インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > setouchi

五十嵐 勝成

「bollard」店主

森 美樹

「うのずくり」実行委員長

昨年の「QONVERSATIONS TRIP OKAYAMA」にも参加してくれた五十嵐勝成さんは、昨年末に岡山市内から玉野市・宇野港に移り住み、現在は生活用品とギフト・珈琲スタンドのお店「bollard」を営んでいます。そんな五十嵐さんが今回インタビューをしてくれるのは、全国から宇野に若手クリエイターを呼び込む移住プロジェクト「うのずくり」の実行委員長を務め、自らもガラス作家として活動している森美樹さん。宇野に移り住み、「bollard」を開店する上でのひとつのきっかけになったという「うのずくり」の活動について、五十嵐さんが鋭く迫ります。

1. 「うのずくり」はどうやってできたのですか?

森 美樹 

文化で玉野を盛り上げていくことを目的にしたアート部会が立ち上がり、作家さんやギャラリーを運営している人たちに声がかかったんです。その後、クリエイターの移住プロジェクトの提案があり、それが原型になりました。

Q.私は昨年の暮れに宇野に移り、「bollard」というお店を開いたのですが、その時に森さんが実行委員長をしている「うのずくり」という組織やその取り組みがひとつのきっかけになっていて、色々力も貸してもらいました。ただ、その「うのずくり」の取り組み自体をまだ完全に理解していない部分もあるので、今日はその辺のお話を中心に聞けたらいいなと思っています。その前に、もともと広島出身で、岡山の大学に進んだ森さんが、宇野港のある玉野市を活動の場所に選んだ理由を教えて下さい。

森:半分はたまたま、半分は自分で選んだところがあるのですが、私がここに引っ越してきたのは2007年なんですね。それまで倉敷の大学でガラス工芸を学んでいたのですが、卒業後の自分の作業場を探している時に、宇野に駅東創庫という共同アトリエができるという話を大学の先輩から聞いたんです。修士課程も含め6年間大学で生活をするなかで、岡山は制作がしやすい環境だなと感じていたので、岡山の中で活動拠点を探せたらと思っていたのですが、ちょうどその時に駅東創庫の話を聞き、引っ越すことにしたんです。

Q.制作環境として岡山のどんなところに魅力を感じていたんですか?

森:私は出身が広島市なんですが、祖父母が呉にいるんですね。私にとっては、情報量が多すぎる広島市内よりも呉の方が街の雰囲気も含めて自分に合っていて、小さい頃から親しみのある街だったんです。そういう意味で、同じ瀬戸内海に近い場所ということもありましたし、時間の流れ方や空間の広がりが制作環境として良かったんです。

Q.私は2007年に旅行で直島に行った時に宇野を通ったんですけど、直島が目的だったので、宇野の街の記憶はほとんどありませんでした。でも、これから自分が根を下ろして暮らしていこうとしている街なので、引っ越してきてからは歴史なども調べているんですが、昔のことは色々出てくるけど、ここ数年間の話を聞ける人があまりいないんです。森さんが引っ越してきた頃はどんな感じだったんですか?

森:五十嵐さんのお店がある商店街は当時はアーケードで、入口には「宇野港銀座」と書いてあったんですけど、シャッター商店街のようになっていて、「なんでここが銀座なんだ?」というのが第一印象でした(笑)。その頃から何人か作家さんはいて、活動をしていたんですけど、街として少し寂しいなという気持ちを持ちながら3年くらい暮らしていました。その後、ちょうど一回目の瀬戸内国際芸術祭があった2010年に、玉野市に中心市街地活性化基本計画というものができたんですね。それまで玉野には、「玉野みなと芸術フェスタ」という10年くらい続いている文化事業があったのですが、その運営をしている団体の斉藤章夫さんという方を中心に、文化で玉野を盛り上げていくことを目的にしたアート部会というものがその時に立ち上がったんです。そこで声がかかったのが作家さんやギャラリーを運営していたりと、地元で文化に携わる方々だったのですが、その中に現在宇野でゲストハウス「lit」の管理人をしている森岡ともきさんもいて、彼がクリエイターの移住プロジェクトの提案をしてくださり、それが「うのずくり」の原型になったんです。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 五十嵐 勝成 

    五十嵐 勝成

    「bollard」店主

    2010年にデザインスタジオfift(フィフト)を設立し、日常にある「とるに足らないこと」を見つめ、面白がることからものづくりが始まり、デザイン~販売までを一貫して手がけている。2011年7月、暮らしそのものを見つめ直すため東京から岡山へ移住。2013年6月7日、岡山県玉野市の宇野港に生活用品とギフト・珈琲スタンドの店「bollard」を開業し、店主という2足目の草鞋を履きこなすべく日々奮闘中。

  • 森 美樹 

    森 美樹

    「うのずくり」実行委員長

    うのずくり実行委員長/ガラス作家。広島県出身。岡山県・倉敷芸術科学大学でガラス工芸を学んだ後、アトリエとして玉野市・宇野駅東の共同アトリエ「駅東創庫」に出会い、2007年に宇野へ移住。創作活動を行う。2011年から、若手クリエーターを全国あるいは世界から呼び込もうとする移住プロジェクト「うのずくり」(「宇野」に「住(す)み+つくる」という意味の造語)の実行委員長として、クリエイターの移住「職住遊」のサポートを行う。