インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

寺井元一

株式会社まちづクリエイティブ代表

和多利浩一

キュレーター
ワタリウム美術館

今回カンバセーションズに初登場するのは、アーティスト、クリエイターらを交えながら、千葉・松戸で”クリエイティブな自治区”の創造を目指す「MAD Cityプロジェクト」を推し進める株式会社まちづクリエイティブ代表の寺井元一さん。そんな寺井さんがインタビュー相手として指名したのは、現代美術を中心に扱う東京・渋谷の私立美術館「ワタリウム美術館」でキュレーターを務める和多利浩一さん。国内外で開催された数々の展覧会やアートプロジェクトなどにも関わりながら、青山キラー通り商店会会長、原宿地区商店会連合会会長、原宿神宮前まちづくり協議会代表幹事など、まちづくりにも関わってきた経験を持つ和多利さんに寺井さんが迫ります。

インタビューを終えて

寺井元一 

和多利さんがアートを出発点にまちづくりに関わったモチベーションは長期的なものだったんだなと。アートとまちづくりの接点にはまだ工夫と可能性があるなと思います。

「『アートとまちづくり』と言われる時、アートがまちを利用する、あるいはまちづくりがアートを利用するという短期的な利害関係のデザインにどこかで行き着く。最近はそう思うようになっていました。それはそれで、立場の違う人々がひとつのプロジェクトを行なうのであれば当然ではあるのですが、和多利さんがアートを出発点にまちづくりに関わったモチベーションは、もっと長期的なものだったんだなと感じました。和多利さんのその思いがまだ無くなったわけではないことも含めて、アートとまちづくりの接点にはまだ工夫と可能性があるなと思います。
一方で、和多利さんがまちづくりを突き詰めて、政治の世界に限界を感じたというのは、やはり世代や手法、もっと言えばコミュニティをどう捉えるかという差があるのかなとも思いました。アートというよりまちづくりの側を専門にしている僕としては、違った解決策を模索できるんじゃないかと思いますし、そこにチャレンジできればなと思います。
並行して新しいアーティストコミュニティの予感は、リアリティとバーチャルが入り混じる時代性を反映したご指摘だなと感じていて、まちづくりの側でも考えるべきことだなと思います。さまざまな壁やカテゴライズが緩やかに取り払われるやり方が、あるのかもしれません。個人的には、一時的にしか利用できないリアルだけれど、それゆえにアーティストと住民が緩やかに関われるアーティスト・イン・レジデンスのような取り組みが、そういうことを考えるきっかけになるのかなとも思いました」

インフォメーション

MAD Cityエリア内に誕生したアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」では、新たな公募アーティストの長期滞在が予定されており、審査結果の発表のほか、クラウドファンドでの支援も募集中。また、MAD Cityでも随時イベント等が開催中。詳細はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • 寺井元一 

    寺井元一

    株式会社まちづクリエイティブ代表

    1977年生まれ。2002年にNPO法人KOMPOSITIONを設立。表現者に活動の場や機会を提供する活動を始める。横浜・桜木町の壁画プロジェクト「桜木町 ON THE WALL」や、渋谷・代々木公園でのストリートバスケ大会「ALLDAY」などを企画運営。2010年、まちづクリエイティブを設立し、「MAD Cityプロジェクト」開始。以降、「MAD City不動産」の運営、地域アートプロジェクト「松戸アートラインプロジェクト」の運営などに携わる。現在はエリアの町内会などを主体とする地域経営組織「松戸まちづくり会議」の事務局長も務めている。

  • 和多利浩一 

    和多利浩一

    キュレーター
    ワタリウム美術館

    ワタリウム美術館キュレーター。東京都渋谷区出身。1980年オンサンデーズ設立。美術書籍の出版社イッシプレス設立後、1990年ワタリウム美術館開館。ドイツのドクメンタ9で初の日本人スタッフ、第1回南アフリカ・ヨハネスブルグ・ビエンナーレ日本代表コミッショナーなど国内外で活動。地域ボランティアとして、青山キラー通り商店会会長、原宿地区商店会連合会会長、原宿神宮前まちづくり協議会代表幹事なども務め、街づくりに参加してきた。