インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > kyoto

川勝真一

RADディレクター
リサーチャー

石川秀和

株式会社HLC代表
つくるビル運営責任者

QONVERSATIONS TRIP KYOTO Day1として開催されたRADディレクター/リサーチャー・川勝真一さんによる、シェアオフィス「つくるビル」の運営責任者・石川秀和さんへのインタビュー。建築的領域の可能性をリサーチするインディペンデントプロジェクト「RAD」を設立し、建築と社会の関わり方をリサーチしている川勝さんが、京都にある多くの空き家、空きビルを再生し、クリエイターを軸に据えた新たなコミュニティづくりに取り組んでいる石川さんに、京都で「集う」ことをテーマに話を聞きました。

1. なぜつくる人を集めるのですか?

石川秀和 

クリエイターという特殊な職業能力を持った人たちが自分の街にできることがたくさんあるはずなので、彼らが街に根付きやすい場をたくさんつくっていきたいと思っています。

Q.つくるビルには知人が入居しているので、足を運ぶ機会もあったのですが、このビルができたことで、周辺の五条の街の雰囲気が変わりつつあるように感じていました。石川さんとは、つくるビルができた頃から面識はあったのですが、この機会にどんなビジョンや野望を持たれているのかをお伺いできればと思っています。今回は「京都で”集う”」というテーマが設定されているのですが、集うといってもただ多くの人が集まれば良いわけではなく、どんな人が集まってくるのかということはとても大切ですよね。このつくるビルは、文字通り”つくる人”が集う場所として作られていると思うのですが、どういう経緯で”つくる人”に注目するようになったのですか?

石川:僕の実家は富山県の入善町という小さな漁村のようなところなのですが、雑誌の名建築特集などにも選ばれるような、水力発電所をリノベーションした美術館があるんですね。そこでは、ヤノベケンジさんなど有名なアーティストの展覧会も行われたのですが、地元の人たちの冷めっぷりが凄いんです(笑)。もともと僕はアートをはじめ、人間が表現する力というのが大好きなのですが、自分の街ではそれがまったく歓迎されていないという事実が衝撃でした。自分には、将来的には地元に戻りたいという考えがあるのですが、地元で食べていくためには何をすれば良いかを考えていくなかで、建築やクリエイターという存在を通して、街が良くなっていくという仕事ができないかと思うようになりました。いま京都で取り組んでいることは、その実践でもあるんです。

川勝さんらRADが中心となり、町家をワークショップ形式で改修した「HAPS BASE WORKSHOP」。

Q.いまのお話にもありましたが、ものづくりをしている人への信頼感を一貫して持たれていますよね。「つくるビル」というネーミングは、文字通りつくる人が集う状況をつくっていくという街の方向性を示していると個人的には感じているのですが、そういう人たちが街に集まってくることで、どんなことが起こればいいと考えていたのですか?

石川:普段自分たちが無意識に取っている行動というのは、ほぼ資本主義経済に則った範囲に収まっていると思うんですね。ただ、アーティストやクリエイターは、資本主義経済に定義されたものと違う部分に価値観を感じたり、自分の感覚を信じて動いていくところがあります。クリエイターという特殊な職業能力を持った人たちが自分の街に対してできることが本当はたくさんあるはずなので、彼らが街に根付きやすい場をたくさんつくっていきたいと思っています。ただ、いざ始めてみると想像以上にシャイな人たちが多かったので(笑)、彼らの活動をプレゼンテーションできる場として、「のきさき市」というイベントなども始めたのですが、建物の中だけで完結するのではなく、活動を通して見えてくる課題をいか解決していくかということに日々取り組んでいます。

つくるビル

Q.下京区の五条という場所を選ばれた理由は何だったのですか?

石川:僕は、個人的に左京区にいる人は全員オシャレみたいなイメージを持っていて、劣等感があるんです(笑)。それは冗談として、京都の中でも街ごとに特色があることが多いですが、その点五条はまだノーブランドなんじゃないかと。しかも、京都駅と四条の間で利便性も高く、その割には土地の値段は高くなかったりして、クリエイターにウケそうな材料も多かった。良い方向に向かっていける気配のようなものをこの街には感じていたんですね。そこにつくるビルも少しは貢献できていると思うのですが、僕はこれまで不動産や建築関係の仕事をしてきたなかで、建築というものが街に与える影響力は良くも悪くも暴力的だと感じていました。ビルのリノベーションも過去に10棟くらいやっていますが、現場に携わる人間としては、影響力が大きいものだからこそ、どうせならそれを良い方向に与えたいなと思っています。<続く>

インフォメーション

川勝さんが企画等で関わる「DESIGNEAST 05 CAMP in Kyoto」が、7月26日(土)、27日(日)に大見新村(京都市左京区大原大見町231)で開催される。詳細はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • 川勝真一 

    川勝真一

    RADディレクター
    リサーチャー

    1983年生まれ。2008年、京都工芸繊維大学大学院建築設計学専攻修了。現在、京都工芸繊維大学大学院博士後期課程在席、京都造形芸術大学および京都精華大学非常勤講師。2008年に建築的領域の可能性をリサーチするインディペンデントプロジェクト RAD(Research for Architectural Domain)を設立し、建築の展覧会キュレーション、市民参加型の改修ワークショップの企画運営、レクチャーイベントの実施、行政への都市利用提案などの実践を通じた、 建築と社会の関わり方、そして建築家の役割についてのリサーチをおこなっている。

  • 石川秀和 

    石川秀和

    株式会社HLC代表
    つくるビル運営責任者

    1975年千葉県生まれ。大学卒業後、京都市伏見区の家具 製作工房へ入社。その後、カフェ、不動産会社へ転職後、平 成19年に一級建築士齋藤誉征と共に建築デザイン事務所 「sahou design」を設立、個人向けリノベーションの企画・ デザイン会社としてスタート。平成20年に株式会社HLCを 設立、事業用物件向けリノベーション企画会社としてスタ ート。平成23年4月に左京区にて古ビルを再生し「Gallery Ort Project」をスタート。平成24年11月に下京区にて古ビ ルを再生し「共同アトリエビル・つくるビルプロジェクト」を スタート。平成25年5月から地域のお祭り「のきさき市」を スタート。京都を中心にこれまで10棟程度の古ビルを保存 ・再生。建物単体の再生から建物をきっかけとした地域コ ミュニティーの活性化へ踏み出した。