インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > osaka

中川和彦

書店店主

西 靖

アナウンサー

本はもちろん、雑貨や洋服なども販売し、併設されたカフェではさまざまなゲストを招いたイベントを開催するなど、本屋という枠を超え、大阪の文化発信拠点となっている「スタンダードブックストア」。今回インタビュアーになってくれる同店の店主・中川和彦さんがインタビュー相手に選んだのは、情報番組「ちちんぷいぷい」の総合司会を務めるなど、関西で知らぬ人はいない毎日放送の人気アナウンサー、西 靖さん。読書や音楽などの趣味を持ち、過去にスタンダードブックストアのイベントでも共演している西さんに、「本」「コミュニティ」「大阪」 などをキーワードに、中川さんが迫ります。

1. 数字を稼ぐことは大切ですか?

西 靖 

最初から最後まで数字を取るためだけのコンテンツで構成するのは難しいし、それだと作っている側も退屈してしまうんですよね。

Q.先日、カリフォルニアにある作家ヘンリー・ミラーメモリアルライブラリに行ってきたんですね。そこでは、ヘンリー・ミラーや彼の友人、この土地にゆかりのある作家、アーティストの本の販売、ワークショップ、さらにさまざまなアーティストのライブパフォーマンスなどが開催されているんですね。また、それとは別なんですが、大阪には「ISまちライブラリ」という蔵書ゼロからスタートした図書館があって、イベントやワークショップなどでその場所に関わる人たちそれぞれが本を持ち寄ることで蔵書が構成されていくんです。先日、そこの人とお話をしている時にも感じたんですが、本というのはコミュニティを作るツールになるんだなと。西さんにはうちのイベントに出て頂いたこともありますし、本がお好きじゃないですか。今日はそんな西さんに、本やコミュニティをテーマに色々お話を聞いてみたいなと思っているんです。

西:ありがとうございます。たしかに本は好きですけど、中川さんにおっしゃって頂くほど高い意識を持っているわけではなく、読み散らかしているだけですけどね(笑)。

Q.でも、本が置いてある場所にはよく足を運びますよね。最近では、佐賀県武雄市の図書館TSUTAYAが運営するというニュースが話題になりましたが、今後本の業界が大きく変わっていこうとしているなかで、本屋としてただ本を売るだけでいいんだろうかと疑問を持っているんです。もともと心斎橋でお店を始めた時も、本を売ろうという意識よりも、まず自分がいたくなるお店にしたいという思いが強かったんです。

西:初めて中川さんのお店に行った時、まさにその「自分がいたい場所」という感覚を強く持ったし、他にこんな本屋ないなと。いわゆる普通の本屋さんというのは、ベストセラー作家の新刊が平積みされているようなイメージですからね。

Q.書店はみんな本が売れないと言っていますけど、そもそも本というのは、単に売って終わるだけじゃない凄いパワーを持っていると思うんです。以前に谷川俊太郎さんとお話した時も「書店が本の専門店になっちゃっている」とおっしゃっていたんですが、本を買ったらさっと行ってしまうような場所ではなく、もっと人と人が触れ合ったり、何かが起こったりするような場所にすることが大事ちゃうかなと。

西:本を扱う書店の人たちはやっぱり本が好きというのが前提にあるだろうし、お店に来るお客さんに喜んでもらいたいという気持ちが強いと思うんです。そのなかで売れる売れない関係なく置きたいものもあると思うんですね。でも、当然利益は上げていかないといけないわけで、儲けることと人を喜ばせることの関係は難しいところですよね。その辺は業種によってさまざまだと思うんですが、例えば僕らがやっている民間放送局の場合は、番組を見てもらう視聴者ではなく、スポンサーからお金を頂いて、その結果出資した番組の視聴率が高ければスポンサーも喜ぶという三角関係の中で仕事をしています。ちょっと変わった業態だとは思うんですけど、それでも本屋さんと同じように、数字はあまり稼げないかもしれないけど、これはやっておきたいという企画もあるんですね。特に毎日3時間やっている「ちちんぷいぷい」では、最初から最後まで数字を取るためだけのコンテンツで構成するのは難しいし、それだと作っている側も退屈してしまうんですよね。

月〜金曜午後2:55から5:50までMBSで生放送されている『ちちんぷいぷい』。

Q.退屈してしまうのは見ている側も同じとちゃいますか?

西:私が司会をしている「ちちんぷいぷい」という番組では、CDを出したりもしているんですが、あまり情報番組でそんなことしないじゃないですか。でも、「ちょっとよそじゃやらんけど、僕らこれ好きなんですよ」ということが番組のカラーになるし、「次は何するの?」と気にしてもらえるようになる。例えば、アーティストさんが「ぷいぷい」さんと何か一緒にしたいと言ってくれるようになったり、何かが生まれる起点になるんです。「ぷいぷい」は、非常に緻密に計算された構成があって、数字を稼ぎまくる番組というよりは、色んな人に頼ったり頼られたりする行き来がある番組だと思っているんですが、ひょっとしたら中川さんがやっている本屋さんもそんな世界なのかなと。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 中川和彦 

    中川和彦

    書店店主

    1961年大阪生まれ。大阪市立大学生活科学部住居学科卒業。1987年父の経営する(株)鉢の木入社、代表取締役就任。2006年カフェを併設する本と雑貨の店・スタンダードブックストア心斎橋オープン。2011年スタンダードブックストア茶屋町オープン。本は扱うが本屋を営んでいる意識は希薄で、人が集まり、人と人が直接触れ合う場を提供したいと考えている。

  • 西 靖 

    西 靖

    アナウンサー

    アナウンサー。1971年生まれ、岡山県出身。大阪大学から1994年MBS入社。月曜から金曜まで午後2:55から5:50まで生放送でお届けする情報エンターテインメント・テレビ番組『ちちんぷいぷい』(関西ローカル)のメインパーソナリティを務める。ラジオでは、内田樹(神戸女学院大学名誉教授)と名越康文(精神科医)が自由奔放なトークでニュースの本質を語る『辺境ラジオ』(不定期放送・詳しくはHPで)の司会を担当。趣味は、スノーボード、フライフィッシング。O型。