インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > setouchi

藤井佳之

「な夕書」店主

岡 昇平

建築家
「仏生山温泉」番台

高松でのインタビュアーを務めてくれるのは、高松市街で完全予約制の古書店「な夕書」を営む藤井佳之さん。その藤井さんがインタビュー相手として挙げてくれたのは、高松・仏生山温泉の番台を務め、さらに仏生山の街全体をひとつの旅館に見立てる「まちぐるみ旅館」計画なども進めている建築家の岡昇平さんです。それぞれ東京の出版社、建築事務所で働いた経験を活かし、その後高松に自らの拠点を持ちながら、独自の活動を続けているおふたりが、岡さん設計の仏生山温泉の素敵な休憩室で語り合ってくれました。

1. なぜ温泉を始めたのですか?

岡 昇平 

もともとは父親が温泉を掘ったのがきっかけです。高松に帰ってきたら設計の仕事をしながら、家業も継ぐ予定だったのですが、それがたまたま温泉になっていたんです(笑)。

Q.いきなりベタな質問から入りますが、岡さんはなぜ仏生山温泉を始めたのですか?

岡:もともとは父親が温泉を掘ったのがきっかけです。僕の家は代々飲食店のようなことを家族経営でやっていて僕は4代目になるのですが、父親は昔からずっと温泉をやりたいと言っていたんですね。ただ、もともと温泉が湧いていた場所ではないし、温泉を掘るのにもお金がかかるので、家族はみんな無理だと高を括っていたんですね。ところが15年くらい前に金沢大学の調査チームが日本全国の重力検査をした際に、仏生山近辺に大きな穴があることがわかったんです。それが一時期話題になった高松クレーターと言われるものなんですが、その後もしかしたら温泉が出るかもしれないという噂が立ったんです。それで父親が温泉を掘り始めたのがいまから11年前くらいですね。

Q.温泉が確実に出るかはわからないまま掘ったんですか?

岡:そうです。だからもしかしたら出ない可能性もあったし、当時は家族全員反対で大げんかになったくらいです(笑)。父が温泉を掘っている頃、僕は東京で仕事をしていたのですが、たまに母親から電話がかかってきて、父親をどうにかしてくれと言われたりして(笑)。僕も絶対に温泉なんか出ないと思っていたし、みんなでどうにかしてやめてもらおうと色んなカードを出したのですが、父親はあきらめようとしませんでした。

Q.当時岡さんは東京の建築事務所「みかんぐみ」で働いていたんですよね。その後どういう経緯で高松に戻ってくることになったのですか?

岡:建築事務所というのは早ければ3年くらい務めて独立をする人もいるんですね。ちょうど父親が温泉を掘った年というのが、僕が「みかんぐみ」に入って3年目だったんですが、以前から3年間働いたら高松に帰って設計の仕事をしようと考えていたんです。その計画通りに戻ってきたら、温泉が掘り上がっていたんです。

仏生山温泉 仏生山温泉

Q.独立後最初の設計の仕事がこの仏生山温泉になったんですね。当時から温泉の運営も岡さんがされる予定だったんですか?

岡:そうですね。仏生山温泉のすぐそばに、もともと経営していた宴会場があるのですが、そちらは引き続き父親が見て、僕は温泉を担当することになったんです。当初から高松に帰ってきたら設計の仕事をしながら、家業も継ぐ予定だったのですが、それがたまたま温泉になっていたんです(笑)。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 藤井佳之 

    藤井佳之

    「な夕書」店主

    1976年生まれ。大阪市出身。横浜国立大学を卒業した後、ドキュメンタリー番組の制作に携わる。角川書店の新規事業に参画した後、29歳で中学高校と過ごした高松へ。完全予約制の古書店「なタ書」を開店させる。お店の予約がない日には故郷での錦の飾り方を考えている。お店の予約は→070-5013-7020まで。(繋がらないこと多し)

  • 岡 昇平 

    岡 昇平

    建築家
    「仏生山温泉」番台

    1973年香川県高松市生まれ。徳島大学工学部卒業、日本大学大学院芸術学研究科修了。みかんぐみを経て高松に戻る。建築の設計を本業としながら、家業の温泉を運営。まち全体を旅館に見立てる「仏生山まちぐるみ旅館」を10年かがりで進めつつ、「仏生山まちいち」「ことでんおんせん」「50m書店」「おんせんマーケット」などを始める。