インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > yokohama

杉浦裕樹

ヨコハマ経済新聞 編集長

稲吉 稔

美術家

インタビュアーを務めてくれる杉浦裕樹さんは、横浜臨海エリアを対象にさまざまなニュースを紹介するヨコハマ経済新聞の編集長。創造的な横浜のまちづくりを実践するNPO団体・横浜コミュニティデザイン・ラボのメンバーでもある杉浦さんがインタビューするのは、同団体の活動拠点であり、さまざまなイベントなども行っているシェアオフィス「さくらWORKS<関内>」のリノベーションを手がけた稲吉稔さん。横浜・若葉町にある元銀行の古ビルを改装したスペース「nitehi works」を活動拠点とし、アートワークリノベーションという独自のアプローチで横浜の街と関わっている稲吉さんに、杉浦さんが聞きたいこととは?

1. 活動を始めたきっかけは何ですか?

稲吉 稔 

ヤン・フートというディレクターが企画した「シャンブル・ダミ」(友達の部屋)展のスライドショーを見たのですが、この体験から受けた影響がとても大きかったのだと思います。

Q.僕が編集長を務めるヨコハマ経済新聞は2004年にスタートし、都心臨海部と言われるエリアをテリトリーに、面白い出来事、人、プロジェクトなどをつないでいこうという主旨で展開しているインターネット上の新聞です。今日は、ヨコハマ経済新聞にも何度か登場して頂いている稲吉さんと久々にお話ができることを楽しみにして来ました。まずは、稲吉さんのバックグラウンドをお伺いしたいのですが、生まれは横浜なんですよね。

稲吉:はい。横浜には「Bゼミスクーリングシステム」というの現代美術の私塾のようなものがあったのですが、その存在を30歳くらいの頃に知り、通うようになったんです。そこで、ヤン・フートというディレクターが企画した「シャンブル・ダミ」(友達の部屋)展のスライドショーを見たのですが、いま振り返るとこの体験から受けた影響がとても大きかったのだと思います。この展覧会は、ベルギーのゲントという都市にさまざまな国のアーティストを招き、彼らが普通の民家などで滞在制作をして、家そのものを展示会場にするというものでした。

Q.「Bゼミ」はアートの世界で一線で活躍している人たちが講師となり、60年代に始まったもので、現在横浜で活動しているクリエイターの中にもBゼミ出身者が稲吉さんの他にも結構いらっしゃいますよね。その中でも稲吉さんにとってのBゼミというのは、ヤンフートとの出会いというところが大きかったんですね。

稲吉:そうです。ちょうど「シャンブル・ダミ」展のことを知った頃に、世田谷で開催される野外展の企画があり、当時のBゼミ生と一緒に関わったんですね。そういう一連のことが重なり、現在のような活動にのめり込んでいくことになりました。若葉町に「nitehi works」という僕の拠点があるのですが、先日ここも会場の一部として使われた「漂流する映画館」というイベントがあったんですね。これは、映画監督の瀬田なつきさんと音楽家の蓮沼執太さんが街の中で映画を制作し、実際のロケ現場を回りながらそれを鑑賞するというものだったのですが、「現場で生まれる」というキーワードが一貫した自分自身の活動テーマでもあるんです。

Q.「さくらワークス<関内>」がオープンしたのは2011年4月なのですが、昨年12月には200㎡ほど増床してイベントなどができるスペースを作り、そのリノベーションを稲吉さんにお願いしたんですよね。オープン記念として、稲吉さんが影響を受けた「シャンブル・ダミ」展の紹介をしながら、街の中における活動について考えるというイベントも開催しました。アートと言ってもさまざまな表現がありますが、その中で稲吉さんは、街というところと関わりながら作品を作っていくというアプローチを取っていますよね。

稲吉:そうですね。例えば、「さくらワークス<関内>」のリノベーションの際には、柱の上塗りをするための下地作業として、ダイヤモンドの歯でコンクリートの面に傷を入れていったのですが、そこで生まれた線というのが意図的には引けないような不思議なものだったんです。そこで、その線をそのまま残した空間にしたのですが、このようにサイトスペシフィック・アートを制作するような手法で建物をリノベーションしていくことを「アートワークリノベーション」と呼んでいて、それが僕の活動のひとつの核になっています。<続く>

インフォメーション

11月23日にnitehi worksにて、イベント「今、ドクメンタ9(伝説の国際美術展)を観る」(解説: 副島輝人)が開催予定。詳細はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • 杉浦裕樹 

    杉浦裕樹

    ヨコハマ経済新聞 編集長

    舞台監督として国内外で音楽・ダンス等の現場制作を経験後、2003年にまちづくりや地域情報化を実践するNPO法人「横浜コミュニティデザイン・ラボ」を設立。ヨコハマ経済新聞、港北経済新聞などのWebメディアを運営するほか、学びと対話を軸にした連携・共創の場づくりや、テレワーク事業の推進、オープンデータの利活用の推進等に取り組んでいる。同NPOが運営するアートリノベーションを施したシェアオフィス「さくらWORKS<関内>」内で、8月から市民包摂型ものづくり工房「ファブラボ関内」の運営を開始した。

  • 稲吉 稔 

    稲吉 稔

    美術家

    スペース名であり活動名である「似て非works」は、日常の中で見過ごされている「そこにしかない”気付き”」を活動の軸とし、消費とは対照的な位置からものを考えて、”価値をみつけ”日常に定着させようとする試み。nitehi worksにより、アートワークでアップサイクルした元銀行の古ビルは、領域を超えた活動の場であり、化学反応を生む交流の場になっている。