インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

梅沢和木

美術作家

1048

ゲームプレイヤー

今回インタビュアーとして登場するのは、現代アーティストの”梅ラボ“こと梅沢和木さん。ネット上のキャラクター画像等をコラージュし、そこに絵具を重ね合わせる独自の手法で、アートシーンにとどまらず各方面から注目を集めてきた彼が、今回インタビュー相手として指名したのは、音楽ゲームいわゆる「音ゲー」ブームを作ったゲームソフト「ビートマニア」において、「1048式」(トシヤ式)という独自のプレイ手法を確立したカリスマゲーマーの1048さん。自らもゲームオタクであるという梅沢さんが、公私共に付き合いのある1048さんに、いま改めて聞きたいこととは?

3. プレイヤーにこだわるのはなぜですか?

1048 

やっぱりゲームというのは、プレイヤーがいて初めて成り立つという図式があるので、王道の存在はやっぱりプレイヤーだろうと思っているんです。

Q.ゲームに熱中している誰もがそうだと思いますが、「ゲームばかりやっていて将来どうするんだ」という思いに駆られることがありますね。当時は、将来の夢とかはあったんですか?

1048:将来の夢というのはなかったですね。その時の思いつきで心理学だったり、文学だったり、やりたいことが目まぐるしく変わっていました。大学時代もゲームはずっとやっていたんですけど、もともと現実からの逃避行として始めたものなので、それを将来の何かに結びつけるという考えはまったくなかったですね。

Photo:越間有紀子

Q.最近では、ゲームのプレイヤー側だった人が音楽などを始めて、「beatmaniaⅡDX」に作品提供をするというようなこともありましたが、そういう方向は考えなかったんですか?

1048:音ゲーを通して音楽やアニメーションに興味を持って、アンダーグラウンドに制作をしている人たちは昔からたくさんいましたよね。最近は、そういう人たちが「pixiv」や「ニコ動」などによって露出してきていますが、そういうゲームを介したサブカルチャーがあるなかで、僕自身はゲームをプレイするというところに軸を絞っていました。そもそも、昔からピアノをやっていたから鍵盤のゲームに惹かれたというのもあると思うのですが、「ビートマニア」に関しては、自分はずっとプレイヤーでいようと。

Q.プレイヤーとしての誇りがあるんですね。

1048:やっぱりゲームというのは、プレイヤーがいて初めて成り立つという図式があるので、王道の存在はやっぱりプレイヤーだろうと思っているんです。

梅ラボ「とある人類の超風景Ⅱ」

Q.そこは凄く重要ですよね。日本が誇る文化として「クールジャパン」が言われていますが、その中で言及される「アニメ、ゲーム、漫画」のうちの「ゲーム」についてはまだ理解されていない部分が多いように思います。ゲームの凄いところは、クリエイトする側だけではなく、プレイヤーがいるということで、ゲーム文化の強度を高めていく上では、やはりプレイヤーの存在が重要なのかなと思います。

1048:日本は不思議なところで、ゲーム大国であるにもかかわらず、プロゲーマーというものが成り立たないんですね。例えば、アメリカや韓国などでは職業としてゲーマーが認知されているのに、日本にはそれがない。それはなぜかというと、やはり日本には、「ゲームで遊んでばかりいないで働け」という風潮が色濃いからなんです。だから、製作者が用意したものを何も言わず消費し続けるという構図からも出られない。そうなってしまうと、製作者側が衰退すればゲーム文化自体も自然消滅するだろうし、何も広がらないと思うんです。例えば、格闘ゲームの世界には、プレイヤー側が始めた全国大会があって、それが後に公式に認知されたんですけど、そうやってプレイヤー達が自己発信していくための礎を築いていくことは大切かなと思っています。<続く>

インフォメーション

1048さんをはじめプレイヤー主宰で開催されるbeatmania IIDXの全国大会が、4月28日にBIGBOX高田馬場にて開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 梅沢和木 

    梅沢和木

    美術作家

    1985年生まれ。美術家。ネット上の画像を集め再構築し、アナログとデジタル、現実と虚構の境目を探る作品を制作し発表している。2013年に『LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで』(森美術館)などの展示に参加。2013年に個展『エクストリームAR画像コア』(DIESEL ART GALLERY)を開催。CASHIおよびカオス*ラウンジに所属。beatmania IIDX tricoroSP段位皆伝(1467-5211)。

  • 1048 

    1048

    ゲームプレイヤー

    1985年生まれ。埼玉出身。早稲田大学第一文学部美術史学科卒業。原宿のファッションビル管理を3年間勤めた後、起業。 WAKKA Inc.取締役。主なゲームタイトルや実績に、Beatmania IIDX 第1回トップランカー決定戦準優勝、SOUND VOLTEX KONAMI Arcade Championship 2012 関東2位、 Power Smash 3 世界ランク1位、GROOVE COASTER 世界ランク2位などがある。