インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > osaka

橋本 梓

美術館研究員

中村悠介

編集者

今回インタビュアーを務める橋本 梓さんは、大阪・中之島にある国立国際美術館に勤務する研究員。そんな橋本さんがインタビューする中村悠介さんは、大阪発のローカル・カルチャー・マガジン『IN/SECTS』をはじめ、さまざまなメディアの編集や執筆、イベント企画などを手がける編集者。この7月に国立国際美術館で開催される「Music Today on Fluxus 蓮沼執太 vs 塩見允枝子」の企画を共に進めているおふたりの間で、果たしてどんなお話が繰り広げられるのでしょうか?

1. なぜ大阪で働いているのですか?

中村悠介 

大阪の「みんなで仲良くやろう」ムードは、つながりを発生させやすい、身内ノリを拡大させやすいと思ってます。

Q.いま中村さんとは国立国際美術館で開催する蓮沼執太さんと塩見允枝子さんのイベントの企画を進めているんですけど、それ以前から顔は合わせていたんですよね。私自身の仕事もある意味編集に近い部分があるから、編集をしている人自体には興味があって、中村さんはどんなスタンスで仕事をしているのかなと。

中村:普通に考えたら、編集者って東京の仕事だと思うんです。大阪には出版社もそんなにないし、人口も東京に比べたら少ない。そんな大阪で雑誌をやるということは無茶な話だし、実際編集者も少ない。それに、例えば大阪には昔から面白いヤツに吉本に入れというような半分本気の冗談があったりして、見る側と出る側の区別があまりない場所だったりもしますよね。その間にあえて立とうする編集者のようなスタンスって大阪では珍しいかもしれませんね。

Q.私はもともと滋賀出身で、その後神戸、京都を経て、大阪に住んでからは5年経ったんだけど、いまだに文化的に馴染めないところがあって(笑)。おばあちゃんの家も大阪だし、私も関西弁をしゃべるけど、大阪は人間の距離感とかが独特なんですよね。嫌いじゃないんだけど、たまに油断してると「あ、ここ大阪だった」って思わされたりします。大阪で暮らして、仕事もしているので、自分がどう大阪にコミットしたらいいかずっと考えているけど、いまだにうまい落とし所が見つからなかったりするんですよね。

中村:それは結構リアルな問題ですよね。僕もちょっと近い感覚があって、普段は大阪で仕事をしているけど、住んでいるのはずっと京都なんですね。これでもし家も大阪にあったら、大阪の友達の輪に完全に入ってしまって、編集という仕事がやりにくくなるなと思っているんです。大阪は「みんなで仲良くやろうや」という雰囲気があるんだけど、完全に仲良くなりすぎてしまうのではなく、あえて一歩引くという意味でも、京都に住むことで客観性を持たせているところがあるかもしれない。

Q.その感覚はわかります。私の場合、逆に美術作家が大阪よりも京都に多いので、一歩引くという意味では大阪に住んでいた方がいいのかもしれない。京都には美大なんかもあるし、美術作家にとっては特別な場で、コミュニティ的な要素も強いんですね。もし私が京都に住んでいたらそういう場所にしょっちゅう行っている気がするし、それをし過ぎてしまうのは私の立場としてはあまり良くないことなので。

中村:逆に大阪から見ると、京都というのは閉鎖的で身内受けな感じはやっぱりあるんですよね。でも僕は身内ノリが好きだし、友達の家で鍋パーティとか、2、3人でコソコソと話してるようなことが本当は一番面白いと思ってます。だから「IN/SECTS」でイベントをやるときにも、その身内ノリをどこまで大きくできるかを考えてますね。友達の友達くらいが遊びに来るような。そういう意味では、大阪の「みんなで仲良くやろう」ムードはそのつながりを発生させやすい、身内ノリを拡大させやすいと思ってます。<続く>

インフォメーション

橋本さんと中村さんが企画に携わっている「Music Today on Fluxus 蓮沼執太 vs 塩見允枝子」は、7月7日に国立国際美術館で開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 橋本 梓 

    橋本 梓

    美術館研究員

    1978年滋賀県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程指導認定退学。2008年より国立国際美術館にて研究員を務める。企画展に「風穴 もうひとつのコンセプチュアリズム、アジアから」(国立国際美術館、2011年)、「〈私〉の解体へ:柏原えつとむの場合」(国立国際美術館、2012年)、共同キュレーションによる「Omnilogue: Alternating Currents」(PICA、オーストラリア/国際交流基金、2011年)。共訳書に、ジョナサン・クレーリー『知覚の宙吊り』(平凡社、2005年)。

  • 中村悠介 

    中村悠介

    編集者

    1976年生まれ。京都市在住。雑誌編集者。過去は「Lマガジン」(京阪神エルマガジン社)、「OK FRED」(リトルモア)。現在は大阪の谷町6丁目で「IN/SECTS」(LLCインセクツ)の編集業に携わる。