インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

寺坂直毅

放送作家

宮地 豊

八木橋百貨店

以前に、「インタビューされる人」としてカンバセーションズに登場し、「紅白歌合戦」やデパートなどにまつわるさまざまなエピソードを語ってくれた放送作家の寺坂直毅さん。そんな寺坂さんがインタビューする側にまわる今回、「話を聞きたい人」として挙げてくれたのは、埼玉県熊谷市にある八木橋百貨店の販売促進部 催事企画課で働く宮地 豊さん。オヤジバンド大会やアイドルを招いたライブをはじめ、さまざまな試みを通して百貨店業界に風穴を空けてきた宮地さんに、『胸騒ぎのデパート』などの著書を持つ大のデパート好きである寺坂さんが迫ります。

1. デパートはどんな場所ですか?

宮地 豊 

私が子供だった頃のデパートは、大食堂でみんなでご飯を食べたり、屋上で遊んだりと一日中過ごせる場所で、デパートに行けば何か楽しいことがあるだろうというワクワク感がありました。

Q.八木橋百貨店は、もはや日本一マスコミに登場するデパートと言っても良い存在ですよね。特に、八木橋の入口に置かれている温度計は、熊谷の暑さの象徴としてテレビなどでよく映されていますし、最近は一般の人も記念写真を撮られたりするそうですが、もともとこれはどういう経緯で設置されたのですか?

宮地:熊谷市が「あついぞ!熊谷」と暑さを逆手に取ったキャンペーンを始めるにあたって、民間企業にも何かやってほしいという要請があったのがきっかけです。そこで、八木橋の前に大きな温度計を立てたら夏の名物になるのではないかと、弊社の地元・なおざね商店街で発案したんです。上司からは、暑くて住みにくい街というマイナス面を強調してどうするんだとも言われたのですが、私個人ではなく、商店街全体の提案だったので、怒りは緩和できました(笑)。

Q.いまや熊谷は暑さが売りになっていて、暑さ対策の街というイメージも定着してきていましよね。ところで、宮地さんはどういう経緯で現在のようなお仕事をされるようになったのですか?

宮地:私はもともと浦和で生まれて、小学校の頃にこの辺りに引っ越してきたんですね。だから八木橋は自分にとって慣れ親しんだ存在だったし、家族でデパートに行くことは、子供の頃の最大のイベントでした。そんなこともあり、大学で経済学を専攻した後に八木橋に入社しました。入社してからは、紳士服や靴下、化粧品などの売り場で長く働いていたのですが、ある日突然販売促進部に異動することになり、それからはイベント企画やチラシの計画などを考える仕事をするようになりました。

Q.宮地さんが子供だった頃に比ると、いまのデパートもだいぶ変わってきているように感じますか?

宮地:そう思います。他に楽しみがなかったということもあったかもしれませんが、私が子供だった頃のデパートというのは、大食堂でみんなでご飯を食べたり、屋上で遊んだりと一日中過ごせる場所だったんですね。当時は、デパートに行けば何か楽しいことがあるだろうというワクワク感があったのですが、最近はお客様の滞在時間も短くなっていますし、何かの必要に迫られてから初めて行くような場所に変わってきている気がしています。また、昔はデパートに行かないと手に入らないもの、食べられないものというものがありましたが、最近はコンビニでも美味しいお菓子が売っていますし、モノで差別化することが難しい時代になっています。だからこそ、いかに付加価値を与えられるかということが大事になってきているのかなと思っています。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 寺坂直毅 

    寺坂直毅

    放送作家

    1980年宮崎生まれ。家から徒歩圏内にデパートが何軒も乱立する環境で幼少期を過ごし、魅力に憑りつかれたために日本全国のデパートを行脚した「胸騒ぎのデパート」(東京書籍)を刊行。紅白歌合戦、黒柳徹子研究などの趣味を持つ。

  • 宮地 豊 

    宮地 豊

    八木橋百貨店

    1961年埼玉生まれ。大学卒業後に就職した八木橋百貨店にて、2002年より販売促進 企画担当となり、「あついぞ熊谷!」で有名な大温度計に関わる。他にも全国に先駆けて開催した「おやじバンド大会」や、当時無名だった新潟発のアイドルユニット「Negicco」のライブ開催などで注目を集める。また、大のビートルズファンとしても知られ、1983年にリバプールにて日本人で初めてビートルズソングを演奏。2013年、『ランキングビートルズ』(シンコーミュージック刊)にて、ミュージシャンやライターに混ざり、「日本人のビートルズの達人100人」に選ばれる。2014年6月には、ポールマッカートニーに4回会った埼玉県人として、テレビ埼玉で特集された。