インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

もふくちゃん

「株式会社モエ・ジャパン」代表取締役

劔 樹人

マネージャー
ベーシスト

今回カンバセーションズに参加してくれるのは、秋葉原にある萌え系ライブ&バー「ディアステージ」や、アニソンDJバー「MOGRA」を運営するモエ・ジャパンの代表を務め、アイドルグループ「でんぱ組.inc」をはじめアイドルのプロデュースなども手がける”もふくちゃん“こと福嶋麻衣子さん。そんな彼女が今回インタビュー相手として指名したのは、バンド「神聖かまってちゃん」「撃鉄」のマネージャーであり、さらに自らもベーシストとしてさまざまなバンドに参加してきた劔 樹人さん。さまざまなメディアで話題をふりまき、さらに元”アイドルヲタ”という共通点を持つふたりの対話は、果たしてどこに向かうのでしょうか?

3. なぜアイドルヲタになったのですか?

劔 樹人 

啓示を受けるように「あやや」を好きになったんです。「僕は何やってるんだろう。がんばらないと」って。それから性格も明るくなったし、オタクネットワークが広がっていきました。

Q.劔さんは「あやや」の話などもよくしていますよね。こうやってお話をしていると、いまでもアイドルヲタの気質が8割くらい残っている気がします(笑)。女性がそんなに得意じゃないっていう前提があるから、スゴく真摯だし(笑)。

劔:気質で言えば僕はそもそもただのアイドルファンなので、あくまでもファンとスターの関係性を大事にしたいと思うんですよ。バンドのファンとかでも、メンバーと友だちになりたいという若い子はいるけど、「それならお前がここまで上がってこいよ!」と言いたいですね。

Q.最近は演者とファンの距離がスゴく近いですよね。「ニコ動」とかでも身近な存在だから好きだけど、売れてしまうともう好きじゃないみたいな感じがありますよね。

劔:僕はいま、昔憧れていた人とも会おうと思えば会えるような仕事をしているけど、距離感だけは失いたくないなと思っています。あと、いま「あやや」の復活を願っているんですけど、そのためには自分ががんばらないといけないかなって。

Q.松浦亜弥に似合う男になると。

劔:そこまで言うとおこがましいですけど、力を貸せるくらいの力はつけないといけないんじゃないかなと。でも、基本的には一ファンとして応援するしかないので、微力だけどその立場は崩さないようにしたいですね。一時期自分の仕事が忙しくなったこととかもあって少し離れてしまったんですが、それをいま取り返そうと思っているんですよ。

バンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシストとしても活躍している劔さん。 Photo:鳥居洋介

Q.劔さんは「あやや」からアイドルに入っていったのですか?

劔:僕は啓示を受けるように「あやや」を好きになったんですよ。当時は就職もしていなかったし、生活もバンドもうまくいかず、スゴく落ち込んでいたんですね。ひとり真っ暗な部屋で、早川義夫さんの「サルビアの花」を聴いていて、それを見つけた友達がマズイと思ったのか、色んなミュージックビデオとかのデータを入れたCDRを、うちのポストに放り込んでくれたんです。その中にあった「あやや」を見て泣いてしまって…。「僕は何やってるんだろう。がんばらないと」って。それから性格も変わって明るくなったし、アイドル好きの友達ができて、オタクネットワークが広がっていきました。当時好きだった音楽は、アバンギャルドやノイズ、ガレージ・パンクとかだったんですけど、一気に振り切れて、楽しい音楽しか聴かなくなったんですよ。

バンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシストとしても活躍している劔さん。 Photo:鳥居洋介

Q.アイドルってスゴいですよね。ダメな男たちに勇気を与えるというスゴい社会的役割がありますよね。

劔:本当にそうですよね。かつて「あやや」や「ハロプロ」に勇気をもらった人が、いま音楽業界にいるわけですからね。前に、ハロヲタをずっとやっていたレコード会社の人が、「あやや」と一緒に仕事をすることになったんですけど、「自分行けません」と言って他の人に代わってもらったらしいんですよ。自分も含めそういうダメなヤツは多いんですけど(笑)、彼らがいま新しいアイドルを作ったり、音楽業界を支える存在になっているというのは素晴らしいですよね。<続く>

もっと知りたい人は…

  • もふくちゃん 

    もふくちゃん

    「株式会社モエ・ジャパン」代表取締役

    秋葉原にてライブ&バー「ディアステージ」とDJバー「MOGRA」を運営する株式会社モエジャパン代表。TOY'S FACTORY内レーベル「MEME TOKYO」プロデューサー、アイドルユニットでんぱ組.incプロデューサー。

  • 劔 樹人 

    劔 樹人

    マネージャー
    ベーシスト

    1979年新潟県出身。杉作J太郎率いる男の墓場プロダクション所属。ミュージシャン兼マネージャーとして音楽業界の末端構成員でありながら、司会、俳優、執筆等でも活動中。エアセックス世界チャンピオン。2013年はもふくちゃんとのノイズバンドの活動が始まります(たぶん)。