インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > setouchi

竹中よしお

ゲストハウス管理人

圓藤曜一

直島町観光協会

アートの島として世界中から熱い注目を集める香川県・直島。今回この島でインタビュアーを務めてくれる”よっちゃん”こと竹中よしおさんは、直島のすぐ隣にある人口わずか15人程度の小さな島・向島で唯一のゲストハウス「向島集会所」の管理人をしています。そんな竹中さんがインタビューするのは、2011年に直島に移住し、直島町観光協会で働く圓藤曜一さん。直島に魅せられて島に移住し、現在は外から訪れるさまざまな人々を迎え入れる仕事をしているふたりが、直島の魅力や未来の可能性などについて語り合ってくれました。

3. 島の人たちとの関係はどうですか?

圓藤曜一 

これを2,3年くらいでやろうとすると軋轢なども出てくると思うんですが、直島ではベネッセさんが時間をかけてコミュニケーションを取ってじっくり進めてきている。もともと優しい人たちだし、しっかり対応すれば理解してくれるんです。

Q.直島は観光客のマナーが良いから、いままではゴミが落ちてないのが当たり前でしたが、最近は少しゴミを見かけたりするようになりましたよね。島の人たちは見られる意識があるから家の周りを凄く綺麗にしていることもあって、少しでも道にゴミが落ちていると目立ってしまうんですよね。観光客が増えることでルールが乱されてしまうことは少し心配していて、向島もなるべくひっそりしていたいというところがあるんです。島の人口15人のうち僕以外は60以上の人たちが大半なんですが、僕みたいによそから来る人たちに凄く優しいんですね。そういう方たちの生活を邪魔しちゃいけないと思うので、お客さんにはなるべく夜遅く出歩かないようにと言っているんです(笑)。

圓藤:8月の超繁忙期などになると僕らもみんなでゴミを拾うことがあります。その辺りを今後どうしていくかはひとつの課題ですけど、気づいた人たちが守っていくしかないのかなと。島の人たちも我慢している部分はあるだろうから、生活に支障が出るようなことがあるとそういう話が出ますが、もともと優しい人たちが多いから対応さえしっかりすればすぐに理解してくれるんですよね。おそらくいま直島でやっているような試みを2,3年くらいの期間でやろうとすると、住民の人たちとの軋轢なども出てくると思うんですが、直島はもともとベネッセさんが30年程前から時間をかけて島の人とコミュニケーションを取ってじっくり進めてきているところがあるし、歴史的に見て直島が文化に触れ続けてきている島だということも大きいと思います。船が行き来する場所にあるから昔から文化的な交流は盛んだったし、いまはそれが現代版にアップデートされているだけなのかもしれないですよね。

Q.島のおじいちゃんとかが、若い女の子と話ができるからという理由で現代アートに詳しくなって、色々案内していたりしますよね (笑)。なかなかこういうことをするようなおじいちゃんおばあちゃんは他では見ないし、凄く面白いですよね。

圓藤:直島では若い人たちの大半は島を出てしまっていることもあるんですが、一番元気があるのは60~70歳くらいのおじいちゃんおばあちゃんたちなんですよね。直島は小さな島ですが、一人ひとりを見ていくと、東京の有名ホテルでケーキ職人として働いていていた人から、過去に日本レコード大賞新人賞を受賞した曲の作詞作曲を手がけた人などをはじめ、面白い人たちがたくさんいて、そういう方たちと接しているだけでも凄く刺激的なんですよね。

圓藤さんが働く観光案内所は宮浦港を降りてすぐ。

Q.おじいちゃんおばあちゃんの話が凄く面白いですよね。島に来る前は自分が住んでいる場所の歴史のことなんてどうでもよかったんだけど、直島に来てからはそれが凄く気になるようになりました。直島のことを知れば知るほどお客さんにも話ができるし、歴史を知っていくのは凄く面白いですね。

圓藤:僕も直島のことを知ることがそのまま仕事につながるので、休みの日などにも色んな場所に足を運ぶようにしています。最近は新しい飲食店などもどんどんできているので、実際にそういう場所に行くようにしていますし、そうするとお店の人とも仲良くなれたりするので、自分自身楽しみながらそういうことをしています。そこで体験したものを観光客の方にも還元していくというのが自分の仕事なのかなと思っています。

もっと知りたい人は…

  • 竹中よしお 

    竹中よしお

    ゲストハウス管理人

    ゲストハウス「向島集会所」管理人。通称「よっちゃん」。岐阜から向島へ移住してきた二代目管理人。主に日本国内の放浪が好きで下戸。

  • 圓藤曜一 

    圓藤曜一

    直島町観光協会

    大学卒業後、DJを目指し渡英。人と人との繋がりを目指した自身のパーティ「Communication」を立ち上げ、国内で活動。マイアミのWinter Music Conference2002に参加後、神戸KissFMでのMIX番組、国内の企業に対して楽曲の選曲等を行う。2011年4月より東京から直島へ移住し、直島町観光協会に転職。2013年6月からは、香川県から「かがわ暮らし応援隊」に選任され、香川県や島生活の魅力をPRし、移住を希望されている方への移住促進の活動を行う。「人と人との繋がりと良い音楽を多くの人へ伝える」から「人と人との繋がりと直島の魅力を多くの人へ伝える」へシフトチェンジし活動している。