インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

梅沢和木

美術作家

1048

ゲームプレイヤー

今回インタビュアーとして登場するのは、現代アーティストの”梅ラボ“こと梅沢和木さん。ネット上のキャラクター画像等をコラージュし、そこに絵具を重ね合わせる独自の手法で、アートシーンにとどまらず各方面から注目を集めてきた彼が、今回インタビュー相手として指名したのは、音楽ゲームいわゆる「音ゲー」ブームを作ったゲームソフト「ビートマニア」において、「1048式」(トシヤ式)という独自のプレイ手法を確立したカリスマゲーマーの1048さん。自らもゲームオタクであるという梅沢さんが、公私共に付き合いのある1048さんに、いま改めて聞きたいこととは?

2. あの手法はどうやって生まれたんですか?

1048 

現実からの逃避としてゲームを続けているうちに、全国でも順位が一桁になるくらいまでがうまくなっていたんです。その手法の画像や動画を公開するようになり、それが「1048式」のテンプレートになったんです。

Q.1048と名乗るようになったのはいつ頃からなんですか?

1048:高校1年くらいの頃に、「ビートマニア」のスコアをインターネットランキングに登録するのに名前が必要だったんですね。それで、やむを得ず自分の名前をもじった「1048」というハンドルネームのようなものを名乗るようになりました。最初は特に強い意志や思い入れがあったわけでもなく、ゲーセンにいるお兄さんたちと戯れながら、いわゆる「エンジョイ勢」的にゲームをやっていましたね。

Q.そこから本格的にやり始めるきっかけは何かあったんですか?

1048:この辺からダークな話になってくるんですが(笑)、実は高校2年まではテニスをやっていて、ガチでインターハイを目指していたんです。でも、高2の春に人間関係でトラブルがあって、エースだったにも関わらず、喧嘩をして部活をやめて、その時に友達も何もかも失ってしまったんです。いまでこそこうして話せますが、当時はどうすることもできなかったし、相談する相手もいなくて、孤独に苛まれていました。完全に自分の居場所を失ってしまって、唯一残ったのがゲーセンだったんですね。いまで言う完全な「うつ」で、凄く病んでいる状態だったけど、(「ビートマニア」の)鍵盤を無心で叩いている時だけはすべてを忘れられた。その頃からゲーセンに引きこもるようになったんです。それからはゲームの世界の「1048」と、現実世界の自分が分離し始めて、1048でいる時の方が楽しくなっていったんです。

Photo:越間有紀子

Q.「1048式」という手法を確立したのもその頃だったんですか?

1048:そうですね。現実世界ではボロボロの状態で親にも色々迷惑をかけていたんですが、現実からの逃避としてゲームを続けているうちに、気づいたら全国でも順位が一桁になるくらいまで「ビートマニア」がうまくなっていたんです。当時、iモードの「魔法のiらんど」に自分のホームページを作り、1048名義で掲示板などを通してコミュニケーションを取るようになり、そこが現実世界の悩みを吸い上げてくれる自分の居場所になっていきました。ゲームがうまくなるにつれて自分のサイトも注目され始め、徐々にそのサイトから発信ができるようになっていったのですが、そのひとつの試みとして、自分の「ビートマニア」の手法の画像や動画を公開するようになり、それが「1048式」のテンプレートになったんです。

『破滅*ラウンジ』の際に梅沢さんがデコレーションした1048さんのコントローラー。 「破滅*ラウンジ」(2010)at Nanzuka Underground

Q.いまでは「ニコ動」とかに誰でも簡単にアップできるようになりましたが、当時はゲームプレイヤーの動画自体が貴重でしたよね。

1048:自分の手法を伝えたいという思いはもちろんあったんですけど、現実世界で沈みこんでいた反動として、顕示欲が凄く強まっていたんだと思います。「1048」という人格を露出していくことが楽しくなってくるにつれて精神状態も安定してきて、「現実世界ではこういう風に生きていこう」という考えもまとまってきたところがありましたね。<続く>

インフォメーション

1048さんをはじめプレイヤー主宰で開催されるbeatmania IIDXの全国大会が、4月28日にBIGBOX高田馬場にて開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 梅沢和木 

    梅沢和木

    美術作家

    1985年生まれ。美術家。ネット上の画像を集め再構築し、アナログとデジタル、現実と虚構の境目を探る作品を制作し発表している。2013年に『LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで』(森美術館)などの展示に参加。2013年に個展『エクストリームAR画像コア』(DIESEL ART GALLERY)を開催。CASHIおよびカオス*ラウンジに所属。beatmania IIDX tricoroSP段位皆伝(1467-5211)。

  • 1048 

    1048

    ゲームプレイヤー

    1985年生まれ。埼玉出身。早稲田大学第一文学部美術史学科卒業。原宿のファッションビル管理を3年間勤めた後、起業。 WAKKA Inc.取締役。主なゲームタイトルや実績に、Beatmania IIDX 第1回トップランカー決定戦準優勝、SOUND VOLTEX KONAMI Arcade Championship 2012 関東2位、 Power Smash 3 世界ランク1位、GROOVE COASTER 世界ランク2位などがある。