インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > TRIP > kyoto

伊藤直樹

クリエイティブ・ディレクター
PARTY

名和晃平

彫刻家
SANDWICHディレクター

京都造形芸術大学にて、情報デザイン学科の教授を務めるクリエイティブ・ディレクター・伊藤直樹さんが、同じく同大学で教鞭をとる名和晃平さんにインタビューしたQONVERSATIONS TRIP KYOTO Day4。東京とニューヨークに拠点を置くクリエイティブラボ「PARTY」の代表を務め、近年はアートの領域にも強い興味を示している伊藤さんが、2009年に京都伏見区に立ち上げた創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」のディレクターであり、世界的に注目される彫刻家の名和さんに、京都で「育む」ことをテーマにインタビューしました。

1. なぜ大学で教えるのですか?

名和晃平 

現代美術シーン自体が盛り上がらなければ、自分もやっていけないのではないかという恐怖があるので、全体の底上げをしていく必要性を感じています。

Q.名和さんとは同じ大学で教えている立場でありながら、学部も違いますし、これまで意外と接点がありませんでした。僕はデジタル領域のデザインが主な仕事ですが、名和さんは現代アートの分野で活躍をされていて活動領域も異なりますが、世界で最も注目すべきアーティストのひとりだと思っています。今日は、個人的な興味のもと、色々お聞きできればと考えています。今回は、「育む」という難しいテーマを与えられているのですが(笑)、本来つくり手というのは、自分も含めずっとつくっていたいという思いがあると思うのですが、その中で教育の現場に関わられている理由は何なのでしょうか?

名和:いま僕は芸術学部美術工芸学科で教えているのですが、大学に総合造形という新しいコースをつくる際に、カリキュラムや入試の問題などの計画をしてほしいという話を頂いたんですね。もともと学生の頃から、造形教育に対してもっとこうであれば良いのにという思いがあったので、この機会にそれを実現できるのではないかと。スケジュールの都合などもあり、今年から大学に来られるのは2週間に一度と以前より少なくなってしまいましたが、教え子が徐々に現代美術のシーンで作家として活躍し始めていて、やはりやっていて良かったなと感じています。大学を出てしまえばもう先生と学生の関係ではなく、同じフィールドで戦う仲間になるわけで、そういう存在が増えていくのはうれしいですし、現代美術シーン自体が盛り上がらなければ、自分もやっていけないのではないかという恐怖があるので、こうした場を通じて、全体の底上げをしていく必要性を感じています。

Q.大学で教えられる前から教育というものには興味を持っていたのですか?

名和:はい。両親が教師だったということもあるのですが、博士課程で教育理論や造形教育の研究をしていて、論文も書こうとしていました。また、博士課程の時から京都芸大の非常勤で彫刻を2年間教えたり、その後も京都精華大で版画を、京都造形では染織をそれぞれ非常勤で教えていました。また、大学院生の頃には自宅近くの文化センターのようなところで、名和美術教室というものを自主的に開き、3歳くらいから50~60代くらいの方までと一緒に造形をやっていました。また、(ルドルフ・)シュタイナーの造形教育の考え方などにも触れていくなかで、教育というものはずっと興味の対象としてありました。

Q.この大学では、学生たちとULTRA SANDWICH PROJECTというものをやられていますよね。今日会場に来ている学生の中でも関わった経験がある人が結構いるようですが、このプロジェクトはどのような意識で取り組んでいるんですか?

名和:すでに5年程続けていて、合計百数十名の学生が参加しているのですが、このプロジェクトでは、僕の作品づくりはもちろん、学生がいるからこそ受けられるプロジェクトにも積極的に取り組んでいます。例えば現在は、あるきっかけからジャルジャルというお笑い芸人がSANDWICHに来て生放送を撮るということになったので、ULTRA SANDWICH PROJECTのメンバーでジャルジャル研究をして、彼らにネタを提案するということをする予定です(笑)。その他にもミュージックビデオの仕事や、最近では尾道にできたホテルのエントランスのアートワークの企画、制作、設置を学生主導で行いました。せっかくやるからには学生のプロジェクトになってほしいと考えていますし、ある種教育機関のような体制の中で、SANDWICHでしか起こりえないことを積極的に支援していきたいと考えています。<続く>

インフォメーション

8月2日から30日まで名和さんが参加するグループ展『Favorite Books』が大阪・ギャラリーノマルで開催予定。また、8月31日まで東京都現代美術館で開催されているグループ展『ミッション[宇宙x芸術]ーコスモロジーを超えて』にも名和さんの作品が出展されています。

もっと知りたい人は…

  • 伊藤直樹 

    伊藤直樹

    クリエイティブ・ディレクター
    PARTY

    静岡県生まれ。ADK、GT、ワイデン+ケネディトウキョウ代表を経て、2011年クリエイティブラボ「PARTY」を設立。チーフクリエイティブオフィサーを務める。京都造形芸術大学教授。これまでにナイキ、グーグル、ソニーなど企業のクリエイティブディレクションを手がける。「経験の記憶」をよりどころにした「身体性」や「体験」を伴うコミュニケーションのデザインは大きな話題を呼び、国際的にも高い評価を得ている。経産省「クールジャパン」(2011)クリエイティブディレクター。「クールジャパン官民有識者会議」メンバー(2011,2012)。

  • 名和晃平 

    名和晃平

    彫刻家
    SANDWICHディレクター

    1975年大阪府生まれ。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程彫刻専攻修了。京都造形芸術大学准教授、2009年京都伏見区に立ち上げた創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」ディレクター。2011年、東京都現代美術館で個展 「名和晃平ーシンセシス」開催。その後も2013年の瀬戸内国際芸術祭、あいちトリエンナーレなど、数々の国際展にてサイトスペシフィックな彫刻作品を発表する。同年、韓国チョナン市に大規模な屋外彫刻 “Manifold” を設置。ビーズ、プリズム、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。現在、京都を拠点に活動。