インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > kyoto

吉村紘一

クリエイティブ・ディレクター
ウサギノネドコ

杉山 早陽子

和菓子作家

京都に雑貨店と宿「ウサギノネドコ」を立ち上げ、博物館の文脈をアート/プロダクトの文脈に持ち込むことを生業としている吉村紘一さんが、和菓子創作ユニット「日菓」などの活動を通して、現代における美しくおいしい菓子を模索している杉山 早陽子さんに、「もてなし」をテーマにインタビューを行ったQONVERSATIONS TRIP KYOTO Day5。最近は、自然の色や形を活かした新しいお菓子や、お菓子本来のあり方を考える実験工房「御菓子丸」の活動もスタートさせるなど、吉村さんと共通するテーマにも興味を持つ杉山さんが、その活動内容や背景にある思いなどについて語ってくれました。

2. どんな活動をしているのですか?

杉山 早陽子 

最初は自分たちから発信していくプロジェクトばかりしていたのですが、徐々に依頼を受けるようになり、気づけばオーダーの仕事が増えていました。

Q.日菓のパートナーである内田(美奈子)さんとはどのように出会ったのですか?

杉山:私が和菓子屋で販売員をしている時に、アルバイトで入ってきたんです。彼女が面接に来た時に「凄く顔が濃い人が来たな」と思ったのが最初の印象でした(笑)。私も顔が濃いのですが、彼女はそれ以上で、きっと南の方の人だと言われているだろうなと(笑)。それがきっかけで、数日後に彼女が休憩所にいた時に話しかけました。そうすると、彼女も私と同じ『和の菓子』という本に影響を受けて、埼玉から京都に来たということがわかり、それを聞いて目指している方向が近いんだということを感じました。また、もともと彼女も写真をやっていて、和菓子というものを表現のツールとして考えている部分もまったく同じだったんです。

日菓「おしくらまんじゅう」 Photo:Kenshu Shintsubo 日菓「赤い糸」 Photo:Kenshu Shintsubo

Q.日菓として活動を始める上で、どんなものをつくっていきたいと考えていたのですか?

杉山:曲げわっぱをリネンで包んだような和菓子をつくりたいと思っていました(笑)。曲げわっぱというのは日本の伝統工芸品ですが、それを風呂敷などではなく、リネンのような新しい感覚のもので包んでしまうようなことを、和菓子を通してやってみたいと。例えば、ココアのパウダーを加えてチョコレート味の餡をつくるようなことではなく、私たちが日菓でやっていることは、すでにある生菓子の技法を活かして、表面の見せ方を少しだけ変えて遊ぶというようなことなんです。

Q.活動内容としては、イベントなどの際にオーダーを受けて和菓子をつくるようなケースが多いのですか?

杉山:活動を始めた頃は、展覧会をしたり、落語家さんとコラボするなど、自分たちからの発信しかしていませんでした。そういうことを続けているうちに、展覧会のテーマに合わせたお菓子をつくってほしいという依頼を受けたりするようになり、気づけばオーダーの仕事が増えていて、徐々に仕事になっていきました。お茶会で日菓の和菓子を使いたいという依頼や、工芸作家のイベントで器に合わせたお菓子をつくってほしいという依頼があったり、その他では結婚式の引出物や誕生日祝いとして依頼されることもあります。また、雑誌の仕事で、季節のニュースをもとに和菓子をつくるということもしています。

インフォメーション

世界中の100種類近くの標本を集めたウニづくしの展示会『ウニ展』が、8月31日までウサギノネドコで開催中。
8月2日から17日まで滋賀県長浜市・季の雲で開催される市川孝さんの展覧会『旅する茶ゴト うつわゴト』会期中の8月2・3日に、杉山さんが干菓子を出すお茶会が開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 吉村紘一 

    吉村紘一

    クリエイティブ・ディレクター
    ウサギノネドコ

    「自然の造形美を伝える」をテーマに、活動するクリエイティブディレクター。博物館の文脈を、アート/プロダクトの文脈に持ち込むことを生業にしている。広告会社でのマーケッター、コピーライターを経て、 2011年3月に独立。生まれ故郷の京都に雑貨店と宿「ウサギノネドコ」を立ち上げ、現在に至る。

  • 杉山 早陽子 

    杉山 早陽子

    和菓子作家

    時代に合わせて変化してきた日本の菓子を学び俯瞰しながら、現代において美しくおいしい菓子とは何か、考える和菓子作家。くすっと笑える和菓子を作る「日菓」、自然の色や形を生かしながら菓子に表現する「御菓子丸」として活動中。