

写真家

青山庸子

会社員

スクールガール・コンプレックス』『ソラリーマン』をはじめとする写真集や、今をときめくアイドルたちのポートレート撮影などを手がけ、さらに最近ではエッセイなどの執筆活動も積極的に行うなど、いま最も話題を集めている写真家のひとり、青山裕企さん。そんな彼が、今回インタビューをする相手は、なんとご自身の奥さまです! 先日出版されたばかりの新著『<彼女>の撮り方』でも奥さまにまつわるエピソードを披露している青山さんが、付き合ってからわずか半年で結婚を決めたという”いちょこさん”こと庸子さんに聞きたいこととは?

1. どんな環境で育てられたんですか?

青山庸子 

何もないところや目の前にあるものから何かを発想するという環境で育ってきたんだよね。

Q.僕は写真を通して、ものの見方を少し変えるだけで、大きく世界が変わって見えるということを伝えたい気持ちがあるのね。そのために、自分でシチュエーションを作って撮影するスタイルを取っているんだけど、人生においても、例えば旅に出てみたりとか、自分でドラマチックなことを巻き起こすことで楽しもうとしているところがあるんだよね。でも、いちょこさん(※庸子さんの呼び名)には、もっと身近なところでそれを発見していく才能があると思うのね。それは家庭の環境や教育とも関係していると思うんだけど、その辺りの話から聞いてもいい?

庸子:象徴的な話をすると、小学校の時に友達の誕生日会があると、みんなプレゼントを買っていくじゃない。当時は、サンリオのキャラクターとかが人気があって、みんな親からお小遣いをもらってそれを買いに行くというのが女の子の中の常識だったの。当然私も同じように親にお小遣いをもらおうとすると、「自分で作ればいいじゃない」って言われるのね(笑)。そんなつまらないものを買ってもしようがないし、自分で絵とか描けばって。うちは両親が美大出身で芸術関係の仕事をしていて、家に画材とスケッチブックがいっぱいあったから、その時は紙芝居を作ることにしたのね。一生懸命うさぎの絵とかオリジナルの話を考えて作ってそれをプレゼントしたんだけど、喜んでくれたのは友達じゃなくて、友達のお母さんだったの…。

Q.わかる(笑)。子どもは残酷だからね。切ないけどグッとくる話だね。

庸子: 両親がケチなわけじゃなくて、お金で簡単に買えるものには気持ちがこもっていないってよく言われてきた。自分の手で作り出して贈るという教えは一貫してたなぁ。

庸子さんが裕企さんに渡した「プチエネルギー7日間入り」。 庸子さんが裕企さんに渡した「プチエネルギー7日間入り」。 庸子さんが裕企さんに渡した「プチエネルギー7日間入り」。

Q.いちょこさんと付き合い始めた頃に、僕の父親が倒れて実家に戻って、精神的に相当しんどい時に、「プチエネルギー7日間入り」って書かれた封筒をくれたじゃない。そこには色んなミッションが書かれていて、それを一日一枚ずつ開けるんだけど、それが楽しみで全部真面目にやってたんだよね。それこそ「愛してる」とかそういうことが書いてあってもいいものだけど、「植物を魅力的に撮って写メールで私に送る」とか、内容もやっぱりいちょこさんぽくて。付け焼刃じゃ絶対できないような、育まれてきた石井庸子の中枢みたいなものがそこにはあるんだろうね。正直そこに惹かれてたりするんだよね。

庸子:子どもの頃、長野に親戚の山荘がある関係で、夏休みは両親と一緒にそこで1ヶ月くらい過ごすのね。でも、周りに友達なんていないから、朝と夕方のNHK教育テレビだけを楽しみにしてたりした。時間だけはたくさんあったから、ある日は、「今日はトンボを100匹以上捕まえよう」と思いついて、虫カゴにぎっしりトンボを入れて帰ったことがあるんだけど、「トンボが可哀想でしょ!」って親にスゴく怒られた(笑)。こんな感じで昔から、何もないところや目の前にあるものから何かを発想するという環境で育ってきたんだよね。<続く>

インフォメーション

青山裕企さんの最新エッセイ『<彼女>の撮り方』がミシマ社より、写真集『跳ばずにいられないっ! ソラリーマン ジャパン・ツアー』が徳間書店より発売中。

もっと知りたい人は…

  • 青山裕企 

    青山裕企

    写真家

    1978年愛知県生まれ。2005年筑波大学人間学類心理学専攻卒業。2007年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。東京都在住。サラリーマンや女子高校生など“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作している。近刊に『ガールズフォトの撮り方』(誠文堂新光社)、『僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!』(星海社新書)など。

  • 青山庸子 

    青山庸子

    会社員

    1983年東京生まれ。2003年度同志社大学文学部美学及芸術学専攻。2005年早稲田大学第二文学部表現・芸術系専修卒業。東京都在住。学生時代は演劇におけるアートマネジメントを学び、学外では演劇の制作スタッフとしてプロ事務所アシスタントバイトを体験。広い視点から演劇の在り方を見るべく、知り合いのエステサロンへ就職。寿退社後は大手企業の一般事務経験を経て、現在のノベルティグッズ製作等を手がける企画営業職へ落ち着く。