インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

梅沢和木

美術作家

泥犬

アニメーション作家
劇団イヌカレー

カンバセーションズにはインタビュアーとして2度目の登場となる現代美術作家の梅沢和木さん。その梅沢さんが今回インタビュー相手として選んだのは、『魔法少女まどか☆マギカ』における異空間設計をはじめ、『ニセコイ』『偽物語』『うさぎドロップ』など数々の作品に関わってきたアニメーション作家ユニット「劇団イヌカレー」の泥犬さん。メディアやアプローチこそ違えど、同じコラージュという手法を用いて独自の世界観を構築してきた泥犬さんに、アニメーションの世界にも精通する梅ラボさんが迫った貴重なインタビューをお届けします。

1. どんな経緯で活動を始めたのですか?

泥犬 

仕事を辞めて個人的な活動をしていきたいと考えていたところ、同じように考えていた2白犬とタイミングが合い、一緒に始めました。

Q.劇団イヌカレーはどういう経緯でスタートしたのですか?

泥犬:とりあえず仕事を辞めて個人的な活動をしていきたいと考えていたところ、同じように考えていた2白犬とタイミングが合い、せっかくだから一緒にやろうと始めました。ちょうどその時に2白犬が依頼された仕事があり、じゃあそれも一緒にやろうということになって、現在に至ります。もともと商業アニメーションは全く意識していなかったのですが、その後も専門学校時代の同級生だった演出家の宮本幸裕から、『獄・さよなら絶望先生』のオープニングアニメーションの制作を頼まれたことがきっかけでシャフトの仕事をするようになり、たまたま現在まで仕事が続いているという感じです。

Q.劇団イヌカレーさんのような手法を商業アニメーションの世界でやっている人は他にほとんどいないと思うのですが、それについてどう思いますか?

泥犬:もし自分たちがやっていなければ、きっと近いうちに他の誰かがやっていたと思いますし、これも運が良かったのだと思っています。犬も、専門学校時代には商業作品のアニメーターを目指していたのですが、途中で性格が圧倒的に向いていないと気が付き、これは無理だと感じました。そこから紆余曲折あっていまのような感じになったのですが、別にイヌカレーの制作スタイルで商業的に食べていけるとは思っていませんでしたし、いまもそう思っています。改めて振り返るとラブコメ主人公レベルの運気です。いつまで続けられるか未知数ですが、いざとなれば個人で作品を制作しつつ、公園の鳩を調教して小銭を稼ぐことで生活が成り立てば良いです。

先日PARCO GALLERY Xで開催された展覧会のために制作した泥犬さんと梅沢さんのコラボレーション作品。 先日PARCO GALLERY Xで開催された展覧会のために制作した泥犬さんと梅沢さんのコラボレーション作品。 先日PARCO GALLERY Xで開催された展覧会のために制作した泥犬さんと梅沢さんのコラボレーション作品。

Q.泥犬さんとは、先日の展覧会で共同制作をしましたが、このような形で作品をつくる機会はおそらくあまりないですよね? 今回のような機会と、商業アニメーションなどクライアントからの依頼で作品を制作する場合では、やはり考え方は違うのですか?

泥犬:商業アニメーションの仕事の場合も、割と好きにやっていいと言われることが多いのですが、作品の内容に合わせて、方向性や基本ラインをふたりで話してから、それぞれが良かれと思うことを盛っていくというつくり方をしています。一方で今回は、わざわざ展示に見に来てくれる人たちに、少しでも作品の前で長く楽しんでもらえるようなものを意識しました。ただ、良かれと思うことをやっているという点ではどちらも同じですし、すっきり美しい作品を提示することよりも、何かそこに悩める要素や考える隙があった方がいいんじゃないかとは考えています。例えば、怖い話を読んだ後に、机の下に何かいるかもしれないと思い始めてしまうと、気になってしかたがないですよね。でも、不安になるということも人生の楽しみだと思っています。<続く>

インフォメーション

劇団イヌカレーによる漫画「ポメロメコ」が隔月刊『Nemuki+』にて連載中。6月には、劇団イヌカレー「イメージノート2」が別巻で同梱された『「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」 PRODUCTION NOTE』が発売。
3月28日から4月20日までビリケンギャラリーで開催される『セーラー服コンプレックス 3』展に梅沢さんが新作を出品予定。また、5月10日から25日まで、森ビル内ROPPONGI HILLS A/D GALLERYにて、梅沢さんが所属するカオス*ラウンジが新作を発表予定。6月から7月末にかけては、ニューヨーク・Friedman Benda Galleryにて、『Duality of Existence – Post Fukushima』を開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 梅沢和木 

    梅沢和木

    美術作家

    1985年生まれ。美術家。ネット上の画像を集め再構築し、アナログとデジタル、現実と虚構の境目を探る作品を制作し発表している。2013年に『LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで』(森美術館)などの展示に参加。2013年に個展『エクストリームAR画像コア』(DIESEL ART GALLERY)を開催。CASHIおよびカオス*ラウンジに所属。beatmania IIDX tricoroSP段位皆伝(1467-5211)。

  • 泥犬 

    泥犬

    アニメーション作家
    劇団イヌカレー

    日本犬初のアニメーション作家(雑種)。『魔法少女まどか☆マギカ』の異空間設計や、TVアニメのオープニング、エンディング映像などを手がける他、イラスト等の仕事も行う。好きな鳩は土鳩。