インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > yokohama

大川哲郎

大川印刷 代表

椎野秀聰

椎野正兵衛商店 代表

インタビュアーを担当する大川哲郎さんは、1881年に横浜で創業した大川印刷の代表取締役社長。NPO、NGOと協働しながら、市民参加のワ ークショップでファシリテーターを数多く務めるなど、地元のための活動にも積極的な大川さんがインタビューするのは、椎野正兵衛商店の椎野秀聰さんです。世界的音楽機材メーカー・ベスタクスを創業するなど数々の事業を成功させ、現在は、江戸末期開港当時から絹ビジネスを展開し、世界的な評価を獲得した曽祖父・椎野正兵衛氏の意思を引き継ぎ、絹製品ブランド「S.SHOBEY」の製造販売を行っている椎野さんが、横浜の街やもの作りの真髄について語ってくれました。

1. どんなことをやってきたのですか?

椎野秀聰 

昔からずっと好き勝手してきたんですが、私がやってきたのは、クリエイターという仕事なんじゃないかと思いますね。

Q.私は、1881年に創業した大川印刷の6代目で、横浜で生まれたからには地元のために色々なことができればと思って活動をしています。今回インタビューをしたい相手として私が選んだのは、椎野正兵衛商店代表の椎野秀聰さんです。非常に多岐にわたるキャリアと実績をお持ちの椎野さんですが、これまでの活動や現在のお仕事などについて簡単にご紹介頂けますか?

椎野:まずはじめに言っておきますが、私は落ちこぼれです。うちは親父も兄弟も東大を出ていて、自分もそうなるだろうと思っていたけど、受験に落ち続けて3浪しました。昔からずっと好き勝手してきたんですが、私がやってきたのは、クリエイターという仕事なんじゃないかと思いますね。これまでに色んな楽器を作ってきたし、デザイン事務所を作ったこともある。デジタルの分野でのもの作りなどもしましたね。

Q. DJが使うターンテーブルやフェーダーなどの機器で世界的な成功を収めたベスタクスが有名ですね。

椎野:これまでに色んなことをやって、上場した会社もいくつかあるけど、何ひとつとして最後まで続いたものはないんですよ。DJツールなんていう不良のための機材を作ったら、それが世界中で有名になってしまった。でも、それによって周囲にいる人たちは勘違いしておかしくなるし、自分も変になっていくでしょ。だから、おかしくならないためには会社ごと捨てればいいんだということで、上場の前に辞めちゃったんですよ。これまでに世界のアワードなどもたくさん獲ったけど、自分にとってはそれが何なのかと思っています。ああいうものを獲ってしまうと周囲の見方が変わるし、自分も変わってしまう。あんなもの獲っちゃいけないんです。貧乏でスッテンテンで、これからどうしようかなという時にしかクリエイティブというのは生まれないし、それが私らしい人生なんです。金というものに一切縁がないというか、縁を切ったことによってクリエイティブを保ってきたという感じですね。お金と縁を切ると言っても簡単にはできない。でも、私は本当に全財産を捨ててみたんです。そうしたらまたクリエイティブというものは出てくるんだよね。

Q.一度全財産を捨てたというのは、椎野正兵衛商店を始める前のことになるのでしょうか?

椎野:そうです。私の曽祖父は横浜開港当時に絹織物で世界を制していたんです。それで、その絹織物でもう一度世界一のものを作ってみようということで始めました。普通自分が立ち上げた会社というのは、そこを辞めた後でも気になってしまうものらしくて、結局会社がダメになりそうになると元の社長が戻ってくることも多いんですよ。私が出た後に業績が悪くなった会社も多いけど、自分は別にそれに耐えられるんです。金持ちになりたいとか有名になりたいという欲は全然なくて、もともと落ちこぼれなんだから、落ちこぼれたヤツなりの人生が全うできればいいじゃないかと。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 大川哲郎 

    大川哲郎

    大川印刷 代表

    東海大学法学部法律学科卒。1993年株式会社大川印刷入社。2005年代表取締役社長に就任。2001年社会起業家との出会いから、「印刷を通じて社会を変える」視点に気付き、2004年「本業を通じて社会的課題解決に取り組む『ソーシャルプリンティングカンパニー』」と言うビジョンを掲げる。現在、食物アレルギーや宗教上の理由で食材を自由に選べない人たち、一般の人たちにも分かりやすい、ピクトグラム(絵文字)の活用を推進していく「食材ピクトグラム」の他、複数の社会的課題解決プロジェクトを各種NPOと協働し推進。NPO、NGOとの協働の経験から市民参加のワ ークショップなどでファシリテーターを数多く務める。

  • 椎野秀聰 

    椎野秀聰

    椎野正兵衛商店 代表

    1947年生まれ。横浜育ち。ベスタクス株式会社社主。日本楽器製造(現ヤマハ)等を経て、77年、椎野楽器設計事務所を設立。日本初のギタープロショップ、ESP、PACOを創業し、アコースティックギター、エレクトリックギター、ベースギターの製造・販売に携わる。事業を発展させたVestaxでは、ギターを始めとする楽器のほか、アンプ、エフェクター、音響機器、録音機器、DJミキサー、ターンテーブルなどでミュージックシーンをリードする。その後、曽祖父である椎野正兵衛の足跡を調べ、その事業を再興しようと「椎野正兵衛商店」を設立、絹製品ブランド「S.SHOBEY」の製造販売に乗り出す。