インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

寺坂直毅

放送作家

宮地 豊

八木橋百貨店

以前に、「インタビューされる人」としてカンバセーションズに登場し、「紅白歌合戦」やデパートなどにまつわるさまざまなエピソードを語ってくれた放送作家の寺坂直毅さん。そんな寺坂さんがインタビューする側にまわる今回、「話を聞きたい人」として挙げてくれたのは、埼玉県熊谷市にある八木橋百貨店の販売促進部 催事企画課で働く宮地 豊さん。オヤジバンド大会やアイドルを招いたライブをはじめ、さまざまな試みを通して百貨店業界に風穴を空けてきた宮地さんに、『胸騒ぎのデパート』などの著書を持つ大のデパート好きである寺坂さんが迫ります。

2. なぜデパートでバンド大会なんですか?

宮地 豊 

八木橋にはホールもあるし、やってみる価値はあるんじゃないかと思ったんです。すでにNHKがオヤジバンドの番組を放送していたし、マーケットもあるんじゃないかと。

Q.宮地さんといえば、オヤジバンド大会を企画されたことでも有名ですが、これはどういうきっかけで始められたのですか?

宮地:私が入社して2年目の時にベースが弾ける新人が入ってきたんですが、すでにドラムが叩ける人が社内にいて、ギターは自分が弾けたので、会社でバンドを組もうということになったのがそもそものきっかけです。当時はまだ23,4歳だったのでオヤジという感じではなかったのですが、社内の余興として賑やかしで演奏していたそのバンドが、さいたま市にジョン・レノン・ミュージアムができた時に、そこで開催されたイベントに呼ばれたんです。その時に一緒にいた他のバンドの人たちと、こうやって演奏できる場所があるといいよねという話をしていたのですが、ちょうど八木橋にはホールもあるし、うちでやってみる価値はあるんじゃないかと思ったんです。当時は、すでにNHKが「熱血!オヤジバトル」というオヤジバンドの番組を数回放送していたし、マーケットもあるんじゃないかと。

Q.かつて八木橋の地下にはライブハウスもあったそうですね。デパートの地下というと、いわゆるデパ地下と呼ばれるような食品店街などがあるのが普通ですよね。

宮地:うちの先々代の社長は、自分で絵を描いたりするような人で、絵描きや写真家などの面倒もすいぶん見ていたようなんですね。そういうこともあってか、かつてあった八木橋の旧館の地下には、「木偶」というライブハウスが入っていました。また、熊谷では毎年「うちわ祭り」というものが開催されていて、その時期に合わせて八木橋では屋上などで市内のバンドのライブイベントを開催していたんですね。実は、ブラザートムさんが高校生の時に初めてライブをしたのが八木橋だったり、その共演者が当時中学生だったスターダスト・レビューのメンバーであったりと、熊谷というのは古くから音楽が根付いている街でもあったんです。

Q.オヤジバンド大会の企画はスムーズに通ったのですか?

宮地:そのままでは企画を通すのが難しいと思っていたので、「中高年のための音楽発表会」という名目で提案しました(笑)。ところが、チラシに「オヤジバンド大会 出場者募集!」と入れたらすぐに役員室に呼ばれ、「お客様に対してオヤジとは何だ!」とお叱りを受けました。でも、これまでの経験からすると、会社が諸手を上げて賛成してくれる企画よりも、騙してでも強行するくらいのイベントの方がみなさん面白がってくれるんです。実際に第1回のオヤジバンド大会にもかなり多くの応募があり、そのほとんどは埼玉県内の方だったのですが、中には神戸からの方もいたくらいです。また、第1回のイベントにNHKが取材に来てくれて、それからはお客様が入りきれないほどのイベントにまでなりました。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 寺坂直毅 

    寺坂直毅

    放送作家

    1980年宮崎生まれ。家から徒歩圏内にデパートが何軒も乱立する環境で幼少期を過ごし、魅力に憑りつかれたために日本全国のデパートを行脚した「胸騒ぎのデパート」(東京書籍)を刊行。紅白歌合戦、黒柳徹子研究などの趣味を持つ。

  • 宮地 豊 

    宮地 豊

    八木橋百貨店

    1961年埼玉生まれ。大学卒業後に就職した八木橋百貨店にて、2002年より販売促進 企画担当となり、「あついぞ熊谷!」で有名な大温度計に関わる。他にも全国に先駆けて開催した「おやじバンド大会」や、当時無名だった新潟発のアイドルユニット「Negicco」のライブ開催などで注目を集める。また、大のビートルズファンとしても知られ、1983年にリバプールにて日本人で初めてビートルズソングを演奏。2013年、『ランキングビートルズ』(シンコーミュージック刊)にて、ミュージシャンやライターに混ざり、「日本人のビートルズの達人100人」に選ばれる。2014年6月には、ポールマッカートニーに4回会った埼玉県人として、テレビ埼玉で特集された。