インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > okayama

森岡ともき

ゲストハウス管理人
向島集会所、lit

大岩峰男

カレー屋店主
クワイエットビレッジ・カレーショップ

去る10月15日、岡山のcafe moyauさんをお借りして開催した公開取材イベント「QONVERSATIONS TRIP OKAYAMA」。岡山に移住もしくはUターンされた方がインタビュアーとなり、岡山で長く活動してきた方々にインタビューするというテーマのもと開催されたイベントのダイジェスト版をお届けします。
「SESSION1」では、2010年に直島の隣にある向島にゲストハウス「向島集会所」を立ち上げ、今年に入り、岡山・宇野港の目の前に「lit」というゲストハウスを新たにスタートさせた森岡ともきさんが、岡山市内にある人気のカレー屋「クワイエットビレッジ・カレーショップ」の店主、大岩峰男さんにインタビューを行いました。

4. どんなカレー屋さんが理想ですか?

大岩峰男 

カレーが日常食としてあるそこらへんの路地裏や街角で普通にやっていて、近所の子供でもちょっとおこづかいがあれば食べられて、ご年配の方にも満足してもらえるような街場のカレー屋さんが理想ですね。

Q.大岩さんがいままでで一番感動したカレー体験を教えて下さい。

大岩:美味しかったカレーの体験はいくつもありますが、インドを旅行した時にデリーの「ロイヤル」という菜食中心の小さなカレー屋があって、そこには3日くらい通いましたね。

クワイエットビレッジ・カレーショップの「魚カレー」。

Q.日本のお店ではどうですか?

大岩:何年か前に東京でアーティストの大竹伸朗さんの個展があった時に、1泊2日で東京に行って、そこでカレーを5食くらい食べたんですね。帰りの新幹線に乗る前にも、東京駅の八重洲口の近くにある「ダバインディア」というお店に入ったんですが、その日はお昼もカレーを食べていて、それがスゴく油っぽくて胃もたれしてたんですよ。でも、せっかく東京に来ているんだから食べないとと思い、南インドのターリーのようなものを頼んだんですけど、二口、三口と食べていくと、胃もたれがスッとリセットされて。やっぱりスパイスはスゴイなと思って感動しましたね。他にも東京や大阪にはたくさん美味しいお店があるんでしょうけど、岡山に限って言えば、以前からある「マハラジャ」というカレー屋さんがあって、そこは日本人が作る正統派インドカレーという感じでリスペクトしています。

クワイエットビレッジ・カレーショップの「魚カレー」。

Q.ぜひ今度連れて行ってください。いまの話にもつながってくると思いますが、大岩さんが考える理想のカレー、もしくはカレー屋さんとは?

大岩:インドでもタイでもどこでもいいんですが、カレーが日常食としてある、そこらへんの路地裏や街角で普通にやっていて、近所の子供でもちょっとおこづかいがあれば食べられて、ご年配の方にも満足してもらえるような街場のカレー屋さんが理想ですね。

Q.ちなみに、いまはその理想の山の何合目くらいまで登れているんですか?

大岩:別に山を登っているつもりはないんですけど(笑)、日々の仕事を続けていきながら、そんなお店を目指していきたいなと思っています。

Q.最後に、この先やってみたいことなどがあれば教えて下さい。

大岩:あまり大きなことはないんですけど、この後に出られる森山(幸治)さんをはじめ、色んな方に声をかけて頂き、結果として街との関わりも出てきているので、そうしたつながりを大事にしながらやっていければという感じですね。<インタビュー終わり>

もっと知りたい人は…

  • 森岡ともき 

    森岡ともき

    ゲストハウス管理人
    向島集会所、lit

    ゲストハウスの管理人。1976年生まれ。 直島の隣、向島にゲストハウス向島集会所を2010年に立ち上げ。 2012年には、新たに宇野港の目の前にゲストハウス「lit」を立ち上げる。 うどんとカレーとサンドイッチと焼きそばが好物。

  • 大岩峰男 

    大岩峰男

    カレー屋店主
    クワイエットビレッジ・カレーショップ

    クワイエットビレッジ・カレーショップ店主。1961年岡山市生まれ。2001年クワイエットビレッジ・カレーショップを岡山市北区表町にて開業し、現在に至る。