インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > kyoto

松倉早星

クリエイティブ・ディレクター
ovaqe inc.

三重野 龍

グラフィック・デザイナー

QONVERSATIONS TRIP KYOTO Day3では、クリエイティブユニットovaqe inc.の代表として、広告や企業のブランディング、メディア運営など多角的な活動を展開している松倉早星さんが、新進気鋭のグラフィックデザイナーとして注目を集めている三重野 龍さんににインタビューを行いました。分野は違えど、ともに京都の大学を卒業し、クリエイティブシーンの一端を担う活動を続けているふたりが、京都で「つくる」ことをテーマに、語り合ってくれました。

1. 大学時代は何をしていましたか?

三重野 龍 

普通にグラフィックデザインを学んでいて、課題などをやっていましたが、並行して絵も描いていて、大阪のクラブでライブペインティングをやらせてもらったりしていました。

Q.京都では、最近若いクリエイターの動きがあまり目立たないように感じていたんですが、そんなところに三重野くんをはじめ、最近美大を卒業した世代が出てきた印象があったんです。三重野くんのことは、たまたま見たいくつかの気になるグラフィックがことごとく三重野くんのデザインだということがわかって、どんな人なんだろうと興味を持つようになりました。実際に会ってみると、思いの外ガタイが良いヤツが出てきて、その筋肉何なん?と(笑)。特に京都精華大を最近出た人たちは、三重野くんのようにグラフィックの仕事をしながら、並行して身体表現をやっているような人が多く、個性が爆発しまくっているなと感じていて、在学中に一体何があったんだろうと凄く気になっていたんです。

三重野:大学では普通にグラフィックデザインを学んでいて、課題などをやっていましたが、並行して絵も描いていて、週末に大阪のクラブでライブペインティングをやらせてもらったりもしていましたね。当時は、デザインをやっていこうという意識も特になく、それ以外にも自分で何かつくるということはしてなかったです。デザインをやろうと決めたのは4回生の11月くらいだったんですが、在学中にアニメ監督の本をつくらせてもらう機会があって、それが大きかったのかもしれません。ただ、どちらかと言うと、あの人はカッコ悪いからそうはならないようにしようという感じで、ネガティブな消去法で逃げ続けてきた結果、いまに至っているという感じです。

Q.大学を卒業してから、誰かの下で働こうという考えはなかったんですか?

三重野:なかったというか、現実逃避をしていたところがありましたね(笑)。自分が働いている絵がイメージできないまま、気づいたら4回生の11月になっていたんですが、その頃に先輩から声をかけられ、「AT PAPER」という京都のフリーペーパーのデザインをすることになったんです。その頃はまだ卒業制作をどうするかも決めていなかったので、これを卒制にしようと思い、取り組むようになりました。このフリーペーパーでは、僕たちの周りにいる同世代の作家を目指している人たちの作品を載せたりしているんですが、この辺が自分の活動の軸になるんじゃないかと思うようになりました。また、卒業間際に精華大の本館のサインデザインを依頼されて、その仕事をしている間に気づいたら卒業をしていたような感じで、もう(デザインを)やるしかないんかなと(笑)。

Q.天然やなぁ(笑)。いま僕は大学でも教えていますが、デザインにしても建築にしても、クリエイターの卵たちがみんな関西を出て行ってしまうというのが、大学や地方自治体の悩みになっているんですよね。でも、京都にはクリエイターをとどまらせるほどの仕事も仕組みもないというのが現状で、何とかならないかなと思っているんですが、三重野くんが京都で活動しようと思った理由は何かあるんですか?

三重野:これといった理由があるわけではなく、単にこれまで京都にいたからというのが大きいです(笑)。ただ、自分が仲良くしていた人たちが就職をせずにバンドをやったり作品をつくっていたりしていて、同年代で面白い人たちが周りに多いと感じていたし、ここにいたら面白くなるんじゃないかというのはありました。また、そういう若い人たちが対等に仕事をできるようなグラフィックデザイナーというのもあまりいないような気がしたし、京都には、精華や造形など美大がいくつかあって、自然とつながっていくところもあるから、結構やることはあるやろうなと。東京には中学まで住んでいて、特に憧れというのもなかったし、デザイナーもすでにたくさんいるだろうと(笑)。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 松倉早星 

    松倉早星

    クリエイティブ・ディレクター
    ovaqe inc.

    1983年北海道富良野生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。東京・京都の制作会社にてプランナーとして在籍。2011年12月ovaqe inc.設立。領域を横断した多数のプロジェクトに携わる。主な仕事に、グリコアイスの実「AKB48 推し面メーカー」、HOTEL ANTEROOM KYOTO、サクラクレパス『わたしだけのはらぺこあおむし』限定セットなど。国内外デザイン・広告賞受賞多数。宣伝会議アートディレクション大阪講座講師。京都造形芸術大学非常勤講師。

  • 三重野 龍 

    三重野 龍

    グラフィック・デザイナー

    1988年生まれ。2011年に京都精華大学グラフィックデザインコース卒業後、京都にてフリーで仕事を始める。ペイントユニット「uwn!(うわん)」の一員として活動し、FREE MAGAZINE『AT PAPER.』のデザインを担当。2013年よりパフォーマンスグループ「MuDA(ムーダ)」に参加。現在までなんとか生き延びている。