インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

ファンタジスタ歌磨呂

アートディレクター
イラストレーター

稲葉貢一

「トイズファクトリー」代表取締役社長

日本産ポップカルチャーの影響を感じさせる高密度でカラフルなイラストレーションで、音楽関連のデザインやアニメーション、空間演出、テキスタイルデザインなどを手がけるファンタジスタ歌磨呂さん。そんな各界から引っ張りだこ状態の人気クリエイターがインタビュー相手に選んだのは、Mr.Childrenゆず、その他大勢のアーティストを世に送り出したエンターテインメント業界きっての目利きとして知られる「トイズファクトリー」の代表取締役社長・稲葉貢一さん。ゆずのCDジャケットやミュージックビデオなどで仕事を共にするビジネスパートナーであり、人生の大先輩であるという稲葉社長に、歌磨呂さんが聞きたいこととは?

4. 挫折をしたことはありますか?

稲葉貢一 

あります。でも、その出来事がなければ、今日の自分にはなっていない。アーティストへの愛情だけではなく、自分がなくてはならない大きな柱になれるような仕事がしたいと思うようになったんです。

Q.稲葉さんの人生のなかで挫折をした経験はありますか?

稲葉:僕が制作になって初めて発掘したパンクロックのバンドがいたんです。当時は一緒に合宿に行って作品作りをしたりしていたんですが、そのバンドが社会現象になるまでの状況になったんですね。でも、ある日ライブ会場で事故が起こってしまったんです。僕としては凄く入れ込んでいたバンドだったし、アーティストを守りたい気持ちが強かった。バンドメンバーたちも今後も稲葉さんとやって行きたいと言ってくれて、それは本当に嬉しかったんですが、結局彼らはそのレコード会社を離れることになり、僕も会社を辞めてどこでもいいからそのバンドに関われるところで自分の人生を賭けようと思ったんです。でも、色んな事情があって、そうはならなかった。これは自分にとってとてもショックな出来事でしたね。

Q.結局稲葉さんは当時いた会社に残ったんですか?

稲葉:そうですね。しばらくしてから、自分でレーベルを作りたいという話をしました。そういう出来事があって色々考えていくうちに、もうちょっと責任が持てる仕事がしたいと思うようになったんです。結局、アーティストがいくら自分と一緒にやりたいと言っても、それだけじゃ物事はひっくり返らない。愛情だけがあってもしようがないし、もっとなくてはならない大きな柱にならないといけないと。

歌磨呂さんがこれまでに手がけたゆずのCDジャケット。(左)「また明日」アートディレクション、デザイン:ファンタジスタ歌磨呂, イラストレーション:やまさきしし、(右)「with you」迷彩デザイン:ファンタジスタ歌磨呂, アートディレクション、デザイン:TYCOON GRAPHICS

Q.それが稲葉さんの人生を変えたんですね。

稲葉:こういう出来事がなければ、今日の自分にはなっていないんですよね。それから何組かのアーティストと出会い、自分たちで責任を持って制作や宣伝をするレーベルをやってみようと思ったんです。よくニュースとかでレコード会社を移籍するアーティストの話が出てくるけど、やっぱりそれはしてほしくないことなんですよね。じゃあ、アーティストを引き止めるために何が必要かと言うと、お互いにリスペクトし合える関係性を築くことや、相手にとって絶対に必要な存在になることで、それはお金じゃ買えないものだと信じているんです。こういう話をすると現実的じゃないとか言われるけど、でもまぁ、いいじゃないかって(笑)。

歌磨呂さんがこれまでに手がけたゆずのCDジャケット。(左)「また明日」アートディレクション、デザイン:ファンタジスタ歌磨呂, イラストレーション:やまさきしし、(右)「with you」迷彩デザイン:ファンタジスタ歌磨呂, アートディレクション、デザイン:TYCOON GRAPHICS

Q.そういった気持ちと、現実的な視点の両方が稲葉さんにはあるんですよね。

稲葉:そりゃ、そうは言っても成功しないと会社がつぶれちゃうわけですから。やっぱり売れる、売れないということは凄く大きなことですよね。でも、どんな時代でもある程度視点を持って続けていけば、両立ができるんだと思っています。<続く>

もっと知りたい人は…

  • ファンタジスタ歌磨呂 

    ファンタジスタ歌磨呂

    アートディレクター
    イラストレーター

    1979年生まれ。フリーランスを経て、2012年7月株式会社コトブキサン設立。アートディレクション、イラストレーション、テキスタイルデザイン、グラフィックデザイン、アニメーションディレクションが主な活動範囲。POPで彩度高めの世界観が特徴。

  • 稲葉貢一 

    稲葉貢一

    「トイズファクトリー」代表取締役社長

    株式会社トイズファクトリー代表取締役社長兼A&Rチーフクリエイティブディレクター。1959年神奈川県生まれ。81年、株式会社バップに設立メンバーとして入社。88年にトイズファクトリーレーベルを設立し、90年に会社として独立。これまでにMr.Childrenやゆずをはじめ、数々のアーティストを発掘している。