インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > osaka

中川和彦

書店店主

西 靖

アナウンサー

本はもちろん、雑貨や洋服なども販売し、併設されたカフェではさまざまなゲストを招いたイベントを開催するなど、本屋という枠を超え、大阪の文化発信拠点となっている「スタンダードブックストア」。今回インタビュアーになってくれる同店の店主・中川和彦さんがインタビュー相手に選んだのは、情報番組「ちちんぷいぷい」の総合司会を務めるなど、関西で知らぬ人はいない毎日放送の人気アナウンサー、西 靖さん。読書や音楽などの趣味を持ち、過去にスタンダードブックストアのイベントでも共演している西さんに、「本」「コミュニティ」「大阪」 などをキーワードに、中川さんが迫ります。

4. 大阪人の強みって何ですか?

西 靖 

もしかしたら大阪というのは一対一のコミュニケーションというのが一番得意で、僕自身そういうコミュニケーションの仕方を培ってきたのかなと。

Q.大阪にはこんなにたくさん人口がいて、これほど大きな街というのは世界中を探してもそんなにないと思うんです。その大阪の何が面白いのかと聞かれた時に「人」だと言う人が多いように、たしかに面白いヤツはたくさんいる。でも、大阪では色んなことが起きているのに、なかなかそれが全国ネットには広がっていない気がしているんです。発信があまりできていないというか、そもそも発信せんでもええやんって思っているのかなと。大阪の人は目立ちたがりに思われるけど、実はそうでもないんちゃうかなって。

西:僕は高校を卒業してから大阪に来た岡山の田舎者で、だからこそ感じるのかもしれなですけど、大阪は東京なんかに比べるとハードルが高いというか、閉鎖的なところがありますよね。地元の人間と外の人間を明確に峻別している感じがするんですよ。

Q.そうですか? 大阪は一番ウェルカムな街だと思うんですけど。

西:もちろんみんな優しいんですけど、変な関西弁をいつまでも気持ち悪がったりするでしょ?(笑) 東京の方がよそ者の構成率が高いから、もう少し均一化されていて、ちょっとした違いは何となくスルーされていく。だからある種開かれているというか、開かざる得ない街だと思うんですが、大阪の場合は何代にもわたって大阪という人も多いし、社交的に見えて、実は内向きというか、大きな田舎なのかもしれないなと思うこともあります。

「辺境ラジオ」トークセッション@スタンダードブックストア心斎橋

Q.照れ屋でうまく表現できていないというところもあるのかもしれないですね。さっきの全国ネットにならないという話もそうだけど、その気質が災いしている状況もあるのかなと。

西:先日、あるシンポジウムに参加したんですが、演出家の平田オリザさんの講演がとても面白かったんですね。僕も普段から話をする仕事をしていますが、とてもじゃないけど平田さんのように100人の心を掴んだり笑わせたりすることはできないし、むしろそういうことが苦手なんですよ。こうして一対一で話すことで相手と息を合わせたり、笑ってもらうということは普段からしているつもりですが、大勢の人を同時にわらかすということは実はやっていないんですよ。人前で喋れと言われても、みんながこっちを見ている感じがどうも慣れなくて。そういうことを考えてみると、もしかしたら大阪というのは一対一のコミュニケーションというのが一番得意で、僕自身そういうコミュニケーションの仕方を培ってきたのかなと。

Q.たしかにそれはあるかもしれないですね。大阪には少数対少数でやっているものが多い気がするし、そういうものがもっとつながっていくといいのもしれないですね。

西:相手の顔が見えるやり取りを続けていくなかで、たまにもの凄く汎用性があるというか、みんなが共感するようなものが生まれればそれでいい気がします。最初からみんなの共感を得ようとして始めちゃうと1対マスになってしまうし、大阪の人はあまりそういうやり方が得意じゃないのかもしれない。大阪の強みは、変に気取った感じのない一対一のコミュニケーションにあるのかもしれないですね。やっぱりスタンダードブックストアにもいつも中川さんがおってほしいと思うし、行く度に「これがいいんだ」「いいからこれを読め」って口うるさく言ってくれたりすると凄く楽しそう(笑)。

Q.そうですね。カフェの店主とか居酒屋の親父とかなんでもいいんですけど、みんなが大阪に人を見に来るようになったら面白いですよね。大阪というのは入り込んだらメッチャおもろいとこだと思うし、こんなにウェルカムな街はないですからね。今日はとても良いヒントを頂けた気がします。どうもありがとうございました!

もっと知りたい人は…

  • 中川和彦 

    中川和彦

    書店店主

    1961年大阪生まれ。大阪市立大学生活科学部住居学科卒業。1987年父の経営する(株)鉢の木入社、代表取締役就任。2006年カフェを併設する本と雑貨の店・スタンダードブックストア心斎橋オープン。2011年スタンダードブックストア茶屋町オープン。本は扱うが本屋を営んでいる意識は希薄で、人が集まり、人と人が直接触れ合う場を提供したいと考えている。

  • 西 靖 

    西 靖

    アナウンサー

    アナウンサー。1971年生まれ、岡山県出身。大阪大学から1994年MBS入社。月曜から金曜まで午後2:55から5:50まで生放送でお届けする情報エンターテインメント・テレビ番組『ちちんぷいぷい』(関西ローカル)のメインパーソナリティを務める。ラジオでは、内田樹(神戸女学院大学名誉教授)と名越康文(精神科医)が自由奔放なトークでニュースの本質を語る『辺境ラジオ』(不定期放送・詳しくはHPで)の司会を担当。趣味は、スノーボード、フライフィッシング。O型。