インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > sendai

柿崎慎也

東北大学 産学連携コーディネーター

濱田どんき

宮城アナログ文化協会
青葉こけし会

現在、東北大学で企業と大学の連携を促進させる産学連携に取り組む柿崎慎也さんは、地域のクリエイティブ/産業界のハブ的存在としても地道に活動を続けています。今回のQONVERSATIONS TRIP SENDAIにもご協力頂いた柿崎さんがインタビュアーとなってお話を聞くのは、音楽と社会をテーマに活動されている濱田どんきさん。市民や愛好家が音楽について自由に話す場づくりを行い、東日本大震災(以後、震災)の後には「うぶこえプロジェクト」を立ち上げ、様々な活動を展開しています。こけし愛好家としての一面もお持ちだという濱田さんの全貌を解き明かすべく、柿崎さんがさまざまな質問を投げかけました。

1. なぜ音楽と関わり始めたのですか?

濱田どんき 

友達や先輩の影響で自然と音楽に興味を持ち、R&Bを入口にブラックミュージックに傾倒していきました。

Q.濱田さんとは10年くらい前から知り合いなんですが、お会いするのがほとんど飲みの席で大体酔っ払っている状態で(笑)、しっかりお話をする機会があまりなかったんですね。濱田さんが、DJとして音楽レーベルの運営やイベントのオーガナイズなどをしていたことは知っていましたが、震災の後は、社会的な問題と積極的に関わりながら、せんだいメディアテークの職員として活動しつつ、なぜか本気でこけしも集め始めたと聞いていたので、「この人は一体何者なんだ?」とずっと気になる存在でした (笑)。

濱田:音楽に関しては、高校の同級生がDJをしていたことがきっかけで、昼間のクラブイベントに遊びに行くようになり、そこから自分もDJを始めるようになりました。いまはインターネットなどがあって色んな情報がフラットに入ってきますけど、当時は自分の周りの環境によって得られる情報も大きく偏るような時代で、友達や先輩の影響で自然と音楽に興味を持ち、僕の場合は、リズム&ブルースを入口にブラックミュージックへと傾倒していきました。

Q.濱田さんが企画している「くろい音楽室」というイベントがありますよね。自分も何度か参加させて頂いたのですが、これはどういう経緯でスタートしたイベントなんですか?

濱田:音楽を聴いて楽しむ場はたくさんあると思うんですけど、音楽について改めて腰を据えて話ができるようなところはほとんどないと思ったのが最初のきっかけです。著名な人が音楽の話をして、それをみんなで聴くという構図のイベントは普通にあるけど、みんなで自由に音楽の話ができて、なおかつそれを共有できる場がつくりたかったんです。イベントの運営には、東北大学オーディオ研究部のOBや、東北学院大学ブラックカルチャー研究会の学生にも関わってもらっています。10代の頃は自分の直感だけで音楽を判断しがちじゃないですか。それは決して悪いことではないと思うんですけど、実際に来場者の思い出話や、発売された当時の時代背景などを探っていくと、その音楽の捉え方が変化して視界が広がるなんてこともあるんですよね。また、このイベントは毎回、10代から60代くらいまでの幅広い年齢層の方が集まってくれることも特徴的かもしれません。

「くろい音楽室」 写真提供: せんだいメディアテーク

Q.イベントではどんな話が交わされるのですか?

濱田:もちろん回によって変わりますが、基本的には、地元の音楽愛好家や来場者のみなさんたちと、その時々のテーマに沿った話をしています。ジャズ、ヒップホップ、ハウスなど「くろいと称されるような音楽」、これについては感覚なので特に定義はないですけど、主にクラブミュージックについて自由に意見交換をしていきます。以前に、歌謡曲をテーマにした回があって、その時にアイドルの話で盛り上がったところ、話をしたさそうなおじさんたちが結構いたんですね。じゃあ次はそれをテーマにやろうと思って「クラブ歌謡曲 アイドル編」を企画したのですが、そのおじさんたちはひとりも来なくて(笑)。その時に僕も一生懸命アイドルのことをリサーチしたんですが、調べていくにつれて、自分はアイドルに興味がないということが身にしみてわかったことが自分にとっては大きな発見で、面白かったです(笑)。毎回イベントの後にはアンケートを書いてもらっているんですが、その内容はとても興味深く、色々と発見に繋がることも少なくないです。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 柿崎慎也 

    柿崎慎也

    東北大学 産学連携コーディネーター

    1971年生まれ。秋田県出身。東北大学産学連携推進本部産学連携コーディネーター。東北大学大学院経済学研究科産学官連携研究員、TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARINGインキュベーション・マネージャを経て現職。学外では、合同会社logueボードメンバー、仙台クリエイティブ・クラスター・コンソーシアムプロデューサーとして活動。

  • 濱田どんき 

    濱田どんき

    宮城アナログ文化協会
    青葉こけし会

    1981年宮城県仙台市生まれ。仙台市在住。DJやイベントオーガナイザー、音楽レーベルでの活動を経て、東日本大震災の体験から、現在は社会と音楽をテーマに活動。音楽による復興支援活動の取り組みやクラブミュージックを市民と語り合う場として、「くろい音楽室」という文化イベントも主催。