インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > okayama

軸原ヨウスケ

グラフィック・デザイナー
cochae

能勢 伊勢雄

「PEPPERLAND」主宰

去る10月15日、岡山のcafe moyauさんをお借りして開催した公開取材イベント「QONVERSATIONS TRIP OKAYAMA」。岡山に移住もしくはUターンされた方がインタビュアーとなり、岡山で長く活動してきた方々にインタビューするというテーマのもと開催されたイベントのダイジェスト版をお届けします。
公開取材イベントのトリを飾る「SESSION3」では、故郷である岡山に昨年Uターンされたグラフィック・デザイナー、軸原ヨウスケさんが、70年代にライブハウス「ペパーランド」を岡山に設立し、新しい表現者たちに門戸を開放する傍ら、ご自身の映像や写真作品、文筆活動なども精力的に行なってきた重鎮・能勢 伊勢雄さんにインタビューをしてくれました。

1. なぜライブハウスを始めたのですか?

能勢 伊勢雄 

自分が場所を持つにあたって、ありとあらゆるメディアの表現ができる場所にしたいという思いがまずありました。

Q.僕は、昨年の5月に岡山に戻ってきたのですが、それまで東京にいて、人生の転機のことある毎に、能勢さんという巨大な背中を見てきたんです。松本俊夫松岡正剛ルドルフ・シュタイナーなど、自分の影響を受けたものを見ても、いつも能勢さんがどこかにいて。岡山に戻ってきてから能勢さんがずっとやられている「岡山遊会」というイベントにも参加させてもらったりしたのですが、こうしてちゃんとお話をするのは今回が初めてなので、色々とお伺いしてみたいなと思っています。

能勢:いま軸原さんがおっしゃった「岡山遊会」というのは、すでに30年ほど続けているんですね。今日もそうだと思いますが、こういうイベントというのは終わりの時間が決まっているからいつも話し足りなくて、序の口だけで本論に入れないまま終わってしまうということをこれまでに何度も経験しているんですね。だから「遊会」ではスタートを夜にして、力尽きるまで続けるということをしているんです。

Q.今回インタビューするにあたって、能勢さんが2004年にやられた展覧会の図録を見ていたのですが、本の構造が辞書のようになっていて、能勢さんがこれまでに書かれた膨大な量のテキストなどが収録されているんですよね。あまりの量で逆にどこから聞いていけばいいかわからなくなってしまったんですが(笑)、今日は「ペパーランド」をずっと運営されてきた能勢さんに、ある土地で場所を持つということ、お店をやるということを中心に聞いていければなと思っています。図録にある年表を拝見すると、まず60年代に「アンダーグラウンド・シネマテーク」というのをやられていますね。

能勢:そうですね。岡山にシネマ・クレールという単館映画館があり、そこを経営していた浜田(高夫)さんという人が「映画友の会」というものを運営していたんですね。その初期から僕も関わりがあったので、ペパーランドを始める前からそういう流れのことをやってきてはいたんですね。

ペパーランド外観 ペパーランド場内

Q.70年代に入り、自分のお店を持とうと思った理由は何だったのですか?

能勢:表現には規制というものがつきもので、例えば、公共の場所ではポルノムービーみたいなものは上映できないですよね。だから、自分が場所を持つにあたって、ありとあらゆるメディアの表現ができる場所にしたいという思いがまずありました。また、日本に持ち込まれたアンディ・ウォーホルの「ファクトリー」の映像を見ると、そこは音楽やアートをはじめあらゆるカルチャーが渾然一体となっている場所だったんですね。それを見て、こういう場を岡山にも作りたいというところからスタートしました。ライブハウスというものが、いまは音楽の専門店化していますが、もっと本来の「LIVE」、つまり「生きている」ということに根ざして運営するべくやってきましたね。<続く>

インフォメーション

軸原さんが手がけた「トントン紙ずもう」がKOKUYOから発売中。また、とらや東京ミッドタウン店内ギャラリーで開催中の「こけしと出会う」展に企画協力、こけしの選定や物販なども行っている。12月7日18時からは、虎屋菓寮 東京ミッドタウン店にて開催されるトークイベント『こけしと出会いましょう』に野地三起子さん、甲斐みのりさんとともに出演予定。

もっと知りたい人は…

  • 軸原ヨウスケ 

    軸原ヨウスケ

    グラフィック・デザイナー
    cochae

    武田美貴とのグラフィックユニットcochaeのメンバー。 「遊びのデザイン」をテーマに、紙のパズル、グラフィック折り紙、新しい視点を持った玩具の開発等、幅広い創作活動を行っている。 著書に「折りCA」シリーズ、「kokeshi book」(ともに青幻舎)、「武井武雄のこけし」(PIE international)など。 2012年よりパウロ野中(浅草橋天才算数塾)と伝統こけし普及ユニット「コゲスンボコ社」結成。 東北のこけしとBEAMSや虎屋などのタイアップでオリジナルデザインのこけしを手がける。

  • 能勢 伊勢雄 

    能勢 伊勢雄

    「PEPPERLAND」主宰

    1947年生まれ。60年代後半から岡山を中心にエキスパンデッド・シネマの上映会を精力的に開催しながら、日本アンダーグラウンド・センター(現:イメージフォーラム)のかわなか・のぶひろ氏らと交流。その後も多数の映像や写真作品、執筆、美術展企画などを手がけ、2004年には、多岐に渡る活動の全貌を紹介する展覧会『スペクタル能勢伊勢雄1968-2004』が開催された。また、1974年にオープンさせた「ペパーランド」は、岡山のライブハウスのロールモデルとなり、現在まで一貫して新しい表現者たちに門戸を開放している。2010年には、「美学校岡山校」を立ち上げ、校長並びに教程の全般を教導している。