インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > kyoto

吉村紘一

クリエイティブ・ディレクター
ウサギノネドコ

杉山 早陽子

和菓子作家

京都に雑貨店と宿「ウサギノネドコ」を立ち上げ、博物館の文脈をアート/プロダクトの文脈に持ち込むことを生業としている吉村紘一さんが、和菓子創作ユニット「日菓」などの活動を通して、現代における美しくおいしい菓子を模索している杉山 早陽子さんに、「もてなし」をテーマにインタビューを行ったQONVERSATIONS TRIP KYOTO Day5。最近は、自然の色や形を活かした新しいお菓子や、お菓子本来のあり方を考える実験工房「御菓子丸」の活動もスタートさせるなど、吉村さんと共通するテーマにも興味を持つ杉山さんが、その活動内容や背景にある思いなどについて語ってくれました。

1. なぜ和菓子だったのですか?

杉山 早陽子 

ある本の中で見た和菓子が美術作品のように見えたんです。一つひとつのお菓子に付けられた名前からも非常に深い世界が感じられ、和菓子というものに可能性を感じました。

Q.以前に、杉山さんがやられている日菓が企画された「明倫茶会 和菓子のはじまり」という催しの際に、ウサギノネドコにある鹿の頭骨を掛け軸として使いたいという依頼を受けました。頭骨、つまり屍を床の間にかけるなんて、かなりチャレンジングなことをしたいんだなぁと実は少し心配していたんです(笑)。でも、実際に参加させてもらうと、なぜ頭骨を使いたかったかのかも分かったし、全体のコンセプトから細部のしつらえまで一貫性が保たれていて、さらにお茶や和菓子の伝統や作法も踏まえた上であえてハズしている感覚などがとても新鮮でした。今回「京都でもてなす」というテーマを聞いた時に、すぐにその時のことを思い出し、指名させて頂きました。まずは、杉山さんがどういう経緯で和菓子に興味を持たれたのかを教えて頂けますか?

杉山:もともと大学では写真部に在籍をしていて、ほとんど勉強もせずに部室でたまって遊んでいるような生活をしていたんですね。ただ、将来何をしようかということを常に模索していて、色んな興味の中から残ったものが、食べ物で何かを表現するということでした。でも、美食という方向性ではなく、食べたらなくなってしまう存在をビジュアルで表現するためにはどんなアプローチがあるのかを考えていたのですが、その頃に『和の菓子』という本に出会うんです。普通和菓子というのはお皿に載っているものですが、この本では白い紙の上に載せられていて、美術作品のように見えたんです。また、一つひとつのお菓子には名前が付けられていて、そこには非常に深い世界が感じられ、和菓子というものに可能性を感じたんです。

ウサギノネドコ ウサギノネドコ

Q.それまでは特にお菓子の勉強をされた経験はなかったんですよね?

杉山:まったくなかったですね。最初に就職した和菓子屋では販売員をやっていたのですが、2,3年ほど経った時に、どうしても自分で和菓子がつくりたくて転職しました。でも、転職した会社でもやっぱり簡単につくることはできなくて。和菓子屋といっても、和菓子をつくる他に、それを箱に詰めたり、販売するという仕事があって、いまの状況では自分でつくることは難しいということがわかり、これはもう自分でやるしかないと。もちろん、和菓子に興味を持ってからは自分でも半分遊びでつくっていたのですが、次第に自分でつくったお菓子を工場の人に試食してもらって、意見を聞かせてもらったりしながら、制作を繰り返していくようになりました。

「明倫茶会 和菓子のはじまり」 Photo: Ryouichi Morikawa 日菓「森」 Photo:Kenshu Shintsubo

Q.和菓子だけに限らないと思いますが、特に京都という場所は、何かを極めるまでの道のりが非常に遠い印象があります。もちろんその過程で学ぶことも多いと思いますが、下積みのプロセスがとても長い気がします。そのなかで杉山さんは、自分でつくり始めるという最短ルートを選ばれたのですね。

杉山:いまでもそうなのですが、私は技術を極めたいという意識はあまり強くなく、和菓子のことを何かを表現するためのツールとして考えているところがあるんです。和菓子というのは修行を積まないとつくれないものだという感覚が多くの人の中にあるので、修行をしていない私は和菓子職人ではないと言われてしまうかもしれませんが、それはそれでいいと思っています。和菓子屋の中ではかなり変わり者扱いをされていますが、いま自分がつくれているものが、自分にとって美味しければそれでいいのかなと。<続く>

インフォメーション

世界中の100種類近くの標本を集めたウニづくしの展示会『ウニ展』が、8月31日までウサギノネドコで開催中。
8月2日から17日まで滋賀県長浜市・季の雲で開催される市川孝さんの展覧会『旅する茶ゴト うつわゴト』会期中の8月2・3日に、杉山さんが干菓子を出すお茶会が開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 吉村紘一 

    吉村紘一

    クリエイティブ・ディレクター
    ウサギノネドコ

    「自然の造形美を伝える」をテーマに、活動するクリエイティブディレクター。博物館の文脈を、アート/プロダクトの文脈に持ち込むことを生業にしている。広告会社でのマーケッター、コピーライターを経て、 2011年3月に独立。生まれ故郷の京都に雑貨店と宿「ウサギノネドコ」を立ち上げ、現在に至る。

  • 杉山 早陽子 

    杉山 早陽子

    和菓子作家

    時代に合わせて変化してきた日本の菓子を学び俯瞰しながら、現代において美しくおいしい菓子とは何か、考える和菓子作家。くすっと笑える和菓子を作る「日菓」、自然の色や形を生かしながら菓子に表現する「御菓子丸」として活動中。