インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > sendai

関本欣哉

ギャラリー「ターンアラウンド」オーナー

青野文昭

現代美術家

今回インタビュアーを担当してくれるのは、東京でアートを学んだ後、2010年に地元・仙台にギャラリー「ターンアラウンド」を設立した関本欣哉さん。その関本さんがインタビューするのは、同じく仙台を拠点に活動する現代美術家で、2013年に開催された「あいちトリエンナーレ」への出品をきっかけに、近年は国際的にも注目を集めている青野文昭さん。先日、仙台市内の6会場で開催された「せんだい21アンデパンダン展」の企画を手がけるなど、仙台アートシーンの活性化にも積極的に取り組んできた関本さんが、地元を代表する作家である青野さんに聞きたいこととは?

1. 現代美術を始めたきっかけは何ですか?

青野文昭 

小学校の頃に近所のお絵描き教室に通ったりもしていましたが、現代美術をされていた大学時代の先生に感化されたところが大きかったと思います。

Q.青野さんと初めてお会いしたのは97年前後で、まだ僕が20歳過ぎの頃でした。それまで僕は東京のアートスクールに通っていたのですが、仙台の空きビルで展覧会をやらないかとお誘いを受け、地元のギャラリーにアーティストを紹介してもらいに行ったところ、青野さんのことを紹介して頂きました。結局その時は僕の個展という形になったのですが、当時見た青野さんの作品が強烈で、ずっと記憶に残っていました。その後、僕は仙台に戻ってきて、このギャラリーをオープンしたのですが、その少し前に青野さんに展覧会の話を持ちかけて、それ以来お付き合いをさせて頂いています。去年の夏に、青野さんが「あいちトリエンナーレ」に出品されて、それがきっかけで韓国のアラリオギャラリーの所属作家となったこともあり、最近はかなりお忙しそうですね。

青野:それも「ターンアラウンド」で開いた個展がきっかけになったんですよね。その時に評論家の椹木野衣さんや、「あいちトリエンナーレ」の芸術監督を担当した東北大五十嵐太郎さんらが見に来てくれたのですが、ちょうど「あいちトリエンナーレ」が「揺れる大地」をテーマに掲げ、震災後のアートを意識していたこともあり、僕も出品することになりました。

2012年にターンアラウンドで開催された青野さんの個展。

Q.このギャラリーから広がっていったことは僕としてもとてもうれしいです。さて、まずは青野さんのことを知らない方に向けて、美術に携わるようになるまでの経緯から伺えますか?

青野:もともと僕はマンガなどが好きで、小学校の頃に近所のお絵描き教室に通ったりもしていました。実はその時の先生が大変優れた作家さんだったんですが、僕が現在のような方向に進むようになったのは、現代美術をされていた大学時代の先生に感化されたところが大きかったと思います。その頃から僕はずっと仙台にいるのですが、こういう作家は珍しいようで、学生の頃から東京に出て、そのまま向こうで活動する人なんかも多いんですね。ただ、美術の制作にはモノがついてまわるので、明日から別の場所に移ってすぐに制作するということもなかなかできなくて、気づけばずっと仙台で制作を続けているという感覚です。

「あいちトリエンナーレ2013」に出品された青野さんの作品。

Q.現在のような作品をつくるようになったのはいつ頃からですか?

青野:大学の卒業制作の時に設定したいくつかのテーマのうち、とりあえずはじめに着手してみたひとつが「修復」や「再生」で、そのままずっと現在に至るという感じです。美術作品というと、作家が新たに創作したものをイメージされると思いますが、僕自身の興味は、すでに存在しているけど自分が知らなかったものといかに関われるかというところにありました。このテーマと出合った直接的な出来事というものがひとつあります。当時、森の風景画を描くために通っていた近所の小さな山があったのですが、その頃はちょうどバブルの全盛期で、ある時に一夜にして森の木がすべて伐採されてしまったんですね。それまでの研究テーマが一瞬にして消え去ってしまったことが自分にとっては大きなショックでした。その時に、作品をつくるよりも、木を植えた方が良いんじゃないかと思い、切られた木を再生するという試みを始めたのですが、「修復」や「再生」という行為には、一般的な創作活動とは異なる別の創造性があるのではないかと感じたんです。<続く>

インフォメーション

青野さんの個展が韓国・済州島のアラリオ美術館Dongmun Motelで2015年10月まで開催中。また、12月10日から2015年1月13日まで沖縄コンテンポラリーアートセンターで『Time Sharing―隣り合わせの時間』が、2015年2月14日~3月14日まで東京・ギャラリーαMで『パランプセスト―重ね書きされた記憶/記憶の重ね書き』が開催予定。
関本さんがオーナーを務めるギャラリー「ターンアラウンド」では、11月4日から30日までグループ展『きたかぜとたいよう』が開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 関本欣哉 

    関本欣哉

    ギャラリー「ターンアラウンド」オーナー

    1975年宮城県仙台市生まれ。東京芸術専門学校(TSA)卒。90年代後半よりアート作品の制作、発表をはじめる。2010年より社会に繋がる表現の場として『ギャラリーターンアラウンド』を設立。2014年に行為・行動する表現を目的としたレーベル『ネオ・ノイジズム・オルガナイザーズ』を設立。建築デザインの仕事も手がけている。

  • 青野文昭 

    青野文昭

    現代美術家

    1968年仙台生まれ。主な展覧会に、「アートみやぎ」宮城県美術館、「崇高と労働展」板橋区美術館(ともに2000年)、「VOCA展」上野の森美術館(2001年)、「どくろ杯・Ⅱ―他者性と不可避性について―」ギャラリーターンアラウンド(2012年)「あいちトリエンナーレ2013―揺れる大地」(2013年)、主な個展にアラリオギャラリー、アラリオミュージアムDongmun Mote(ともに2014年/韓国)がある。