インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

もふくちゃん

「株式会社モエ・ジャパン」代表取締役

劔 樹人

マネージャー
ベーシスト

今回カンバセーションズに参加してくれるのは、秋葉原にある萌え系ライブ&バー「ディアステージ」や、アニソンDJバー「MOGRA」を運営するモエ・ジャパンの代表を務め、アイドルグループ「でんぱ組.inc」をはじめアイドルのプロデュースなども手がける”もふくちゃん“こと福嶋麻衣子さん。そんな彼女が今回インタビュー相手として指名したのは、バンド「神聖かまってちゃん」「撃鉄」のマネージャーであり、さらに自らもベーシストとしてさまざまなバンドに参加してきた劔 樹人さん。さまざまなメディアで話題をふりまき、さらに元”アイドルヲタ”という共通点を持つふたりの対話は、果たしてどこに向かうのでしょうか?

1. マネージャーってどんな仕事ですか?

劔 樹人 

最近は会社の若手がマネージメント的なことをやってくれるので、気づいたら僕はメンバーのやりたいことをやってあげるだけの人になっていました(笑)。メンバーの送り迎えばかりしているので、「運転手」なのかもしれない(笑)。

Q.まず最初に聞きたいんですけど、劔さんは、神聖かまってちゃんや撃鉄のマネージャーという肩書きでいいんですか? それともプロデューサー?


劔:僕はもともとマネージャーとしてスタートしたんです。でも、最近は会社の若手がマネージメント的なことをやってくれるので、僕は次第にやることがなくなって、気づいたらメンバーのやりたいことをやってあげるだけの人になっていて(笑)。メンバーの送り迎えばかりしているので、マネージャーでも、プロデューサーでもなく、「運転手」なのかもしれない(笑)。

Q.そうなんですか?(笑) でも、みんなが口を揃えて「劔さんじゃないと務まらない」と言っていますよ。じゃじゃ馬をならすコツのみたいなものがあるんじゃないですか?

劔:買いかぶりだと思いますよ。仮に僕が死んでも問題なく回るんじゃないかなと。

Q.そんなことないと思いますけど(笑)。私が最初に剱さんの存在を強く意識したのは、「ももクロ」と「かまってちゃん」のツーマンライブの時で、の子さんが投げたギターとかを全部剱さんが回収していて、スゴいステージに出ているんだなって。表には出てこないけど、メンバーのような感じでやっているんだと印象に残ったのを覚えています。

劔:いまだにあの反応は僕が一番早いと思います (笑)。彼がどうしたいのかが一番わかるのは僕なのかもしれないですが、それは付き合いの長さの問題だと思います。の子くんは千葉に住んでいるので、基本的には普段は電話なのですが、やっぱり送り迎えがあるので(笑)。車で片道2時間くらいかかるので、その時に話したりする時間が大事なんですよ。まぁ言っても、男同士ですから、くだらない話ばかりですけど。

Q.男同士ということを結構気にされますよね(笑)。

劔:メチャクチャ気にしますね。女性だとどうしても構えちゃうんですよ。今日も福嶋さんが相手なだけに、果たして自分の力を引き出せるか、いまスゴく不安なんです(笑)。

Q.女の子の前だとまったくダメになる男の子、小学校の時にもいましたよね(笑)。

劔:やっぱりカッコつけちゃうから本来の自分じゃないんですよ。の子くんとかと接する時はなるべくオープンマインドにしていて、恥ずかしいプライベートとかも話すし、彼もそういう話をしてくれる。仕事相手ではあるけど、友達のような関係でいるようにしたいと思っています。本当にどうでもいいことしかしゃべらないんですよ。<続く>


もっと知りたい人は…

  • もふくちゃん 

    もふくちゃん

    「株式会社モエ・ジャパン」代表取締役

    秋葉原にてライブ&バー「ディアステージ」とDJバー「MOGRA」を運営する株式会社モエジャパン代表。TOY'S FACTORY内レーベル「MEME TOKYO」プロデューサー、アイドルユニットでんぱ組.incプロデューサー。

  • 劔 樹人 

    劔 樹人

    マネージャー
    ベーシスト

    1979年新潟県出身。杉作J太郎率いる男の墓場プロダクション所属。ミュージシャン兼マネージャーとして音楽業界の末端構成員でありながら、司会、俳優、執筆等でも活動中。エアセックス世界チャンピオン。2013年はもふくちゃんとのノイズバンドの活動が始まります(たぶん)。