インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > osaka

原田祐馬

デザイナー

小川さやか

文化人類学者

大阪を拠点に活動するデザイナーの原田祐馬さん。グラフィックデザインをはじめ、空間デザイン、展覧会/イベント企画などジャンルを越えてさまざまなプロジェクトを展開している彼が、今回インタビュー相手として指名してくれたのは、タンザニアの路上で古着を売り歩き、タンザニア人の人間関係や処世術を調査した「都市を生きぬくための狡知」で、サントリー学芸賞を受賞した小川さやかさん。現在、「瀬戸内国際芸術祭 2013」の小豆島・醤の郷+坂手港エリアで、町の人たちとともにプロジェクトを進めている原田さんが、「関係」をテーマにさまざまなお話を聞きました。

1. タンザニアと日本の違いは何ですか?

小川さやか 

流動的な人間関係の中で生きているタンザニアの人たちにとって、生き抜くための最大の術はハッタリやごまかしを含む知恵、狡知の駆使なんですね。

Q.いま僕らは「観光から関係へ」をコンセプトに掲げ、小豆島で町の人たちと関わりながら、一緒に「こと」や「もの」を作り上げていくというプロジェクトをやっているんですね。それがきっかけで、離島にどのようなきっかけで人が渡りたいと思ったのかと疑問を感じたり、さらには、言語の違う人間同士が初めて出会った時に、翻訳してくれる人やツールがなかったとしたら、どんな反応が起きるのかということなどを考えるようになったんです。そんな時に小川さやかさんの文章を雑誌で読んで、タンザニアの社会の中に入り込んで調査していることに衝撃を受け、ぜひお話を聞いてみたいなと思ったんです。なぜ小川さんはタンザニアで古着の行商になって研究しようと思ったのですか?

小川:もともと研究対象として、「贈与」や「負い目」に関心があったんですね。タンザニアの社会って、助ける/助けられるという感覚なしにお金やサービスが回っていることが多いんですよ。それは、非常に困難で不確実な生活を送っている都市下層民は、お金を借りたり、助けてもらったりしても、それを必ず返せるとは限らないからなんです。「助け合い」というのは美しいものですが、難しい部分もあるじゃないですか。いつも助けてもらっている側は負い目を感じるし、助けてばかりの側だっていつも気持良く支援をできるわけではない。じゃあ、そういう負い目を発生させないでやりくりする方法はないのかということに関心があったんです。

Q.小川さんの本を読んでいて、タンザニアの人たちは凄くドライな印象を受けたのですが、その反面、生きるためには急にスイッチを変えて、あの手この手でコミュニケーションを取っている感じがしました。

小川:個人主義ではなく自立主義なんです。仲が悪いわけじゃないけど、日本人に比べるとたしかにベタベタしていないんです。そんな流動的な人間関係の中で生きている彼らにとって、生き抜くための最大の術はハッタリやごまかしを含む知恵、狡知の駆使なんですね。ただこの狡知を駆使した戦術は短命で、流動的な人間関係だからこそ成立する。例えば、腹が減っているという演技で支援を要求する術は、同じ人に何度も繰り返していたら、通用しなくなりますよね(笑)。ただ、そうした演技を駆使した戦術はこれまでの経験で培った癖を技化したもので、一度味をしめた術を変更するのは困難。お調子者がお調子者の戦術を使わずに生きるのが難しいように。ただ、タンザニアの都市はもともと流動的な社会だから、通用しなくなれば、別の人間関係へと渡り歩いていくことができる。流動性の低い日本ではそうはいかないから、しばしば息苦しくもなる。

Q.それぞれのキャラクターを示すために、例えば「背が高い」という身体的特徴などからあだ名をつけたり、自分たちのキャラクターを設定しながらコミュニケーションを図っているという話も興味深かったです。日本人が血液型で人を判断する感じに少し近いですよね。

小川:あぁ、意外と似ているかも。お互いに相手のキャラクターを強制的に了解するような付き合い方をするんですよ。例えば、◯◯族は大食いだとか、ケチだとか冗談を言い合うんですね。「この人はこういう人間だ」と冗談関係を築いて了承してしまうことで、異質な他者とすばやく打ち解ける方法です。新しい関係に入っていこうとする時は、まず自分がどういう人間なのかを伝えないといけないけれど、関係性がすごく流動的な場合、キャラ立ちしていれば、強制了解ですばやく馴染めるし、そのキャラとそれを活かした戦術で渡り歩いていける(笑)。もちろん個々の人間は複雑だって理解しているからこその強制了解ですが。<続く>

インフォメーション

原田さんが、エディトリアルスタジオ「MUESUM」と共同企画している「瀬戸内国際芸術祭2013」小豆島・醤の郷+坂手港プロジェクト「観光から関係へ」 の夏会期が7月20日からスタート。また、原田さんが実行委員を務める「DESIGNEAST04」が9月14日〜16日まで名村造船所跡地で開催される。

もっと知りたい人は…

  • 原田祐馬 

    原田祐馬

    デザイナー

    1979年生まれ。UMA / design farm代表。2002年京都精華大学芸術学部デザイン学科建築専攻を卒業後、インターメディウム研究所(IMI)7期生として入学。2005年まで在籍。2005年より京都造形芸術大学非常勤講師。2007年、UMA/design farmを設立。アートディレクター/デザイナーとして、ブックデザイン・グラフィックデザイン・エキシビジョンデザインなどを手がける。2009年より「DESIGNEAST」ディレクター、2013年よりULTRA FACTORY/studio ZZZディレクターを務める。

  • 小川さやか 

    小川さやか

    文化人類学者

    1978年生まれ。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科を指導認定退学。博士(地域研究)。学術振興会特別研究員、国立民族学博物館機関研究員、同博物館助教を経て、立命館大学先端総合学術研究科准教授。主な著書『都市を生きぬくための狡知―タンザニアの零細商人マチンガの民族誌』(第33回サントリー学芸賞)。