インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > okayama

五十嵐 勝成

「bollard」店主

森山幸治

岡山市議会
サウダーヂエンタテインメント

去る10月15日、岡山のcafe moyauさんをお借りして開催した公開取材イベント「QONVERSATIONS TRIP OKAYAMA」。岡山に移住もしくはUターンされた方がインタビュアーとなり、岡山で長く活動してきた方々にインタビューするというテーマのもと開催されたイベントのダイジェスト版をお届けします。
「SESSION2」では、1年半前に東京から岡山に移住し、ご夫婦でデザインスタジオ「fift」を運営し、今回の企画のコーディネーションにもご協力頂いた五十嵐勝成さんが、岡山市議会議員であり、「サウダーヂな夜」や「城下公会堂」などの飲食店の経営者でもある森山幸治さんに話を聞きました。

2. なぜ議員になろうと思ったのですか?

森山幸治 

街には、アーティスト肌の人から職人タイプの人まで、本当に面白い人たちがいっぱいいて、おこがましいかもしれないけど、そういう人たちを社会とつなげるということが僕にはできるんじゃないかと。

Q.森山さんは、色んな人が行き交う「サウダーヂな夜」のカウンターに立ちながら、岡山の街というものを見てきたのかなと思うんですね。僕も移住をしてから岡山の歴史は勉強しましたが、街や商店街というのはこの10年くらいでどう変遷してきたんですか?

森山:表町の商店街の近くに「アルチザン珈琲店」というみんなが集まっていた老舗の喫茶店があったんですが、そこが7年くらい前になくなってしまったんですね。そこはネルドリップで味わう岡山コーヒーの源流を受け継いでいたお店でした。僕は岡山のコーヒーが大好きなんですけど、「アルチザン珈琲店」はまさに岡山の宝とも言える喫茶店だったんです。ちょうどそのくらいの時期にスターバックスなどもオープンして、流れが大きく変わっていきました。それを機にオシャレな人や粋だなと思う大人の行き交う姿が減ってきて、お店がひとつなくなるだけでこんなにも街は変わっていくんだということを実感したんです。特にこの3、4年というのは、街というのは人が作っていて、それが変わることでどんどん変化していくものなんだと強く感じるようになりましたね。

Q.森山さんは以前から議員になりたいと思っていたのですか?

森山:いや、最初は学校の先生になりたいと思っていたんです。大学でも教育実習に行ったのですが、教員採用試験に筆記で落ちてしまって。それで、当時働いていたDJバーの社長にお店をやらないかと言われていたこともあって、洋服屋を始めたんです。負け惜しみじゃないですが、当時は「教壇に立つだけが先生じゃない」「今回は落ちたけどいまに見とけ」みたいな思いがありましたね。

森山さんの議員当選パーティ。

Q. 議員になったきっかけは何だったんですか?

森山:とにかく街は面白い方がいいだろうという思いがまずはあったんですね。街には、アーティスト肌の人から職人タイプの人まで、本当に面白い人たちがいっぱいいるんですよね。でも、僕は職人タイプではないし、クリエイティブな発想を持っているわけでもなくて、何が向いているのかわからなくて悩んでいた時に、ある人から「君は知っている人を知っているね」と言われたんです。たしかに僕はスゴく発想力のある人や、職人肌の人たちをたくさん知っていたんですね。それは20歳の頃から継続してやっていたDJにもつながるのですが、DJは演奏しないけれど、世界中の素晴らしい音楽や、もうこの世には存在していないアーティストをフロアに連れて来られるんですね。そういうものをつないでいくことでお客さんを楽しませたいという志向が昔からあったんです。おこがましいかもしれないけど、アーティストや職人的な人たちを、社会とつなげるということが僕にはできるんじゃないかと。

森山さんの議員当選パーティ。

Q.DJにおけるフロアが、森山さんにとっての街になったということですね。

森山:いまもそういうイメージで仕事ができればいいなと思っています。「サウダーヂな夜」を始めて8年くらい経った時に、旧日本銀行の跡地をどうやって使っていくかという話があって、そのプロジェクトの理事をやっていた人に誘われて、初めて自分のお店以外で街に関わる仕事をしたんです。それがきっかけとなり、いまの議員の仕事などにつながっていきました。

もっと知りたい人は…

  • 五十嵐 勝成 

    五十嵐 勝成

    「bollard」店主

    2010年にデザインスタジオfift(フィフト)を設立し、日常にある「とるに足らないこと」を見つめ、面白がることからものづくりが始まり、デザイン~販売までを一貫して手がけている。2011年7月、暮らしそのものを見つめ直すため東京から岡山へ移住。2013年6月7日、岡山県玉野市の宇野港に生活用品とギフト・珈琲スタンドの店「bollard」を開業し、店主という2足目の草鞋を履きこなすべく日々奮闘中。

  • 森山幸治 

    森山幸治

    岡山市議会
    サウダーヂエンタテインメント

    サウダーヂエンタテインメント代表。NEW WORLD PARTY主宰。岡山市議会。岡山市生まれの広島育ちで実家は水俣の37歳。おもしろきことなき世をおもしろく。