インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > sendai

松浦孝行

ローカルプランナー

高平大輔

映像ディレクター

今回インタビュアーを務めてくれるのは、旅行雑誌の編集、地域プロモーションのディレクションなどの仕事を経て、現在は宮城・仙台の伝統工芸の魅力を伝えるプロジェクト「手とてとテ」にプランナーとして携わっている松浦孝行さん。そんな松浦さんがインタビューするのは、仙台を拠点とする映像ディレクターとしてさまざまな作品を制作し、「手とてとテ」のディレクターも務める高平大輔さん。震災以降は、ドキュメンタリー映像の制作でも注目されている高平さんに、松浦さんが聞きたいこととは?

1. どんな活動をしているのですか?

高平大輔 

最近は、さまざまな団体、地域、クライアントとつながり、その先で出合った感動を映像として収めていくような、フィールドワークに近いイメージで仕事をしています。

Q.高平さんと知り合ったのは約1年前で、その頃僕はフリーランスで地域プロモーションの仕事などをしていました。現在は、「手とてとテ」という仙台市が支援する伝統工芸プロモーション事業に携わっているのですが、もともとこれに誘ってくれたのも高平さんでした。それまで高平さんと一緒に仕事をしたことはなかったのですが、手がけた映像はよく見ていて、映像と音楽のバランスや間の取り方が心地良く、「こんなにロマンチックな映像を撮る人が仙台にいるんだ」と思っていました (笑)。その後本人とお会いして、作品と風貌のギャップに驚いたのですが(笑)。今日はそんな高平さんの映像ディレクターとしての側面を中心にお話をお聞きできればと思っています。まずは、今回のインタビューで高平さんのことを初めて知る人たちに向けて、簡単に活動の紹介をして頂けますか?

高平:僕はもともと仙台のCMディレクターとして、代理店からの受注で映像を撮っていました。現在も引き続きそうした仕事はしているのですが、2011年の震災以降は、被災地の夜明けの映像を撮った「Tomorrow at Daybreak」という活動を個人的に始めたことをきっかけに、ドキュメンタリー系のプロジェクトも増えていきました。最近は、作品が色々な縁を生み、さまざまな団体、地域、クライアントとつながり、その先で出合った感動を映像として収めていくような、言わばフィールドワークに近いイメージで仕事をしています。

「手とてとテ」

Q.震災以降に撮り始めたというドキュメンタリー映像の中で、まずはじめに観てもらいたい作品や特定のシーンがあれば教えて下さい。

高平:一番観てもらいたい作品というのは、常にこれからつくる作品なんです。現在は、11月に発表される石巻工房のドキュメンタリーをつくっていて、これはぜひ観てほしいですね。最近撮影したものだと、震災以降に松島町でスタートした「海の盆」というお祭りの映像があります。このお祭りには、何よりも地元の子どもたちに楽しんでほしいという主催者の思いがあったのですが、僕自身一児の父であることもあってそれがとても共感できたし、実際に子どもたちの映像もたくさん撮ることができました。その中でも特に印象的だったのは、松島の伝統的なお盆の供養の儀式を、女の子が凄く不思議そうな表情で吸い込まれるように見ていた光景で、とても大切なものが撮れた気がしました。子どもが、地元の文化と出合うことで成長していく瞬間に立ち会え、それを映像を通して発信できたということがうれしかったし、純粋にお祭りを楽しんでいる地元の子どもたちや、盆踊りに混じっている留学生の外国人なども含め、日本の祭りの良さというものを感じてもらえる映像が撮れたと思っています。

Q.この作品では、多くの人がイメージする日本の夏祭り的な楽しさだけではなく、ある種の驚きや怖さ、浮遊感のようなものが映されていますよね。その場で起きていることが淡々と撮影されているんだけど、見慣れた光景が特別に見える。そういうものを表現することが高平さんは非常に上手だと感じますが、撮影の時はどんなことを心がけているんですか?

高平:実は、僕は自分でカメラを回すことは少ないんですね。僕の本業であるCMの世界が分業制になっているということもあるのですが、特にドキュメンタリーの場合、僕自身がファインダーを覗いてしまうと、四方八方でライブで起きている情報をキャッチすることが難しくなってしまうんです。だから、撮影はカメラマンにお願いし、僕はその場に憑依して全方向に妖怪アンテナを張り巡らせ(笑)、そこにいる人たちのちょっとした表情や音などを俯瞰でキャッチできるように心がけています。そういう意味でも、目線が共有できるカメラマンをキャスティングすることはとても大切にしています。ちなみに、「蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト」の撮影をした時は、10年に1度と言われる大雪が降って、真っ白な世界が撮れたのですが、このカメラマンは奇跡的な運の持ち主なんです。こういう引きの強さを持っている方もいて面白いんですよ。<続く>

インフォメーション

高平さんが監督を担当した 「トラフ建築設計事務所+ 石巻工房」のドキュメンタリー映像が、2014年11月1日から2015年5月10日まで金沢21世紀美術館で開催される「ジャパン・アーキテクツ 3.11以後の建築」にて上映予定。

もっと知りたい人は…

  • 松浦孝行 

    松浦孝行

    ローカルプランナー

    大手出版社を独立後、フリーランスで旅行雑誌の編集、旅館ホテルのプロモーションなどを中心に活動。震災を機に、ローカルをドメインにしたワークスタイルに移行。東北の田舎良品PRサイト「田舎郡東北村」、TOHOKU新聞バッグプロジェクト、伝統芸能による集落活性プロジェクト、仙台・宮城の中小企業商品開発プロジェクトなどをサポート。現在は仙台・宮城の伝統工芸品PRサイト「手とてとテ」のイベントプランニングを担当。

  • 高平大輔 

    高平大輔

    映像ディレクター

    福島県南相馬市出身、仙台市在住。WOW(仙台)を経て、東北のCMや地域のPRプロジェクトを中心に活動中。代表作は、環境省コミュニケーション大賞「仙台市ごみ減量大作戦 ワケルくん」、 「手とてとテ ー仙台・宮城の手しごとたちー」、 渡り鳥と人間の共存を描いた「蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト」など。個人的作品として被災地の夜明けを撮影した「Tomorrow at Daybreak」や、「ジョルジュ・ルース アートプロジェクト」の映像を制作。 故郷の映画館「朝日座」を応援中。