インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

内沼晋太郎

ブックコーディネーター
クリエイティブディレクター

横山シンスケ

東京カルチャーカルチャー店長

本とアイデアのレーベル「numabooks」の代表として、ブックコーディネートをはじめ、本にまつわるさまざまなプロジェクトを手がけている内沼晋太郎さん。そんな彼が今年の7月に、博報堂ケトルとともにお酒が飲めるブックショップ「B&B」を下北沢にオープンすることになりました。B&Bでは、なんと無謀(?)にも毎晩ゲストを招き、トークライブを開催する予定とのことで、今回内沼さんが話を聞きたい人として指名したのは、過去に新宿・ロフトプラスワンのプロデューサーとしてさまざまなイベントの企画・運営に携わり、現在はお台場にある人気のイベントスペース・カルカルこと「東京カルチャーカルチャー」(運営:ニフティ)の店長を務める横山シンスケさん。カルカルオープン当初、創作おにぎりユニット・ニギリズムとしてイベントに出演した経験もある内沼さんが、”イベントの神様”・横山シンスケさんに、いま本当に聞きたいこととは?

1. なぜイベントの企画・運営を仕事にしたのですか?

横山シンスケ 

テレビの企画としては成立しないけど、トガっていて面白い人たちを、みんなにちゃんと見せられたらいいなと思っていたんです。

Q.今度博報堂ケトルさんと一緒に、「B&B」(ブックアンドビアー)という本屋を下北沢にオープンすることになりました。そのお店では、本の著者を招いたトークイベントなどを毎晩やろうと思っています。そこで今回、”イベントの神様”である横山さんに、色々相談させてもらいに伺いました。

横山:ライブハウスは地獄ですよ。ようこそ、地獄へ(笑)。

Q.横山さんがイベント企画の仕事をするようになったきっかけは何だったのですか?

横山:もともとはテレビの仕事をしていたんですよ。基本的にテレビというのは、数字が取れる企画じゃないとダメなんですが、僕個人としては、テレビの企画としては成立しないような人たちの方がトガッていて面白く感じたんです。いつかそういう人たちをみんなにちゃんと見せられたらいいなと思っていて。僕が30歳になる前くらいの頃に、新宿のロフトがトークライブハウスを作ったという話を聞いて、バイトで雇ってもらったのがいまから17年くらい前ですね。もともとテレビのAD時代に鍛えられていたから、出演者の交渉が得意だったこともあって、『裏モノJAPAN』などトンガッた雑誌や出版社にFAXとかを送って、「おたくの本のイベントをうちでやってください」という交渉をしていました。そういう人たちをブッキングしていくうちに、プロデューサーをやれということになり、そこからずっとこういう仕事をやってきてます。内沼くんのお店もそうだと思うけど、本を出したばかりの人は当然その宣伝をしたいわけだから、一番イベントを作りやすいんですよね。

Q.本屋とトークライブというのは、親和性があると思うんですよね。いま、30坪程度の敷地で新しく書店をやるといっても、なかなか成立させるのは難しいと思うので、本、トーク、お酒のすべてをひっくるめて、本屋というモデルを更新していけないかなと思っているんです。

横山:そのフレーズいいなぁ。僕もパクらせてください。「ライブハウスというモデルを更新したい」。…いや、やっぱりもうしたくないかな(笑)。

Q.東京カルチャーカルチャーは開店後5年が経ちますが、その間に良い時期悪い時期の浮き沈みはありましたか?

横山:基本的にはずっとキツいです。「リアル脱出ゲーム」をやっているSCRAPなんかは、ここでイベントをやった次の年には3万人規模のイベントをやっていて、分かりやすく出世しているけど、なんでオレは全然立ち位置が変わらないんだろう? みたいな(笑)。まだ無名だった頃から出てもらっていたリリー(・フランキー)さんの『東京タワー』の時のような経験も一度はしてみたいという思いもなくはないけど、結局これしかできないんですよね。最後は、CBGBみたいなライブハウスのおっさんでもいいのかなって(笑)。自分にとって明確なゴールがあるわけではないけど、コンテンツというものがなくなることはないと思うんですね。ネットの影響もあって、表現者というのはいまも増え続けているし、常に新しい人は出てくるので、そういう人たちを最初におさえながら、絶対に楽しい現場にしていこうという意識でやっています。 <続く>

インフォメーション

numabooks博報堂ケトルの協業によるブックショップ「B&B」は、7月10日プレオープン、7月20日本格オープン予定。7月10日~15日までは、CASA BRUTUS×B&Bのイベントが毎日開催される。

B&B
Address:東京都世田谷区北沢2-12-4
URL:bookandbeer.com
営業時間:12:00~24:00
Tel:03-6450-8272

もっと知りたい人は…

  • 内沼晋太郎 

    内沼晋太郎

    ブックコーディネーター
    クリエイティブディレクター

    numabooks代表。1980年生まれ。一橋大学商学部商学科卒。2003年、本と人との出会いを提供するブックユニット「book pick orchestra」を設立し、2006年末まで代表をつとめる。並行して自身の「本とアイデア」のレーベル「numabooks」を設立。2011年からは読書用品ブランド「BIBLIOPHILIC」(株式会社ディスクユニオン)プロデューサーを務め、旗艦店「BIBLIOPHILIC&book union SHINJUKU」(株式会社ディスクユニオン)では店舗プロデュースも手がけている。著書に『本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本』(朝日新聞出版/2009)。

  • 横山シンスケ 

    横山シンスケ

    東京カルチャーカルチャー店長

    1967年生まれ、高知県出身。97年よりトークライブハウス「新宿ロフトプラスワン」のプロデューサーとして、2,000本以上のイベントを担当。06年4月ニフティ株式会社に入社。07年8月よりお台場「東京カルチャーカルチャー」の店長兼プロデューサー。