インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

ファンタジスタ歌磨呂

アートディレクター
イラストレーター

稲葉貢一

「トイズファクトリー」代表取締役社長

日本産ポップカルチャーの影響を感じさせる高密度でカラフルなイラストレーションで、音楽関連のデザインやアニメーション、空間演出、テキスタイルデザインなどを手がけるファンタジスタ歌磨呂さん。そんな各界から引っ張りだこ状態の人気クリエイターがインタビュー相手に選んだのは、Mr.Childrenゆず、その他大勢のアーティストを世に送り出したエンターテインメント業界きっての目利きとして知られる「トイズファクトリー」の代表取締役社長・稲葉貢一さん。ゆずのCDジャケットやミュージックビデオなどで仕事を共にするビジネスパートナーであり、人生の大先輩であるという稲葉社長に、歌磨呂さんが聞きたいこととは?

1. 若い頃はどんな思いで働いていましたか?

稲葉貢一 

一生懸命自分のポジションの仕事をしていましたね。だから、他の何かと比較して不満に感じるという思考回路はなかったかな。

Q.稲葉さんが音楽業界に入ったきっかけを教えて下さい。

稲葉:きっかけは、私の父がジャズプレイヤーだったということで、アナログレコードや楽器が家の中にたくさん溢れている環境下で、音楽家たちがいつも出入りしているのを身近で見て育ったこともあって、自分はスタッフ側のレコード会社のディレクターをやってみたいなという気持ちが芽生えていったのだと思います。

Q.若い頃って、自分がこの仕事をしていて本当にいいのかとか常に色々悩むものだと思うし、僕なんかいまでも毎日のように悩んでいるんですけど、そういうことはありませんでしたか?

稲葉:まったくなかったですね。若い頃は、与えられる仕事→一生懸命やる。この思考回路を自然と繰り返していましたね。だから、他の何かと比較→不満に感じる。こういう思考回路はなかったかな。レコード会社に入った当時、私は音楽業界の予備知識はあまりなかった方なんです。ここで例え話をしますと、子供の頃は回転寿司で凄く美味しいと喜んで食べるけど、大人になって色んなお店を知ってしまうと、その回転寿司がイマイチだと感じてしまう。つまり、無知の初心者だったからこそ比較対象がなかったし、不満を持つこともなかったんですよね。それから、「私は音楽がないと生きて行けないんです!」という音楽命タイプではないので、その分、根詰めずにフラットに音楽と接することができているんじゃないかな? とは思っているんですけどね。

Q.変な話ですが、例えば「こんなダサい曲ばっか作りやがって!」みたいなことを思うこともなかったんですか?


稲葉::『こんなの売れないんじゃないか』という個人的な解釈が先に立つことは多いと思うんですが、私の場合『この曲は良くない』とか『この曲は売れない』とかは全然思わなかったですね。そういう解釈は自分には全くなかった。当時は、一生懸命自分のポジションの仕事をしていましたね。

Q.それは稲葉さんの性格的なものなんですかね? 例えば僕の場合は、割と複雑な環境で幼少~少年期を過ごしたわけなんですが、どうしてもそれがきっかけで物事を冷めた眼で見てしまったり、皮肉に見てしまう癖があるんですけど、稲葉さんには、そういう家庭環境、例えば親の教育からとか、その辺の影響ってあるんですか?

稲葉:子供の頃は、学校に毎日行って勉強して、遊び回らずに家に帰ってくるという規則正しい生活をしていました。これといって特別な教育や環境はなかったかな。逆に私の場合は、この至って普通に無知に過ごしていたことが、現在に続く未知への好奇心に影響しているのかもしれません。大学生の頃になると、本屋で立ち読みして雑誌に新しいお店の情報があったら一人で行ったりしていました。何かが良いと聞くと、その瞬間にその良いというものと出会いたくなる無知からくる衝動が起こっていましたね。知りたいことがあれば自分ですぐ行動する。そういうものが原点としてありますね。<続く>

もっと知りたい人は…

  • ファンタジスタ歌磨呂 

    ファンタジスタ歌磨呂

    アートディレクター
    イラストレーター

    1979年生まれ。フリーランスを経て、2012年7月株式会社コトブキサン設立。アートディレクション、イラストレーション、テキスタイルデザイン、グラフィックデザイン、アニメーションディレクションが主な活動範囲。POPで彩度高めの世界観が特徴。

  • 稲葉貢一 

    稲葉貢一

    「トイズファクトリー」代表取締役社長

    株式会社トイズファクトリー代表取締役社長兼A&Rチーフクリエイティブディレクター。1959年神奈川県生まれ。81年、株式会社バップに設立メンバーとして入社。88年にトイズファクトリーレーベルを設立し、90年に会社として独立。これまでにMr.Childrenやゆずをはじめ、数々のアーティストを発掘している。