インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > yokohama

太刀川英輔

NOSIGNER主宰
デザイナー

逢坂 恵理子

横浜美術館 館長

QONVERSATIONS TRIP YOKOHAMAの公開取材イベントの会場となったNOSIGNERは、太刀川英輔さんが主宰するデザインオフィス。ここ横浜に昨年事務所を移転した太刀川さんがインタビュアーとなる最後のセッションでは、横浜美術館で館長を務める逢坂恵理子さんにお越し頂きました。多様化する時代において、「形を作る」だけがデザインの領域ではなくなりつつあるいま、「文脈を作る」キュレーターという仕事に長年携わり、横浜トリエンナーレをはじめ、クリエイティビティと街を紐付ける活動も展開してきた逢坂さんのお話から、これからのデザインのヒントを探ります。

1. キュレーターはどんな仕事ですか?

逢坂 恵理子 

キュレーターにも色々な仕事がありますが、大きな役割のひとつは展覧会を作ることです。また、美術館の収蔵作品を、保存・管理して未来につなげるという役割もあります。

Q.僕は、現代ないし未来において、どうすればデザインというものがもっと機能できるのかということを活動のテーマにしているんですね。多くの人は、デザインというのは形を作ることだと考えていると思います。例えば、いま僕が手にしているマイクは、音声を拾うことができて、なおかつ握りやすいように、このような形にデザインした人が最初にいたわけです。でも、色んな可能性があった中で、この形がスタンダードになったということにはまた別の力学が働いていて、それはある意味文脈化するということですよね。逢坂さんはキュレーターとしてその部分を担ってきていて、そこにはデザイナーの専門性だけではタッチできないヒントがあるんじゃないかと思っています。まずお聞きしたいのですが、キュレーターとはどんなお仕事なのか簡単にご説明頂けますか?

逢坂:キュレーターは日本語では学芸員と言われていますが、具体的に何をしているのは一般的にはあまり知られていませんよね。キュレーターにも色々な仕事がありますが、大きな役割のひとつは展覧会を作ることです。また、美術館の収蔵作品を、保存・管理して未来につなげるという役割もあります。これらを可能にするためには調査・研究が必要で、つまり、学芸員は美術を世の中に伝えていく研究職だと思っています。

Q.展覧会というものを、他の人からも理解しやすい状況、状態にするために編集しているところがありそうですね。研究などによって得られた多くの情報をそのまま出してもなかなかわかりづらいですからね。多くの人たちが自分とは関係がないと思っていたアートというものを、「私にも興味が持てるかもしれない」と気づかせ、人とアートを関係付けていく仕事のように感じます。

逢坂:そうですね。展覧会にも色々な種類があるのですが、そのひとつは「テーマ展」です。特定のテーマに基づいて、アーティストや作品をつなげていく。テーマ展では、展覧会を通して何を伝えていきたいのかが前面に出てくるのですが、これが太刀川さんがおっしゃる文脈を作ることにつながっていくのだと思います。私は長年学芸員の仕事をしてきましたが、一番の関心は美術を社会に伝えていくことなんです。今日会場に来てくださっている方はデザインやアートに関心が高いと思いますが、全人口からしたらアート好きの人たちは一握りですよね。でも、美術はどんな人生や状況においても必要なものだと思っているので、色々な引き出しを使いながら文脈化し、それを伝えていくことが自分の仕事だと考えています。

Q.伝えていくということには始めから意識的だったのですか?

逢坂:意識的になったのは、大都市を離れて仕事をするようになってからです。私は、横浜美術館に来る前は、水戸芸術館で仕事をしていました。水戸市は茨城県の県庁所在地ですが、人口は27万人程度です。そういう環境のなかで現代美術の最先端を伝えることは容易ではなく、どうすれば一般の人たちにもアートへの関心を持ってもらえるのかという発想をせざるを得ないんですね。その頃から現代美術が持っている色んな引き出しをできる限り駆使していこうと考えるようになりました。<続く>

インフォメーション

2013年12月7日~2014年2月11日まで、横浜美術館で「生誕140年記念 下村観山展」が開催予定。(休館日:木曜、2013年12月29日~2014年1月3日)

もっと知りたい人は…

  • 太刀川英輔 

    太刀川英輔

    NOSIGNER主宰
    デザイナー

    慶應義塾大学理工学部隈研吾研究室にて、デザインを通した地域再生と建築とプロダクトデザインの研究に携わり、在学中の2006年に「見えない物をつくる職業」という意味を持つデザインファームNOSIGNERを創業。社会に機能するデザインの創出(デザインの機能化)と、デザイン発想を体系化し普及させること(デザインの構造化)を目標として活動している。 平面/立体/空間を横断するデザインを得意とし、新領域の商品開発やコンセプトの設計、ブランディングを数多く手掛け、数多くの国際賞を受賞している。経 済活動としてのデザインのみならず、科学技術、教育、地場産業、新興国支援など、既存のデザイン領域を拡大する活動を続けている。災害時に役立つデザインを共有する「OLIVE PROJECT」代表。IMPACT JAPAN fellow。University of Saint Jpseph (マカオ) 客員教授。

  • 逢坂 恵理子 

    逢坂 恵理子

    横浜美術館 館長

    東京都生まれ。学習院大学文学部哲学科卒業 専攻芸術学。国際交流基金、ICA名古屋を経て、1994年より水戸芸術館現代美術センター主任学芸員、1997年より2006年まで同センター芸術監督。2007年より2009年1月まで森美術館 アーティスティック・ディレクター。2009年4月より横浜美術館館長に就任。また、1999年第3回アジア・パシフィック・トリエンナーレで日本部門コーキュレーター、2001年第49回ヴェニス・ビエンナーレで日本館コミッショナー、ヨコハマトリエ ンナーレ2011総合ディレクター、横浜トリエンナーレ組織委員会委員長を務めるなど、多くの現代美術国際展を手がける。