インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > yokohama

筧 康明

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 准教授

笠井史人

医師
昭和大学医学部リハビリテーション科 准教授

QONVERSATIONS TRIP YOKOHAMAで最初にインタビュアーを務めてくれるのは、慶應義塾大学SFC 環境情報学部の准教授としてインタラクティブメディア/デザインを研究する傍ら、メディアアートユニット「plaplax」のメンバーとしても活動する筧 康明さん。そんな筧さんがインタビュー相手として指名したのは、横浜市青葉区にある昭和大学藤が丘リハビリテーション病院で医師を務める笠井史人さん。現在、リハビリテーションとテクノロジー/デザインという一見かけ離れた領域を結びつけるべく画策しているおふたりの対話をお届けします。

1. リハビリにはどんな歴史がありますか?

笠井史人 

ちょうど東京オリンピックが開催された頃に、リハビリテーションというものが日本でも認知されるようになったのですが、それ以前は、理学診療や物理療法と呼ばれていました。

Q.僕は大学でインタラクティブメディアの研究しながら、plaplaxというメディアアートユニットでも活動しているのですが、コンピュータを介して、人とモノ、人と環境、人と人の関係がどう変わるか、進化するのかということを探求しています。これらの成果というのは、美術館や博物館などの場所で完成された作品として披露されることが多いのですが、僕はテクノロジーやコンピュータというものを、もう少し日常の中で機能させて、新しい気づきや関係を作れないかと模索をしているんですね。ある時、リハビリテーションという言葉に興味を持つきっかけがあり、知人を通して笠井先生を紹介頂き、現在はリハビリテーションというものを勉強しながら、それをインタラクティブアートやインタラクティブメディアと組み合わせて、ツールなどを作れないかと考えています。そうしたお話をさせて頂く前に、まずは笠井先生のご活動を簡単に紹介頂けますか?

笠井:私は、昭和大学医学部にある藤が丘リハビリテーション病院に勤めている医師です。普段はアートとは無縁の仕事をしていますので、今回こうした場にお呼び頂いたことを自分でも不思議に感じています(笑)。当然ですが、リハビリテーションというのは、残念ながら怪我や病気になって、本来その人がいるべき場所ではないところに行ってしまった人が、なんとか生活の場に戻るためのお手伝いだと考えています。筧先生がおっしゃる生活環境と、私たちが考える患者さんの生活環境にはつながるところがあり、それがアートやテクノロジーと医学という世界を接近させているのかなと。

Q.リハビリテーションというものに興味を持ち、ここに何かあるだろうという確信のもとで始めてはみたものの、そもそもリハビリテーションというのは知っているようで意外に知らない世界なんですよね。笠井先生の「基礎から学ぶリハビリテーションと音楽療法」という著書で、まさに基礎から勉強をしているところなのですが、リハビリテーションというのが日本に入ってきたのは60年代で、まだ50年くらいの歴史しかないんですね。

笠井:今年、第50回目の日本リハビリテーション学会をうちの大学で主催させて頂いたのですが、100年前から体系ができていた内科や外科などに比べると、半分くらいの歴史しかないんですね。ちょうど東京オリンピックが開催された頃に、リハビリテーションというものが日本でも認知されるようになったのですが、それ以前は、理学診療や物理療法と呼ばれていました。その頃は、手足を動かして温熱を加えたり、マッサージをしたりということが中心で、科学とはかけ離れた世界だったかもしれません。それを科学的なプログラムにしたものが、当時日本に入ってきたリハビリテーションだったんです。

Q.この「リハビリテーション」という言葉自体にピンと来るところがあったんです。「Habilitate」には「適する」という意味があるので、「Re・Habilitation」というのは適した状態に戻すということになるんですよね?

笠井:「Habilitate」というのはラテン語の「habilis」=「適する」という言葉が元になっています。内科や外科など他の医学分野というのはだいたい漢字で書けるのですが、リハビリテーションにピッタリ合う日本語は見つからず、そのまま「リハビリテーション科」というようになったんです。

Q.インタラクションデザインをやっている僕としては、「適した状態にする」という言葉は凄くしっくり来るんです。リハビリテーションは、ある意味マイナスになってしまったものをゼロに戻す活動だと言えますが、インタラクティブデザインは、ゼロを少しプラスに変えてあげるようなもので、それによって人、モノ、環境の関係性を適した状態にするというところがあって、凄く自分と近いところにある言葉だなと。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 筧 康明 

    筧 康明

    慶應義塾大学SFC 環境情報学部 准教授

    インタラクティブメディアデザイナー、研究者。慶應義塾大学環境情報学部准教授。博士(学際情報学)。人間の五感や物理素材の特性とデジタル情報を掛け合わせて、人と人、人とモノをつなぐインタラクティブメディアを開発。メディアアートユニット、プラプラックスを共同設立するなど、工学のみならずアートや商業分野を横断しながら、メディア技術を駆使した表現を開拓する。著書に、共著「触感をつくる «テクタイルという考え方»」(岩波書店 岩波科学ライブラリー)、「x-DESIGN —未来をプロトタイピングするために」(慶應義塾大学出版会)等。

  • 笠井史人 

    笠井史人

    医師
    昭和大学医学部リハビリテーション科 准教授

    医師、昭和大学医学部リハビリテーション科准教授。1965年生まれ。日本リハビリテーション医学会専門医。脳卒中のリハビリに音楽療法を取り入れる研究をしている。著書に「基礎から学ぶリハビリテーションと音楽療法」(音楽之友社)など。