インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > osaka

堀田裕介

料理研究家

小泉伸吾

農家

インタビュアーを務めてくれる堀田裕介さんは、「食べることは生きること 生きることは暮らすこと」をモットーに、日本全国を飛び回りながら、生産者と消費者を繋ぐ食の活動に取り組んでいる料理研究家。そんな堀田さんが今回インタビューするのは、大阪と京都の中間にある大山崎で20年間農家を続け、さらにバンド「pug27」のメンバーとしても活動している小泉伸吾さん。これまでも食をテーマにしたイベントなどで何度に仕事をしてきたふたりが、これからの農業や働き方などついて、さまざまな意見を交わしました。

1. なぜ農家を始めたのですか?

小泉伸吾 

結婚するという段階で、嫁の実家がたまたま農家だということが分かって。農業なら生産から販売まで自分でやれるし、面白い仕事やろうなという思いもあった。

Q.伸吾さんとは、以前に僕がいたgrafがやっていたレストランに野菜を提供してもらっていたことがきっかけで知り合いました。その後もgrafが主催している食と音楽などを絡めた「Taste Of Folklore」というイベントをはじめ、色々と付き合いが始まったんですが、伸吾さんは単に野菜を作るだけではなく、僕らがこれまで抱いていた農家のイメージを覆すような活動をずっと続けているように感じていたんです。しかも、grafの服部(滋樹)さんらと一緒にバンドも続けていて、そういう生き方なども含め、改めて話を聞いてみたいなと。農家を始めて今年で何年目になるんですか?

小泉:結婚して農家を始めたのが23の時で、いま43歳だから、今年でもう20年。僕は生まれが工業地帯だったから周りに農地なんかなかったし、若い頃は農業のことなんて考えてもいなかった。社会人になって洋服屋で仕事をするようになったんだけど、言ってみれば究極のインドアの仕事で、これはしんどいなと。その頃からいずれ農家みたいな仕事ができないかなと思うようになって、結婚するという段階で、嫁の実家がたまたま農家だということが分かって。農業なら生産から販売まで自分でやれるし、面白い仕事やろうなという思いもあったよ。実際に入ってみたら奥が深すぎたけど(笑)。

Q.その後の農業ブームなどもあって、いまでこそ若い人が農家を目指すということも増えましたけど、そんな流れが一切なかった20年前に始めるのは凄いなと。

小泉:そうやね。若い時って変わった仕事をしてみたいというのがどっかにあるやんか。僕もまさにそういう感覚で始めたんだけど、当時から(農業は)絶対これからの仕事だとは思ってた。さすがにここまでのブームまでは想像できなかったけど。2年前くらいはホームセンターとかに苗を買いに行っても若い子が凄く多くて、これはブームやなって感じたけど、その頃からしたらだいぶ落ち着いたと思う。でも、結果として農業への関心が高まったと思うし、昔に比べれば食べることへの意識もだいぶ変わったよね。

Q.それは凄く感じますね。最近は、ソーシャルメディアなんかでも話題になるのは食べ物のことが多いし、コミュニケーションの中心が食に移ってきているというのは職業柄感じていて。その大元にいる農家の人たちは、いまがチャンスとばかりに都会などに販売に行っていたり、就農受け入れイベントをやったり、環境のことを意識した農法を取り入れたりと、単に野菜を作って販売するという以外の活動をするようようになってますよね。

小泉:うちは大阪と京都の間にある都市型の小さな農家で、滋賀なんかにある大きな農場とは違うから、小規模農家にしかできへんことって何やろうとか、常に自分なりに考えてる。もともと食べることが好きだから、作って食べるという流れを面白く見せられるイベントとかを、フットワークの軽さを活かしながらやっている感じかな。

「Taste Of Folklore」 「Taste Of Folklore」 「Taste Of Folklore」

Q.イベントでは「これ成立するんか?」というような結構無茶なことをやり続けてますよね(笑)。でも、大阪のお客さんはノリが良いから、どうやったらその場を楽しめるかを考えながら参加してくれるし、イベントの輪郭を作っていってくれるところがありますよね。

小泉:当然イベントを企画する側は、こうなったらいいなというイメージを持って始めるわけだけど、実際にやってみると全然違う方向に流れていったりする。でも、結果的にそれが盛り上がったりして、逆に考えさせられたりもするよね。<続く>

インフォメーション

小泉さんのバンドpug27企画のライブパーティ「BIRD WATCHING」が、7月28日に梅田・NOON+CAFEにて開催される。ライブはもちろん、美味しいフードブースの出店も予定されている。

もっと知りたい人は…

  • 堀田裕介 

    堀田裕介

    料理研究家

    1977年、大阪府生まれ。「食べることは生きること 生きることは暮らすこと」をモットーに都市と農村地域の架け橋として、 生産者と生活者を繋ぐ料理研究家。survivalからentertainmentまで、命と絆をつなぐ食のムーブメントを展開すると共に、 風土とfoodを融合させた食のモザイクアート「foodscape!」を通して食べることへと人々を誘うノマド料理人。

  • 小泉伸吾 

    小泉伸吾

    農家

    大阪・アメ村の洋服屋で働いた後、結婚を期に京都・大山崎で減農薬の野菜や米を作り始める。オリジナル肥料によって作られた食材は、さまざまなレストランなどで扱われ、さらに個人宅配やイベント開催なども積極的に行いながら、新たな食材、農家のあり方を提案している。また、バンド「pub27」にサックスプレイヤーとして参加している。