インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > setouchi

五十嵐 勝成

「bollard」店主

森 美樹

「うのずくり」実行委員長

昨年の「QONVERSATIONS TRIP OKAYAMA」にも参加してくれた五十嵐勝成さんは、昨年末に岡山市内から玉野市・宇野港に移り住み、現在は生活用品とギフト・珈琲スタンドのお店「bollard」を営んでいます。そんな五十嵐さんが今回インタビューをしてくれるのは、全国から宇野に若手クリエイターを呼び込む移住プロジェクト「うのずくり」の実行委員長を務め、自らもガラス作家として活動している森美樹さん。宇野に移り住み、「bollard」を開店する上でのひとつのきっかけになったという「うのずくり」の活動について、五十嵐さんが鋭く迫ります。

3. 活動は地域の人に伝わっていますか?

森 美樹 

一方的に「うのずくり」の活動を伝えるのではなく、例えば地域が抱えている問題を「うのずくり」と一緒に解決していくとか、そういう実質的な関係を築いていくのがいいのかなと。

Q.宇野に移り住んでみて、「うのずくり」関係の人たちがそこだけで固まってしまう傾向があるなと感じています。私は宇野の商店街に住んでいるので、商店街の人たちともなるべくコミュニケーションを取ろうとしているんですが、実際に地元の人と話してみると、「うのずくり」の活動を理解していない人も多い。地元の人たちが理解をするチャンスというものが圧倒的に少ないような気がしているんですが、森さんはその辺をどう認識していますか?

森:たしかに「うのずくり」の活動が地域の人たちに上手く伝わっていないというもどかしさは感じていますし、コミュニケーションがちゃんと取れていないことは私自身認識しています。ここを越えて次の段階に行く必要があると感じているんですが、一方で変に急ぎたくないという思いもあって、どういうアプローチをしていけばいいのかを模索しています。一方的に「うのずくり」の活動を伝えるのではなく、例えば地域が抱えている問題を「うのずくり」と一緒に解決していくとか、そういう実質的な関係を築いていくのがいいのかなと。

Q.「地域が抱える課題」というのは、例えばどんなものをイメージされていますか?

森:空き家が増えていることとか、畑などに関して言えば、親御さんが亡くなって手入れをする人がいなくなって放置されているところがあったりとか、その辺の問題ですかね。

東山ビル大掃除

Q.もっと山間地域になればそういうこともわかりやすい課題としてあると思いますが、「うのずくり」に関してはちょっと違うような気がするんです。例えば、玉野市全体で見た時に、この宇野港周辺は市が力を入れて活性化しようとしていますが、この辺に住んでいない人の中にはそれをよく思わない人も当然いるだろうし、「うのずくり」にしても、もっとしっかり伝えないといけない部分があるんじゃないかなと。それができればもっと活動が加速していくかもしれないし、もったいないなと思うところがあるんです。

森:情報というのは色んな経路から入ってくることで初めて自分の中で形作られるものだと思うんですね。「うのずくり」のことについても、ひとりの人から話を聞くのではなく、移住した人、近所の人、市の職員など、色んなところから情報が入ってくることで初めて「うのずくり」ってこういうものなんだということが、それぞれの人の中で見えてくる気がしています。だから、そういう経路を増やしていくような形で伝えていけるといいのかなと。

もっと知りたい人は…

  • 五十嵐 勝成 

    五十嵐 勝成

    「bollard」店主

    2010年にデザインスタジオfift(フィフト)を設立し、日常にある「とるに足らないこと」を見つめ、面白がることからものづくりが始まり、デザイン~販売までを一貫して手がけている。2011年7月、暮らしそのものを見つめ直すため東京から岡山へ移住。2013年6月7日、岡山県玉野市の宇野港に生活用品とギフト・珈琲スタンドの店「bollard」を開業し、店主という2足目の草鞋を履きこなすべく日々奮闘中。

  • 森 美樹 

    森 美樹

    「うのずくり」実行委員長

    うのずくり実行委員長/ガラス作家。広島県出身。岡山県・倉敷芸術科学大学でガラス工芸を学んだ後、アトリエとして玉野市・宇野駅東の共同アトリエ「駅東創庫」に出会い、2007年に宇野へ移住。創作活動を行う。2011年から、若手クリエーターを全国あるいは世界から呼び込もうとする移住プロジェクト「うのずくり」(「宇野」に「住(す)み+つくる」という意味の造語)の実行委員長として、クリエイターの移住「職住遊」のサポートを行う。