インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > okayama

森岡ともき

ゲストハウス管理人
向島集会所、lit

大岩峰男

カレー屋店主
クワイエットビレッジ・カレーショップ

去る10月15日、岡山のcafe moyauさんをお借りして開催した公開取材イベント「QONVERSATIONS TRIP OKAYAMA」。岡山に移住もしくはUターンされた方がインタビュアーとなり、岡山で長く活動してきた方々にインタビューするというテーマのもと開催されたイベントのダイジェスト版をお届けします。
「SESSION1」では、2010年に直島の隣にある向島にゲストハウス「向島集会所」を立ち上げ、今年に入り、岡山・宇野港の目の前に「lit」というゲストハウスを新たにスタートさせた森岡ともきさんが、岡山市内にある人気のカレー屋「クワイエットビレッジ・カレーショップ」の店主、大岩峰男さんにインタビューを行いました。

2. なぜカレー屋をやろうと思ったのですか?

大岩峰男 

僕は岡山出身なんですが、子供が産まれ、子育てをするなら岡山がいいなと思うようになって。これから仕事をどうしようかと色々思案した結果、カレー屋をやることになりました。

Q.大岩さんが岡山でカレー屋をやることになった経緯を教えて下さい。

大岩:大学が京都で、その後就職した会社も大阪だったので、関西圏で生活している時間が長かったんですね。僕は岡山出身なんですが、関西で結婚してからもしばらく岡山には戻っていなかったんです。その後子供が産まれて、ちょくちょく帰ってくるようになったのですが、子育てをするなら岡山がいいなと思うようになって。そういう意味では僕も同じUターン組なんですが、これから仕事をどうしようかと色々思案した結果、カレー屋をやることになりました。

チキンカレーとダルが一度に楽しめるクワイエットビレッジの人気メニュー「半々」。

Q.それまでやっていたインテリア・デザインの仕事は考えなかったのですか?

大岩:もちろんそれも選択肢のひとつとしては考えていました。京都にいる時に「ベンガル湾」というバングラデッシュ人のご主人と日本人の奥さんがやっているカレー屋さんがあって、美味しいんだけど不思議な味で「何じゃこれは?」と思いながらよく食べていたんですね。そのうちご主人と仲良くなって、ある日作り方を教えてほしいと言ってみたんです。当時から自分でもカレーは作っていたんですが、「カレー屋をやるなら教えてやる」という話になって。それで、前の仕事を辞めて岡山に引越しする前の正味ひと月くらいの間で一緒に厨房に入り、勉強というか修行をして、自分のカレー屋を開くことにしたんです。でも、それ以前にもずっとカレー屋のことは頭の片隅にあったのかもしれないですね。

Q.そういうことはあるかもしれないですね。私も高校の友人にゲストハウスをやろうと思っていると話した時に、「高校の時からペンションをやりたいって言ってたよ」と言われて驚きました。ちなみに、いまは奥さんも一緒に厨房に立たれていますが、カレー屋さんをやる時に反対はされなかったのですか?

大岩さんの奥さん:反対はしなかったですが、続けられるかどうか不安はあったのでスゴく考えました。最終的には、いままで考えたことがないくらい深く考えたんだから、あとは失敗しても仕方ないじゃないかということになりました。以前に、会社を辞めて海外に行くと決めた時に似たような感じでしたね。

大岩:先ほど話した長い旅行のことですね。大学卒業後、一部上場企業に就職して7年間働いた後に、10ヶ月くらいアジアをブラブラしたんです。つまりドロップアウトですね(笑)。

Q.どこかで聞いたことのあるような話ですね(笑)。

大岩:旅から帰ってきた後に拾ってくれたのが、インテリア・デザイン事務所だったんです。奥さんにはもう感謝しまくりですね。

もっと知りたい人は…

  • 森岡ともき 

    森岡ともき

    ゲストハウス管理人
    向島集会所、lit

    ゲストハウスの管理人。1976年生まれ。 直島の隣、向島にゲストハウス向島集会所を2010年に立ち上げ。 2012年には、新たに宇野港の目の前にゲストハウス「lit」を立ち上げる。 うどんとカレーとサンドイッチと焼きそばが好物。

  • 大岩峰男 

    大岩峰男

    カレー屋店主
    クワイエットビレッジ・カレーショップ

    クワイエットビレッジ・カレーショップ店主。1961年岡山市生まれ。2001年クワイエットビレッジ・カレーショップを岡山市北区表町にて開業し、現在に至る。