インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > setouchi

家成俊勝

建築家

塩田幸雄

小豆島町長

瀬戸内国際芸術祭2013」の参加アーティストとして、小豆島「醤の郷+坂手港プロジェクト」において、誰もが「建てる」ことに参加できる建築プロジェクト「Umaki Camp」を展開している建築家の家成俊勝さん。大阪を拠点に活動する建築事務所dot architectsの共同主宰でもある彼が今回インタビュー相手に指名したのは、その「Umaki Camp」が建てられた敷地のオーナーであり、さらに小豆島町の町長でもある塩田幸雄さんです。長年中央省庁で働き、3年前に故郷である小豆島に戻り、「瀬戸内国際芸術祭2013」にも積極的に関わっている塩田町長に、家成さんがいま聞きたいこととは?

1. アートと社会保障はどう関係しているのですか?

塩田幸雄 

社会保障の問題を解決するために必要なものは、お年寄りのケアから子どもの面倒までをきちんとできる共同体としての強い絆。それを深めるのが、お祭りであり、アートであり、この「Umaki camp」なんですよ。

Q.僕らはこの春から瀬戸内国際芸術祭のプログラムとして、町長の家の敷地に予算300万円で建築物を建てる「Umaki camp」というプロジェクトを進めていますが、最初に町長のところに挨拶に伺った時、おそらくわけのわからん兄ちゃんたちが大阪からやって来たという感じだったと思います(笑)。しかも、自分の家の敷地内に家を建てて、そこでラジオ局を作ったり、ヤギを飼ったりしたいと(笑)。正直僕らがやろうとしていることは伝わりにくいものだったと思うんですが、そういう僕らをやんわり受け入れてくれました。その時に、わけのわからないものを入れることで地域を活性化させていくようなボトムアップ式のやり方と、決断してすぐに実行に移すトップダウン式の進め方の両方があることが凄くいいなと感じました。

塩田:僕は、なぜ瀬戸内国際芸術祭を小豆島でやっているのかと聞かれたら、「アートが社会保障の問題を解決するから」ということをキャッチフレーズのように答えているんです。社会保障の本質的な問題は、人々が助け合う仕組みをいかに維持するかということなんですが、いまは権利ばかり主張するような社会保障制度の中で、お互いに助け合っているという実感が一人ひとりからなくなっていると思うんです。社会保障の問題を解決するために必要なものは、お年寄りのケアから子どもの面倒までをきちんとできる共同体としての強い絆だというのが僕の結論なんですね。その絆を深めるためにどうするかということが、お祭りであり、アートであり、この「Umaki camp」なんですよ。実際、わけのわからん建物にこんなに人が集まっているでしょう(笑)。

Q.僕は阪神大震災の時に住んでいた家が全壊したんですが、インフラがシャットダウンされ、行政のフォローも届きにくい状況下で、それまで挨拶程度しなかった住民同士が助け合いながら、自分たちの街を作っていこうという意識を共有していた瞬間があったんです。その時僕はまだ建築を始める前で、法律をやっていたのですが、ルールというのはもしかしたら自分たちで作れるのかもしれないと思ったんですね。今回のプロジェクトも建築自体は14坪程度の小さなものですが、そこからこの馬木地区、さらにその先に広がる社会というものを念頭に置いています。

塩田:家成さんたちは、建築という世界で新しいものを生み出そうとしている職人さんですよね。一方で僕は、社会のあり方を少し変えてみたいと考えている社会政策の職人なんです。たぶんお互いに考えていることは一緒で、今回のプロジェクトが町長の家の敷地内で行われているというのは偶然ではなく、必然なんですよ。

Q.普段だったらあまり入れないようなプライベートな場所を町長が解放区のように開くことで地域の人たちが集まってきていますよね。

塩田:僕が子供の頃は、人がたくさん集まってくる空間というのはあったんです。ただ、現代社会には所有権や個人の自由という概念があるから、人が集まる空間を新しく作る必要が出てきて、それがコミュニティセンターだったりすると思うんです。公民館や集会所というのは全国各地にあるけど、それらと「Umaki camp」の何が違うかというと、それが僕の家の中にあるということですよね(笑)。こうした仕組み作りというのは社会保障にもつながるし、さらにここの良いところは外から丸見えだから誰が何をしているかすぐにわかるところ。こんなコミュニティセンターはおそらく日本でここにしかないと思います。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 家成俊勝 

    家成俊勝

    建築家

    1974年兵庫県生まれ。関西大学法学部卒。大阪工業技術専門学校卒。2004年より赤代武志とdot architectsを共同主宰。京都造形芸術大学空間演出デザイン学科准教授。大阪工業技術専門学校夜間部非常勤講師。建築設計、店舗設計、アートプロジェクトなどの施工を手がける。建築における設計、施工のプロセスにおいて専門家、非専門家に関わらず、様々な人々を巻き込む超並列設計プロセスを実践。

  • 塩田幸雄 

    塩田幸雄

    小豆島町長

    昭和26年9月2日小豆島に生まれる。小豆島の小・中・高校を卒業後、京都大学法学部に学ぶ。昭和50年厚生省入省。福祉、医療、年金、環境などの分野の行政を経験。厚生労働省を政策統括官を最後に退官。平成22年4月から小豆島町長。