インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > okayama

渡邉格、麻里子

パン屋「タルマーリー」

吉田全作

酪農家
吉田牧場

渡邉 格麻里子さん夫妻が営む「タルマーリー」は、今年の2月に岡山県真庭市にオープンした自家製天然酵母&国産小麦のパン屋さん。昨年まで千葉県いすみ市で開いていたお店をたたみ、震災を機に岡山にお店ごと移住してきたおふたりがインタビューするのは、家族4人で自家製チーズを生産し、全国各地の有名レストランなどに販売している吉田牧場の吉田全作さん。吉田さんの本を読んで以来、いつかはお会いしてみたいと思っていたというおふたりと一緒に、岡山県吉備中央町にある吉田牧場さんを訪ねてきました。

1. 牧場経営で大切なことは何ですか?

吉田全作 

僕はいまだに経営をしている感覚はあまりないんですが、ものスゴく助平で、何にでも興味があるし、何でも面白がれる才能というのはあるんだと思います。

Q.これまで私たちは千葉でパン屋をやっていたのですが、震災後に岡山にお店ごと移住してきたんですね。こっちで2月にお店をスタートさせたのですが、毎週来てくれる常連さんが吉田牧場さんのチーズや吉田さんの本を持ってきてくれて、その本にスゴく感動したんです。私たちは農学部出身で、農産加工で何かをやりたいというところからパン屋になったのですが、その土地にあるものを使って、天然の菌で発酵させたパンを作ってきたこともあって、それをずっとやられてきている吉田さんにいつかお会いしたかったんです。

吉田:僕の場合は、もともと農学部に行きたかったわけじゃないんですよ。山登りをしていたから時間がほしくて、一番暇な学部を探して入ったところがあった(笑)。農学部には、何か本質があるんじゃないかなという気はしていたけど、ほとんど授業に出ていないから、自慢じゃないけど畜産学科だったのに卒業まで牛に触ったことがないというひどい学生でしたよ(笑)。それでも農学部にいたことはいまの仕事に帰結していると思うし、数々の要素が不連続につながったり、さまざまなきっかけで色んなことを考えながら、いまに至っている感じですね。

Q.私たちがパン屋さんを始める時、起業というのはバイタリティが必要だし、経験としてもとても面白いものだと感じたんですね。いまは流通も発展しているし、情報もたくさんあるから、通販、店頭、卸売などの販売経路を考えたり、世界のパン屋さんや食の世界を意識しながらやっているところがあって、そういうところに経営者としての醍醐味を感じることもあります。吉田さんの場合は、淡々と良いチーズを作るということがエネルギーになっているような印象がありますが、これまで牧場を経営してきたなかでどんなことを大切にされてきたのですか?

吉田:僕はいまだに経営をしている感覚はあまりないんですよ。経理はまあまあ得意なんだけど、経営能力はないと思います(笑)。ここまで成り行きで来ているところが大きくて、要所要所で人との関わりがあって、必然的にこうなってきた感じなんです。そういう人たちと会ってなかったらいまの僕はないし、それは自分の意志を超えたところにある。もちろん、そこで選択をしていくのは自分の意志なんですけどね。僕はものスゴく助平で、何にでも興味があるし、何でも面白がれる才能というのはあるんだと思います。色んな人との結びつきが転機になってきたんだけど、嫌がらずに何でもやったり接触したりする余力と興味があったから、いまがあるんだと思います。

Q.転機という話がありましたが、私たちにとっては岡山に来たというのは大きな転機で、それは震災があったからなんですが、吉田さんにとって3.11は転機になりましたか?

吉田:やっぱりなりましたね。これまでやってきたことが間違いじゃなかったということを改めて感じたし、それをもっと形にしていこうと思って、太陽光発電をたくさん入れて、地下7メートルくらいのところにチーズの熟成庫を作りました。そこは夏場でも17度くらいに保たれるので電気を使わないでいいし、長期熟成タイプのチーズを作ってみようかなと思ってちょっとずつ実験をしているところです。あと、震災以降テレビも新聞も一切見なくなりましたね。ウソばっかり言うし、電気代もかかりますからね。<続く>

インフォメーション

パン屋タルマーリーではスタッフを募集中。詳細はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • 渡邉格、麻里子 

    渡邉格、麻里子

    パン屋「タルマーリー」

    「パンを作れば作るほど、社会と環境が良くなっていく」経営が目標。自家製酵母のみを使用し、自然栽培素材と天然菌によるパンを製造。酒種、レーズン酵母、全粒粉酵母、サワー種という4種の酵母を使い分け、柔らかいパンからかたいパンまで、幅広い味と食感のパンを提供している。震災後、千葉県から、江戸時代の美しい町並みが残る岡山県勝山へ移転。古い町屋を改装したパン屋には、イートインカフェも併設されている。

  • 吉田全作 

    吉田全作

    酪農家
    吉田牧場

    1955年岡山県生まれ。'79年北海道大学農学部畜産学科卒業後、5年間のサラリーマン生活を経て、'84年に岡山県・吉備高原にて酪農業を開業。'88年、念願のチーズ作りを始める。土地に根ざし牛を放牧し、餌や牧草にこだわり、おいしい乳を搾り、家族のみで手作りチーズを生産し続ける。その誠実で妥協なき味わいには全国にファンが多い。