インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > sendai

佐藤純子

イラストレーター

菊地充洋

菊信紙工所
製本部 部長

仙台駅前の書店で働いていた頃に描いた日々の生活にまつわるマンガエッセイ『月刊佐藤純子』が人気を集め、現在はイラストレーターとして活動している佐藤純子さん。そんな佐藤さんがインタビューするのは、『月刊佐藤純子』のデザイン、印刷、製本を手がけた「製本部」の部長であり、有限会社 菊信紙工所で製本、紙加工などの仕事に励んでいる菊地充洋さん。本を接点につながりを持ったふたりの間で、果たしてどんな話が展開されるのでしょうか?

1. 製本部って何ですか?

菊地充洋 

色々な職種の方たちが、それぞれが持っている専門知識を共有しながら、製本の可能性を追求していくことを目指しています。

Q.私は書店で働いていた頃、『月刊佐藤純子』という日々の雑記的なマンガを描いていて、色んな人に渡していたんですね。それを見てくれた方から一冊の本にすればと提案され、その本のデザインと印刷を、菊地さんがやっていた製本部にお願いすることになって、そこで初めてお会いしたんですよね。その時に渡された名刺にとても面白い印刷がされていたことが記憶に残っているんですけど、菊地さんの名刺はいつも面白くて、別の機会に渡された名刺では、和紙のような紙に文字が印刷されていましたね。菊地さんと会う度に、また違う名刺がもらえるかなと期待しちゃいます(笑)。

菊地:その時にお渡しした名刺は、紙を漉いたままの状態で使用したもので、繊維がむき出しになっているんですね。規格外の紙なので、機械を使った一般的なオフセット印刷はできないので、シルクスクリーン活版印刷などアナログの手法を使うしかないんですけど、そういうものは凄く味があって素敵なんです。例えば、シルクスクリーンというのは、原理的にはとてもシンプルなんですが、それだけにインクの粘土やメッシュの細かさ、テンションの強さなどが品質に大きく影響するんですね。その加減がとても難しくて、まだまだ修行中の身なんです(笑)。

『月刊佐藤純子』 『月刊佐藤純子』

Q.凄く職人さんぽいですね。『月刊佐藤純子』は、もともとコンビニでコピーしたものをお配りしていたので、本にする時も表紙と中頁の紙質をあえて同じにしたり、背表紙の文字をずらしたりと、菊地さんとデザイナーの松井(健太郎)さんが、本気でユルユルした雰囲気を出そうとしてくれたんですよね。

菊地:そうですね(笑)。製本部では、仙台のグラフィックデザイナーやイラストレーター、大学職員、文学館の学芸員、紙メーカーで働いている人など、色々な方が属していて、それぞれが持っている専門知識を共有しながら、製本の可能性を追求していくことを目指しています。純子さんの本の他では、東北大学が一般の人たちに向けて開講している「せんだいスクール・オブ・デザイン」の受講者が編集する雑誌『S-meme』の装丁などを担当させて頂いています。

『月刊佐藤純子』 『月刊佐藤純子』

Q.そもそも製本部はどういう経緯で結成されたんですか?

菊地:製本業というのは、印刷屋さんありきで成り立つ仕事で、製本の技術だけで独立して商売を成り立たせせることが難しいのが現状なんです。同業者の中にはそうした構造に対する問題意識があって、もっと自立していかないといけないと考えていました。そのなかで2010年に、印刷業者が集まっている印刷団地という場所のすぐ側にTRUNKというクリエイターのワーキングスペースができることになり、何か接点を持ってみようということになりました。そこで知り合ったのが製本部を一緒にやっている松井健太郎さんで、当時はTRUNKで副ディレクターをしていました。お話を聞いてみると、松井さんは本が大好きで、古本屋をまわったりしているということだったので、本をキーワードに、何かしら将来につながりそうな活動をしてみませんかと持ちかけたのがきっかけでした。<続く>

インフォメーション

佐藤純子さんの個展「空き地の空」が、11月1日〜30日まで目白・貝の小鳥で開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 佐藤純子 

    佐藤純子

    イラストレーター

    1978年生まれ。福島県出身。仙台市在住。フリーペーパー「月刊佐藤純子」不定期刊行。2011年『仙台文庫別冊月刊佐藤純子』発売(現在版元品切中)。月刊誌『PHPスペシャル』で「つれづれBOOK WORM」(コミックエッセイ)、ウェブマガジン「みんなのミシマガジン」で「女のひとり飯」(コミックエッセイ)、週刊誌『サンデー毎日』で「私的本屋賞」(書評・月一回)連載中。「マッチ箱マガジン」(佐々木印刷所)シリーズの松島編・白石編を担当、グッドデザイン賞受賞。

  • 菊地充洋 

    菊地充洋

    菊信紙工所
    製本部 部長

    なんとなくの本好きが集まってなんとなくグループとして活動し始め、どうぞどうぞの流れで『製本部』の部長になる。そんな状況ながら、人に恵まれてきたおかげで成果を上げることができている。製本部内では、部員がそれぞれ興味のある研究テーマを掲げ、有志でプロジェクト を結成し研究活動を行っている。 Studio KIKUSHINにてプリンター、ブックデザイナーとしても活動。