インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > osaka

中川和彦

書店店主

西 靖

アナウンサー

本はもちろん、雑貨や洋服なども販売し、併設されたカフェではさまざまなゲストを招いたイベントを開催するなど、本屋という枠を超え、大阪の文化発信拠点となっている「スタンダードブックストア」。今回インタビュアーになってくれる同店の店主・中川和彦さんがインタビュー相手に選んだのは、情報番組「ちちんぷいぷい」の総合司会を務めるなど、関西で知らぬ人はいない毎日放送の人気アナウンサー、西 靖さん。読書や音楽などの趣味を持ち、過去にスタンダードブックストアのイベントでも共演している西さんに、「本」「コミュニティ」「大阪」 などをキーワードに、中川さんが迫ります。

2. 放送にはどんな未来がありますか?

西 靖 

ネットなども含めたテレビ以外のアウトプットも意識して、コンテンツメーカーとして何をやっていけるかということを考えていく必要があると思います。

Q. 本の業界ではここ最近ずっと売上が下り坂なんですね。そのなかで、減ってきているパイを少しでも多く取ろうと必死になるよりも、もっと違うところに可能性があると思って、雑貨を置いたり、カフェをやったりしているんですけど、いまテレビの業界ではどんな動きがあるんですか?

西:テレビもやはりスポンサーがつきにくくなっているし、状況は似ています。テレビというメディアだけに限って言うと、すでに成長していく産業ではなくなっているのはたしかなので、ネットなども含めたテレビ以外のアウトプットも意識して、コンテンツメーカーとして何をやっていけるかということを考えていく必要があると思うし、これまでと同じようにやっていたら放送局も厳しいですよね。そのなかで個人的にはラジオというメディアをもう一度フィーチャーしてみたいなと思っているんです。ラジオはテレビに比べたら少ないバジェットでできるし、小回りが利くメディアなので公開収録なども含め、それこそ地域コミュニティにも溶けこんでいきやすいサイズ感なんですよね。

『辺境ラジオ』刊行記念トークセッション @スタンダードブックストア 心斎橋

Q.うちでも一度FMの収録をやったことがあるんですが、本当に小さな規模でできちゃうんですよね。僕はまったく新しい発明とかはできないけど、本と雑貨をくっつけただけで新しい業態と言われたりもする。例えば、西さんと僕が一緒になってラジオと本屋をくっつけたら面白いことになるかもしれないし、そういう「くっつき合い」がこれからはより必要になってくるのもしれないですね。

西:いまこうして話しているところに機材を少し持ち込めば、それで収録できてしまいますからね。ラジオの収録イベントなど色々一緒にできそうだし、ラジオというものが小商い的な感覚を持ったミドルメディアのような存在になっていけるといいのかなと。

Q.本にしてもマスに対して作ろうとするとなかなか難しいけど、最初から500人とか1000人とか同じ価値観を共有して繋がれそうな人たちを相手にしていけばもっと色々できると思うし、そういうものがもっといっぱいあった方が面白いんちゃうかなと。大型チェーンは大型チェーンでいいけど、それも小さいところがあってこそのことだと思うし、選択肢がなくなっていく世の中はかなり生きづらいですよね。自分たちはそういうスペースを作っていかないとなと思っているんです。

西:池上彰さんも、その街が発展しているかどうかを図る指標として、まず本屋さんを見ると言っていました。以前にベトナムに行った時にも、小さい本屋さんが人で賑わっていて、そこに将来性を感じたそうですよ。

スタンダードブックストア店内 スタンダードブックストア店内

Q.写真家の若木信吾さんも海外で情報を仕入れる時は本屋とカフェに行くと言っていました。中川さんの所にはその両方があるんだからがんばらないといけないよと。大阪の街自体を変えようとしても難しいけど、自分のお店を良くしていくことで、それを嗅ぎとってくれた人たちがまた何か違うことを始めたりしてくれたら、少しずつ街も変わっていけるのかなと。大阪の街にはまだ何かが欠けている気がしていて、だからこそいまがチャンスなのかなとも思っているんです。

もっと知りたい人は…

  • 中川和彦 

    中川和彦

    書店店主

    1961年大阪生まれ。大阪市立大学生活科学部住居学科卒業。1987年父の経営する(株)鉢の木入社、代表取締役就任。2006年カフェを併設する本と雑貨の店・スタンダードブックストア心斎橋オープン。2011年スタンダードブックストア茶屋町オープン。本は扱うが本屋を営んでいる意識は希薄で、人が集まり、人と人が直接触れ合う場を提供したいと考えている。

  • 西 靖 

    西 靖

    アナウンサー

    アナウンサー。1971年生まれ、岡山県出身。大阪大学から1994年MBS入社。月曜から金曜まで午後2:55から5:50まで生放送でお届けする情報エンターテインメント・テレビ番組『ちちんぷいぷい』(関西ローカル)のメインパーソナリティを務める。ラジオでは、内田樹(神戸女学院大学名誉教授)と名越康文(精神科医)が自由奔放なトークでニュースの本質を語る『辺境ラジオ』(不定期放送・詳しくはHPで)の司会を担当。趣味は、スノーボード、フライフィッシング。O型。