インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

梅沢和木

美術作家

1048

ゲームプレイヤー

今回インタビュアーとして登場するのは、現代アーティストの”梅ラボ“こと梅沢和木さん。ネット上のキャラクター画像等をコラージュし、そこに絵具を重ね合わせる独自の手法で、アートシーンにとどまらず各方面から注目を集めてきた彼が、今回インタビュー相手として指名したのは、音楽ゲームいわゆる「音ゲー」ブームを作ったゲームソフト「ビートマニア」において、「1048式」(トシヤ式)という独自のプレイ手法を確立したカリスマゲーマーの1048さん。自らもゲームオタクであるという梅沢さんが、公私共に付き合いのある1048さんに、いま改めて聞きたいこととは?

インタビューの前に

梅沢和木 

いま、梅沢和木さんが聞きたいこと

「1048さんとの出会いは、2010年に開催した『破滅*ラウンジ』というイベントです。作品も人間もゴミもパソコンもすべて一緒くたに展示するというなかなかハードなイベントだったのですが、そこで僕は作品だけではなく、ゲームをプレイしている自分自身も展示するというパフォーマンスを行いました。その時に、ゲームのコントローラーを貸してくれたのが1048さんだったんです。
これまでアートの世界では、アニメーションなどが参照されることはあったけど、ゲームというのは存在感が薄いものでした。でも、ゲームには、プレイを通して身体に宿る記憶や、プレイヤーと観客の間の相互性や複数性というものがあって、これらは僕が携わっている『カオス*ラウンジ』などにかなり通じる感覚でもある。『破滅*ラウンジ』にしても、ある意味ゲームの世界から無理矢理アートに介入しようとした試みだったと言えると思います。
『音ゲー』の世界には、圧倒的な身体能力を持ったプレイヤーたちがいて、彼らはその界隈ではカリスマ的な存在です。その中でも特に1048さんは、プレイだけではなく、その言動にも注目が集まるような発信力のある人で、しかもアートやファッションなどにも興味を持っていて、凄く珍しい人だなと感じていました。今日は同世代のゲームオタク同士として、色々話ができるといいなと思っています」

インフォメーション

1048さんをはじめプレイヤー主宰で開催されるbeatmania IIDXの全国大会が、4月28日にBIGBOX高田馬場にて開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 梅沢和木 

    梅沢和木

    美術作家

    1985年生まれ。美術家。ネット上の画像を集め再構築し、アナログとデジタル、現実と虚構の境目を探る作品を制作し発表している。2013年に『LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで』(森美術館)などの展示に参加。2013年に個展『エクストリームAR画像コア』(DIESEL ART GALLERY)を開催。CASHIおよびカオス*ラウンジに所属。beatmania IIDX tricoroSP段位皆伝(1467-5211)。

  • 1048 

    1048

    ゲームプレイヤー

    1985年生まれ。埼玉出身。早稲田大学第一文学部美術史学科卒業。原宿のファッションビル管理を3年間勤めた後、起業。 WAKKA Inc.取締役。主なゲームタイトルや実績に、Beatmania IIDX 第1回トップランカー決定戦準優勝、SOUND VOLTEX KONAMI Arcade Championship 2012 関東2位、 Power Smash 3 世界ランク1位、GROOVE COASTER 世界ランク2位などがある。