インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > setouchi

飯田将平

グラフィックデザイナー

渋谷信人

シェフ

小豆島でインタビュアーを担当してくれる飯田将平さんは、東京を拠点に活動するグラフィックデザイナー。フリーマガジン「NEWTRAL」や仮想ブックショップ「nomazon」など、グラフィックデザインの領域にとどまらず精力的に活動をしている彼は、瀬戸内国際芸術祭 2013 春会期に、小豆島・醤の郷+坂手港プロジェクトのクリエーター・イン・レジデンスで滞在制作をして以来、現在も小豆島に通い続けています。そんな飯田さんがインタビュー相手に選んだのは、2年前に小豆島に移住し、完全予約制のイタリアンレストラン「FURYU」を営んでいるオーナーシェフの渋谷信人さん。形は違えど、島外から小豆島に入り込み、島の人たちとの関係を築いてきたふたりの対話の行方はいかに?

1. なぜ小豆島でお店を始めたのですか?

渋谷信人 

目の前にある木に大きなレモンがたくさん成っていて驚いたんです。凄く贅沢な場所だなと思い、ここでお店をやろうと決め、数ヶ月に引っ越してきました。

Q.僕は4月中旬から約1ヶ月間坂手港に滞在しながら、海を題材に制作を行っていました。移ろいやすい海辺の風景にまつわる個人的な記憶をインタビューを通して集め、それを編集していくプロセスを町の人と共有するために、編集室ではなく一夜限りのレストランや飲み屋をスタジオの中に立ち上げるといった内容です。僕が普段やっているグラフィックデザインの仕事というのは、1ヶ月ごとにまったく毛色の違う仕事をするようなことも多く、一過性が強いんですね。一方で渋谷さんがやられているレストランというのは、もっと場所や人に根を張りながら踏み込んでいく仕事で、滞在を通して徐々にそういった仕事のあり方に興味を惹かれるようになりました。渋谷さんは島の外から移住して実際にレストランを立ち上げられたわけですが、そもそもどういったきっかけで小豆島と出会ったのでしょうか?

渋谷:僕は山形の田舎で育って、仙台の大学に進んだのですが、3年でやめて上京したんですね。もともと音楽がやりたかったのですが、やがて仕事としてやっていくのが難しいとわかり、飲食店で働くようになったんです。その後27歳くらいの時に、知り合いから飲食店を任されたことがあったのですが、結局うまくいかなくて2年くらいでやめてしまったんですね。その時にお店を経営していくことの難しさを痛感し、そこからもう一度料理をしっかり勉強しようと思い、六本木にあるオーガニックのイタリアンレストランに入り、一から料理を学びました。もともと山形の田舎育ちだったので、いずれは自然の中でお店をやりたいと思っていたのですが、当時奈良の山奥で自分の畑を持ちながら、お客さんに出す分だけ野菜を作っているレストランがあって、それが僕の理想のお店だったんです。そこで働いてみたいと思ってコンタクトを取ったのですが、ちょうどお店をたたむというタイミングで、今度は兵庫県西宮市で新しいレストランを開くということだったので、そこで雇ってもらうことになったんです。それを機に兵庫に引っ越して、最初の休暇で小豆島に旅行に行ったんです。

Q.その頃はちょうど神戸と小豆島を結ぶジャンボフェリーが運休していた時期ですね。

渋谷:そうですね。バスで高松まで行き、そこから船に乗ったのですが、船で島に渡るというのは、本州で育った人間からすると特別じゃないですか(笑)。2月の閑散期に2泊3日で行って、オリーブ園の並木などガイドブックに載っている場所を中心に色々回ったのですが、なんとなく雰囲気が良かったんですね。ただ、当時はここでお店をやるなんて一切考えてなかったんですが、旅行を終えてからもちょくちょく小豆島の情報はチェックしていたんです。その後2年くらい経ち、また小豆島に旅行に行くことになったのですが、その時になんとなく物件を調べてみたらこの場所が見つかったんです。外観の写真と平面図を見て凄くいいなと思って内見に行ったら、目の前にある木に大きなレモンがたくさん成っていて驚いたんです。海も見えるし、凄く贅沢な場所だなと思い、すぐにここでお店をやろうと決め、数ヶ月に引っ越してきました。

Q.場所との出会いが大きかったんですね。小豆島は醤油やオリーブオイルなど調味料で有名ですが、実際に訪れてみるとそれ以外の食材も豊かで驚きました。定年を過ぎた人たちが自分で畑をやったり、小さな船で漁をしたりと、地の食べ物と人との距離がとても近くにある。FURYUさんで初めて食事をした時に、そういった親密な食材がイタリアンレストランならではの方法で編集されていて、島に対する外からの視点に可能性を感じました。

渋谷:小豆島では、玄関を出ると目の前にタケノコやワカメなんかが置いてあるというのはよくある話なんです。特にうちはお店をやっているので、畑で穫れたものとかをみんな持って来てくれるんですよ。僕らもお店のすぐそばの畑を借りていて、70歳くらいの方とシェアする形にしているんですが、そういうところからどんどん地域の人とつながっていきました。うちはイタリアンなのでレモンをたくさん使うのですが、ちょっと誰かに声をかけるとみんな気にしてくれて、「うちのレモン使って」とごっそり持ってきてくれたりするんです。

Q.FURYUさんは完全予約制で少ないお客さんしか取らないスタイルだから、より相性がいいのかもしれないですね。

渋谷:そうかもしれません。小豆島に来て感じるのは、スケール感が凄く良いということなんです。もちろん都会ではないし、とはいえ自分が暮らしてきた田舎に比べれば流通などもしっかりしているし、文化度も高い。さらに芸術祭などによって、外から色んな人たちが来てくれるというのも凄くありがたいなと。<続く>

インフォメーション

9月14〜16日に名村造船所跡地で開催される「DESIGNEAST 04」の「SPEAKERS CORNER」に飯田将平さんが出演予定。小豆島での滞在などについてお話しされるそうです。

もっと知りたい人は…

  • 飯田将平 

    飯田将平

    グラフィックデザイナー

    1988年千葉県銚子市生まれ。海と町を行き来しながら、秋には副業で秋刀魚を焼くなどする。最近ではトラック売りの焼き芋屋に弟子入りするも、秋刀魚との旬のバッティングに選択を間違えたかもしれないと日々悶々としながらその訪れを待っている。展覧会や書籍のデザインから、雑誌『アイデア』での編集執筆など、編集とデザインの境界について考えながら働いている。

  • 渋谷信人 

    渋谷信人

    シェフ

    1976年山形県西川町生まれ。日大山形高等学校を卒業後、東北福祉大学に進学するも中退。その後、上京しアルバイトをしながら音楽の道を目指す。志半ばで飲食業に転向。しかし、飲食業の難しさに気づき、レストランに修行に入り、一から料理と経営を学ぶ。 東京・六本木(現在は西麻布)「キュイジーヌ ナチュール チャオベッラ」 、兵庫・西宮 「オステリア ジュリア」副料理長、兵庫・西宮 「ガストロノミア エ バール ジュリエッタ」 料理長を経て、 2011年8月香川・小豆島でオーナーシェフとしてリストランテ フリュウ オープン。