インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > okayama

中川正子

写真家

弥田俊男

建築家

建築家の弥田俊男さん、写真家の中川正子さんは、2011年の震災を機に、東京と岡山の二拠点生活をスタートしたご夫婦。今回の「QONVERSATIONS TRIP OKAYAMA」では、雑誌や広告、CDジャケットから、写真展の開催や写真集の出版まで幅広く活動をしている中川さんが、岡山理科大学の建築学科で准教授を務めながら、東京ではご自身の建築事務所で設計の仕事をしている弥田さんにインタビューをします。震災、独立、移住などさまざまな転機が重なったご夫婦がいま、話したいこととは果たして?

3. 二拠点生活で何が変わりましたか?

弥田俊男 

今回の震災のようなことがあった時でも、複数の拠点があれば少なくともすべてを失ってしまうことはなくなるだろうし、そこに縁のある人たちがいれば、お互いに助け合える。そういう国になっていったら、劇的に変わる気がする。

Q.大学のお仕事は最低4年なんだっけ? これから岡山で具体的に何をしていきたいというのはあるの?

弥田:こういう縁のあった場所で自分の力が発揮できるプロジェクトがあれば関わっていきたいし、自分なりにベストを尽くしていきたいと思ってる。岡山という場所にこだわっているわけではないけど、色々なことを考える大切なベースになっているし、何か岡山で地域の人たちと一緒にやれる良い機会が作れたらいいなって。建築の人は、とにかくどんどん作ったり、メディアに取り上げてもらうために自分本位なことをしがちな人もいるのね。でも、そういうことじゃなくて、しっかりしたものが作れるペースで、じっくり丁寧にやっていけたらいいなっていまのところは考えてる。

Q.岡山に来て何もわからない状態から、こうして1年半楽しく過ぎたじゃない? この経験を活かして、例えば海外とか他の街とかでまた何かをやっていくというアイデアはある?

弥田:そういうこともアリかなと思ってる。難しい点は色々あると思うけど、みんなに拠点が複数あって、個人や家族が色んな場所に動きながら、そこで新しいつながりが生まれていくと、大きく状況が変わると思うんだよね。例えば、今回の震災のようなことがあった時でも、複数の拠点があれば少なくともすべてを失ってしまうことはなくなるだろうし、そこに縁のある人たちがいれば、お互いに助け合える。今後そういう国になっていったら、劇的に変わるような気がする。そのためには、交通費とかの仕組みが変わらないとなかなか難しいと思うけど。

弥田俊男「住吉の居場所」

Q.そこが変われば一気に進んでいきそうだね。

弥田:そうだね。いまは東京と岡山を頻繁に往復しているから、移動に対して抵抗がなくなっているよね。フットワークが軽くなっていて、日本全国どこでもヒョイヒョイ行く感じで、新幹線の切符を買う抵抗がなくなったよね。ちょっと恐ろしいけど(笑)、それは自分への投資だと思ってるところがあるかな。

写真・中川正子、詩・カサイミク『ふたりぶんのしあわせ』(2009/ピエ・ブックス)

Q.どんどん移動していけばいいっていうことを、もっとみんなに伝えたいって思うんだけど、なかなか難しかったりするよね。それだけ東京の渦というのは大きくて強いんだなって。地方に行った人のことを「リタイアした」みたいなイメージで見ている人もチラホラ見かける。ホントは新しく始まっているんだけどね。海外とかで具体的に行きたい場所はないの?

弥田:いまは特にないかな。自分としては、これまで日本の中の東京という狭いステージでやっていたけど、社会的な出来事や自分の独立などをきっかけに、いまは日本というレンジに広げながら何ができるかというのを考えている段階。そこで自分がこれをやったんだと言えるものをまずは作りたい。足場がしっかり作れたら、次のステップとして日本と海外のどこかに片足ずつ置いて、世界というところも考えていけるのかなって。変に焦らず、いまやるべきことをやっていけば自然と海外にもつながると思ってる。

インフォメーション

記事中でも紹介した弥田さんが東京で手がけた住宅のリノベーション「住吉の居場所」は、現在発売中の「カーサブルータス」12月号でも掲載中。

もっと知りたい人は…

  • 中川正子 

    中川正子

    写真家

    津田塾大学在学中にカリフォルニアに留学。写真と出会う。帰国後、山路和徳氏に師事。自然な表情をとらえたポートレート、光る日々のスライス、美しいランドスケープを得意とする。日本、世界を多く旅し、撮影で訪れた国は18カ国70都市以上。写真展を定期的に行い、雑誌、広告 、C Dジャケット、書籍など多ジ ャンルで活躍中。2010年4月に男児を出産。2011年3月に岡山に拠点を移す。現在、東京と岡山を往復する日々。最新の写真集は、出産と震災後の世界を描いた「新世界」。東京を皮切りに全国4カ所にて巡回展を開催、好評を得た。他に作品集として「旅の響き」(宮沢和史氏と共著)、「ふたりぶんのしあわせ」(カサイミク氏と共著)、「通学路」などがある。

  • 弥田俊男 

    弥田俊男

    建築家

    1974年愛知県生まれ。京都大学大学院修了後、隈研吾建築都市設計事務所に13年間所属し、サントリー美術館、根津美術館をはじめ数多くの物件を手掛ける。2010年より慶應義塾大学環境情報学部(SFC)非常勤講師。2011年より、岡山理科大学建築学科准教授、NPO法人ENNOVA OKAYAMA理事として岡山に関わり始めるとともに、弥田俊男設計建築事務所を設立し、東京を拠点に自らの設計活動を開始。現在、東京と岡山の2地域を拠点に活動。