インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

梅沢和木

美術作家

1048

ゲームプレイヤー

今回インタビュアーとして登場するのは、現代アーティストの”梅ラボ“こと梅沢和木さん。ネット上のキャラクター画像等をコラージュし、そこに絵具を重ね合わせる独自の手法で、アートシーンにとどまらず各方面から注目を集めてきた彼が、今回インタビュー相手として指名したのは、音楽ゲームいわゆる「音ゲー」ブームを作ったゲームソフト「ビートマニア」において、「1048式」(トシヤ式)という独自のプレイ手法を確立したカリスマゲーマーの1048さん。自らもゲームオタクであるという梅沢さんが、公私共に付き合いのある1048さんに、いま改めて聞きたいこととは?

1. なぜ「音ゲー」にハマったのですか?

1048 

いきなり全国トップのプレイを目の当たりにして、自分の動きと違いすぎると(笑)。そこで負けず嫌い精神が目覚めて、ゲーセンに通う日々が始まりました。

Q.1048さんが初めてプレイしたゲームを教えてください。

1048:ゲームをどう定義するかによるんですが、初めて自分でやったと言えるのは、ゲームボーイ版の「グラディウス」ですかね。ゲームをやり始めた頃はシューティングゲームばかりやっていて、あとは兄貴がやっているRPGを見ていました。小学生の頃は、「ファイナルファンタジー」や「聖剣伝説」など、スーパーファミコンの名作と言われるものをひと通りやっていましたね。

Q.ダンス・ダンス・レボリューション」や「ビートマニア」などいわゆる「音ゲー」が社会現象になったのは、僕たちが中学生の頃でしたよね。

1048:実は、そういうものが台頭してきているというのをしばらく知らなかったんです。当時は、ネットとかで情報を得ていたわけでもないし、世の中のムーブメントを何も知らなくて、「ビートマニア」の存在を知ったのもたまたま友達と行ったゲームショップで無料プレイができたからなんです。地元のゲームセンターで音ゲーをやり始めたのは中学3年の春からで、その時も家でやっていた「ビートマニア」がゲーセンにもあるんだという認識でした。ひとつの運命だったのかもしれないですが、そこでたまたまプレイしていたのが、後に全国大会の決勝で雌雄を決することになる銀(シルバー)さんだったんです。いきなり全国トップのプレイを目の当たりにして、自分の動きと違いすぎると(笑)。そこで負けず嫌い精神が目覚めて、ゲーセンに通う日々が始まりました。

Q.さやわかさんの著書『僕たちのゲーム史』の中では、コミュニケーションを重視するゲームの台頭として、「ビートマニア」への言及があるんですね。大作のロールプレイングゲームや格闘ゲームなどがどんどんマニアックになり、一般の人たちが遠ざかっていくなかで出てきたのが、「ビートマニア」のようにボタンを押すという行為に新しい意味を与えたゲームだったと。いまでは、そのビートマニアもマニアックな方向に行っているところがありますが、当時は「魅せるプレイ」というゲームスタイルは画期的でしたよね。


1048:たしかにコミュニケーションの要素が強いゲームでしたよね。当時僕は中学3年だったので18時までにはゲーセンを出ないといけなかったんだけど、そこにいた年上の先輩や大人たちが妙にカッコ良く見えた記憶があります。カッコ良く「ビートマニア」をプレイするお兄さんたちがたくさんいて、それが中二病の僕の心に突き刺さった(笑)。そういう人たちのコミュニティにコミットしたいがために、自分もうまくなりたいというのがありましたね。地元の狭山のゲーセンではローカルな繋がりがあって、みんながワイワイやっている感じが凄く羨ましかった。その頃は部活をやっていたから、オタッキーにゲームをやっている感じではなく、楽器を練習しに行くような感覚でしたね。<続く>

インフォメーション

1048さんをはじめプレイヤー主宰で開催されるbeatmania IIDXの全国大会が、4月28日にBIGBOX高田馬場にて開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 梅沢和木 

    梅沢和木

    美術作家

    1985年生まれ。美術家。ネット上の画像を集め再構築し、アナログとデジタル、現実と虚構の境目を探る作品を制作し発表している。2013年に『LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで』(森美術館)などの展示に参加。2013年に個展『エクストリームAR画像コア』(DIESEL ART GALLERY)を開催。CASHIおよびカオス*ラウンジに所属。beatmania IIDX tricoroSP段位皆伝(1467-5211)。

  • 1048 

    1048

    ゲームプレイヤー

    1985年生まれ。埼玉出身。早稲田大学第一文学部美術史学科卒業。原宿のファッションビル管理を3年間勤めた後、起業。 WAKKA Inc.取締役。主なゲームタイトルや実績に、Beatmania IIDX 第1回トップランカー決定戦準優勝、SOUND VOLTEX KONAMI Arcade Championship 2012 関東2位、 Power Smash 3 世界ランク1位、GROOVE COASTER 世界ランク2位などがある。