インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > okayama

中川正子

写真家

弥田俊男

建築家

建築家の弥田俊男さん、写真家の中川正子さんは、2011年の震災を機に、東京と岡山の二拠点生活をスタートしたご夫婦。今回の「QONVERSATIONS TRIP OKAYAMA」では、雑誌や広告、CDジャケットから、写真展の開催や写真集の出版まで幅広く活動をしている中川さんが、岡山理科大学の建築学科で准教授を務めながら、東京ではご自身の建築事務所で設計の仕事をしている弥田さんにインタビューをします。震災、独立、移住などさまざまな転機が重なったご夫婦がいま、話したいこととは果たして?

2. 東京とはどんなところが違いますか?

弥田俊男 

岡山という場所は、東京的なものに行き過ぎちゃった人たちがまた戻ってきて、ここに降りてこようとしている姿にとても近いという感じがして、そこにポテンシャルを感じてる。

Q.実際に岡山に1年半住んで先生をやってみて、どうだった?

弥田:東京だけでやっていたらこういう感覚は得られなかっただろうなって思う。いまは岡山の大学で先生をしながら、東京の事務所で設計の仕事をするということをやっているけど、最近はさらに岡山の街のことにも関わり始めているから、同時に2、3ヶ国語を覚えていくような感覚に近い。新しいことを同時に進めているからそれぞれのペースは遅いんだけどね。でも、21世紀に入ってからしばらく経って、東京的なものに向かって上へ上へ行こうとすることに多くの人が違和感を感じ始めていたと思うんだよね。いまはネットやSNSなど、お互いが離れていても活動できる状況になってきているし、これからは自然と人間、街というものがもっとコンパクトな形で混ざり合う必要があるんじゃないかなと。そういう意味で岡山という場所は、東京的なものに行き過ぎちゃった人たちがまた戻ってきて、ここに降りてこようとしている姿にとても近いという感じがして、そこにポテンシャルを感じてる。

Q.自分たちの街をどうしていこうみたいな話って東京にいた時はしなかったよね。

弥田:うん。いま岡山の街に関われていることはスゴく面白い。よく地元の人たちが言うんだけど、岡山は平和で自然豊かだから、みんなそこにあぐらをかいていてあまり危機感がないんだって。そして、いまさら周回遅れの状態で東京を目指そうとしていたりする。せっかく良いものを持っているのに、それを放棄しようとしてしまっているように見えて、スゴくもったいなく感じるんだよね。そういうことを、もともと岡山にいた志の高い人たちと、震災を機に東京周辺から集まってきた外の人間とで考えていけるのはスゴく面白いなって。

今回、QONVERSATIONS TRIP OKAYAMAのコーディネートをしてくれたfiftの五十嵐勝成さん。

Q.岡山に来てからの人の出会いというのも大きかったんじゃない?

弥田:スゴく大きかった。僕らが岡山に来た後、もともと面識があったfiftの五十嵐夫妻が移住先の候補を岡山で考えてるというのを聞いて、頼むからぜひ来なよって熱烈に勧誘したんだよね(笑)。それで7月くらいに五十嵐さんたちと能登夫妻が引っ越してくることになって、その後正子がツイッター経由で森山(幸治)さんとつながって、東京から来たメンバーと岡山にいたメンバーで「ENNOVA」というNPOを作ることになって、そこからスゴく広がっていったよね。

中川正子『新世界』(2012/PLANCTON)

Q.岡山くらいの規模感だからこそ、この街をどうにかしたいとか、もっと面白くできるんじゃないかって感覚があるのかもね。

弥田:そうだね。岡山の街というのは、師匠に巡り会えずにいた、これから延びていく若い素材というような感覚があるんだよね。もちろん育て方によってどうにでもなってしまうんだけど、ものスゴいスーパースターになれるかもしれないし、その場に立ち会えている感覚がある。

中川正子『新世界』(2012/PLANCTON)

Q.東京にももちろんつながりはたくさんあるんだけど、とにかく人が多いからそこで全部がつながることはないけど、岡山だとみんな知り合いっていう感じがしない? 自転車とかで街を走っていると絶対友だちに会いまくるし(笑)。

弥田:そういう小ささが面白いよね。僕らは東京と岡山を行き来しているからこそ、そういう違いを感じやすいんだろうね。

インフォメーション

記事中でも紹介した弥田さんが東京で手がけた住宅のリノベーション「住吉の居場所」は、現在発売中の「カーサブルータス」12月号でも掲載中。

もっと知りたい人は…

  • 中川正子 

    中川正子

    写真家

    津田塾大学在学中にカリフォルニアに留学。写真と出会う。帰国後、山路和徳氏に師事。自然な表情をとらえたポートレート、光る日々のスライス、美しいランドスケープを得意とする。日本、世界を多く旅し、撮影で訪れた国は18カ国70都市以上。写真展を定期的に行い、雑誌、広告 、C Dジャケット、書籍など多ジ ャンルで活躍中。2010年4月に男児を出産。2011年3月に岡山に拠点を移す。現在、東京と岡山を往復する日々。最新の写真集は、出産と震災後の世界を描いた「新世界」。東京を皮切りに全国4カ所にて巡回展を開催、好評を得た。他に作品集として「旅の響き」(宮沢和史氏と共著)、「ふたりぶんのしあわせ」(カサイミク氏と共著)、「通学路」などがある。

  • 弥田俊男 

    弥田俊男

    建築家

    1974年愛知県生まれ。京都大学大学院修了後、隈研吾建築都市設計事務所に13年間所属し、サントリー美術館、根津美術館をはじめ数多くの物件を手掛ける。2010年より慶應義塾大学環境情報学部(SFC)非常勤講師。2011年より、岡山理科大学建築学科准教授、NPO法人ENNOVA OKAYAMA理事として岡山に関わり始めるとともに、弥田俊男設計建築事務所を設立し、東京を拠点に自らの設計活動を開始。現在、東京と岡山の2地域を拠点に活動。